FC2ブログ

ため息が出るほど贅沢なファゴットコンサート。

  • 2019/06/02(日) 23:51:06

昨日の夜はとても贅沢なコンサートを聴きに行きました。
場所は「けやきcafé」さん。私も何回か出させていただいた会場です。
出演した時にコンサート情報を聞いて予約していたのです♪
お目当てはファゴット奏者の仙崎和男さんのコンサートでした。前回のコンサートは予定が重なっていて行けず、一年越しで行くことができました。

仙崎和男さんは元京都市交響楽団の首席ファゴット奏者を務められた方で今も演奏活動で活躍されている素晴らしい奏者です。
以前に花の街クリスマスコンサートで演奏されているのを聞いたことがあったのですが、とても素敵な演奏でまたぜひ聴きたいと思っていたのです。
けやきcaféさんの定員は12人、詰めても13人なので、本当に目の前かぶりつきで聞くことができます。
1メートルくらいの目の前で仙崎さんの演奏を聞けるなんて!
けやきcaféさんのコンサートはお店のサイトなどではあまり告知されていません。定員が12人なので、たくさんお客さんが殺到したら対応しきれないからだそうです。
なので、お店でのフライヤーの掲示や奏者による告知だけが情報源のちょっぴりシークレットなコンサートかもしれません。
演奏曲はクラシックを中心に日本の歌や映画音楽なども取り入れアンコール入れて9曲でした。
私が演奏したことのある曲も何曲かあり、どんな風に演奏されるのかとても興味深かったです。
ファゴットの丸みのある落ち着いた音色はとても穏やかな気持ちにさせてくれました。音が心地よかったです。
やっぱり音色は一番大事だと思いました。

演奏後に楽器のお話を聞かせてくださったり、私たちの質問に答えてくださったり、本当に良い時間を過ごさせていただきました。
ファゴットの運指、指を10本全て使うって知りませんでした。親指まで使うんですって。お客さんから楽器が見えない側にもたくさんのキーやホールがあってそれも初めて知りました。

あと私がいつも吹奏楽器の方の演奏で注目するのはビブラートの掛け方です。
自然な音の揺れがとても美しく、どんな感じで掛けておられるのかお尋ねしてみました。
「う〜ん・・・」と一瞬考えてとても丁寧に教えてくださいました。
一瞬考えたのは超ベテラン演奏家の方ですから、今となっては無意識下でご自分の心のままに演奏すれば自然に美しいビブラートが出るのだと思うのです。きっと呼吸をするように。
「胴回りを空気でいっぱいにして、そう、ビール樽が体の内側にピタッと入っている感じを保って、その上で音を揺らしている感じ。決して腹筋が動いている感じじゃなく、常に力を入れている。お腹を凹ませて音を揺らすと演歌のコブシみたいになってしまうから。」
とのこと。ハーモニカと基本的には同じですね!
また
「その感じは他の楽器や歌にも言えることですね。例えば尺八の稽古なんかも同じことをするようで太めの帯を少し緩めに巻いて、その帯が落ちないようにお腹周りに空気を貯めて張って演奏するそうです。
あるいは歌手の人の姿を僕らはいつも後ろからみているわけだけれど、着ているドレスが息遣いでグッと張り詰める感じが見ていてわかります。それも同じことですね。」
と、とても分かりやすい説明をしてくださいました。

そして。
今日もやっぱり、けやきcaféさんのお料理は美味しかったです♪
カツレツとショートパスタ、サラダのワンプレート。
それからパン。デザートはコーヒーゼリーとアイスクリームのミニパフェ。
IMG_2118.jpg

IMG_2112.jpg

それからモフモフの可愛いおもてなし係もいます。
IMG_2116.jpg

素晴らしい音楽と美味しいお料理とモフモフ。
超贅沢な最高のひと時でした。


顎の痛みの原因と近頃作ったもの。

  • 2019/05/29(水) 15:47:59

IMG_2062.jpg
こちらは去年買ったミニ薔薇のポーリセンローズ。
うちはスペースの都合上、薔薇はミニ薔薇ばっかり5鉢あります。ミニと言っても草丈が50センチくらいになるので、鉢のサイズもちょうどいいのです。
株分けして3分の1にしたのですが、去年と同じくらい大きく咲きました♪

折り紙で薔薇の花を折りました。
先日、お知り合いの方がFBに素敵な薔薇を折って写真を載せておられました。
前から立体の薔薇を作りたいと思っていたのですが、折り方がわからず・・・でもその写真を見てふと折り方を検索して見たら、折り紙の『薔薇折り』って1ジャンルを構築するくらい奥が深いのですね。色々な折り方があると初めて知りました。
そして近頃はなんでも動画が出ているのですね!
少し難しかったけれど、動画を見ながら何種類か折ってみました。
IMG_2072.jpg
葉っぱと額も1枚の折り紙で折っています。

もう一つ近頃作ったもの。
5月のはじめ頃から、ハーモニカを吹くと顎の付け根が痛くなることがあります。
今までこんなことなかったのになあ。
心当たりが一つ。最近演奏している曲の中にタングブロックで右側と左側の穴を交互にスイッチして、オクターブ違いの音を奏でる奏法があるのですが、それが原因ではないかと。
だいぶスムーズに吹けるようになったのですが、頻繁に慣れない動きを繰り返していたので筋肉痛だと思います。
練習して奏法が安定しきたら収まるといいのですが。
とりあえず、練習後はアイシングをした方が良いと以前から言われていたので、顎付け根から首の後ろにかけて冷やすようにしたらマシになりました。
ただ、冷やしてる間中、ずっと両手が塞がって何もできない。。そこで。
IMG_1955.jpg
余っていた手ぬぐいでヘアバンドを作りました。よく見ると・・・
IMG_1956.jpg
保冷剤を入れるポケットつき。

首の後ろを冷やす時はヘアバンドのように、顎の付け根の時は顎に引っ掛けて、おたふく風邪冷やしてるみたいです。
快適に冷やしながら用事ができますが、その姿はちょっと面白すぎてお披露目できません(笑)

ながおかマンドリーノさんの定期演奏会を聴きに。

  • 2019/05/26(日) 23:11:04

昨日は京都コンサートホールで開催された「ながおかマンドリーノ第38回定期演奏会」を聴きに行きました。
昨年、ゲストとして出演されていただいた演奏会ですが、今回は客席からゆっくりと聴かせていただきに(^^)
この演奏会をきっかけにデュオでご一緒させていただくようになったマンドリーノのコンサートミストレスの武岡さんももちろん出演されていました。
今回もアンサンブルホールムラタがほぼ満席500人近くのお客さんで埋まっていました。
団員のお身内の方だけでなく新聞の告知を見てこられた方や長年のファンの方、他のマンドリン楽団の方など幅広くお客さんがおられるようでした。
IMG_2090.jpg
IMG_2091.jpg
ステージはプログラムも演奏も素晴らしかったです。
デュオでマンドリンを聴く機会が増えたおかげで、マンドリンを聴く耳が肥えてきたようで、聴き方も少し変わってきたのか特に面白く感じました。
セカンドステージは今年もゲスト奏者を迎えてのステージで、今回はチェロの方が共演されていました。
去年私があの場所にいたの?!と思うと今更ながらとても恐ろしい「・・・よう吹いたな、自分。」と自らに言いました笑
指揮・指導をされている川口先生とチェロの成川昭代さんのデュオも素敵でとても勉強になりました。
我がデュオでも、ああいうところを目指さねば。
マンドリンとクロマティックハーモニカ 、どちらもメロディを奏でる楽器です。
撥弦楽器とリード楽器という極めて特徴的な一面もあります。
そして、どちらの楽器も単旋律だけでなく、少し重音を奏でることができる、という共通の特徴があります。
ピアノやギターなど和音を演奏する楽器を入れないで、デュオで演奏するときに、この特徴を生かした演奏できればなあ、と常々思っているのです。
で、まだまだ未熟ですが、二重奏の楽譜をマンドリンとハーモニカ用に少しアレンジしたり、試行錯誤をしています。
おそらく8月にもまた武岡さんと二人でミニコンサートに出演するので新曲に取り組まねば!目下、楽譜のアレンジを推敲中です。
******************************
今日は午前中に植物園に行きました。
実は昨日演奏会の帰りに行こうと思った(ホールの隣が植物園なの)のですが、あまりの暑さに断念したのです。
先週も行ったのですが、今週はきっとバラ園が満開だろうな、と思って。
素晴らしい景色でした!
綺麗すぎて遠景はもう撮れませんでした。私の写真では表現できない。
IMG_1973.jpg
IMG_1984.jpg
我が花壇もすっかり初夏の装いです。
うちの薔薇も満開、早めに花はカットして切り花として楽しむことにします。その方が株が弱らないんだって。
花後剪定とお礼肥もあげなくちゃ。
IMG_1858_20190526230509cc9.jpg
IMG_2051.jpg
IMG_2053.jpg
IMG_2063_20190526230505940.jpg
IMG_2064.jpg
IMG_2058.jpg
IMG_2066.jpg
朝顔も順調です。
今年は「京都朝顔半日会」さんから購入した大輪系の紫紺色、それから浅葱縞吹雪と、西洋朝顔のヘブンリーブルーを種から2株、早咲き種を苗で1株、あとは垣根朝顔を2株です。この写真は2、3日前のもので毎日すごい勢いで大きくなっています。
IMG_2047.jpg
垣根朝顔は何色が咲くか、いつも予想が当たらないのでやめておこうと思っていたのですが、逆にギャンブル的要素が面白かったと思い直し、種まきしました。狙いは薄青と濃紺です。全部、青のグラデーションにしたいんだけどなあ!どうなるかな。
そろそろどの芽を残すか選別しないといけません。
せっかく芽吹いたのを抜いてしまうのはちょっと辛い作業です。

先々週も先週も今週も来週も、コンサートを聴きに♪

  • 2019/05/25(土) 10:43:20

急に暑くなりましたね!
まだ5月だというのに。
春先は寒さが戻ってきて、お花の持ちがとても良かったのに、晩春から初夏にかけては温度が高く、花の命が短いです(TT)
でも、暑い方が得意な私は嬉しくもあります。

和歌山に大人の遠足に行ったのが、先々週。
IMG_1949.jpg

IMG_1952.jpg

買って帰ってきたレモンはレモンカード(レモンカスタードジャム)になりました。果汁だけでなく、良い香り丸ごといただくことができます。少し日も持つし。
何より、皮を削って煮込むので国産のワックス無しのレモンで無いと作れないんです。
スーパーで国産レモンのお値段を見てビックリ仰天!和歌山の道の駅で買ったレモンの半分くらいの大きさしか無いのにお値段は4倍近くしていました!(◎_◎;)産直に勝るもの無し!(ただし交通費は除く♪)

話がそれました。
先週は京都大学の時計台にあるホールで行われる「クロックタワーコンサート」に行ってきました。
歴史ある時計台ですが、中は最近改装されたそうでとても立派なホールでした!
舞台の背面が全面ガラス張りでガラスの向こうには大きな桜の木が3本。とても素敵なホールです。時々人が歩いて行くのはご愛嬌(^^)
IMG_1967_2019052510365261c.jpg

京都市立芸術大学とのコラボレーション企画で毎年行われているそうで、チケットの予約開始と同時にすぐに無くなってしまうとか。お知り合いのご好意で取っていただき、行くことができました。
出演は京都市立芸術大学のアカデミーオーケストラの皆さんでした。アカデミーなので院生かな。ハイレベルかつ瑞々しい演奏に感じました。
IMG_1964.jpg

IMG_1965.jpg
ハイドンとストラヴィンスキーというちょっとレアな曲目で、しかも指揮者の京芸の先生の解説付き。
わかりやすくてとても面白かったです。

今週は今からマンドリンオーケストラのコンサートに行ってきます。
昨年ゲストで出演させていただいた長岡マンドリーノさんの定期演奏会なのです。楽しみ♪
演奏終わったところのコンミスさんに新曲の楽譜を持って行く、という鬼なことをしていいものかどうか、悩みます(笑)




薔薇に誘われたはずが、ハーモニカ?!

  • 2019/05/19(日) 20:32:09

今日はとても素敵な出会いがありました。
IMG_2023.jpg
IMG_2029.jpg
こちらの蔓薔薇が美しいお家、私の憧れのお家です。
とてもご近所で歩いて1分もかからないところにあるのですが、毎年とても美しく薔薇が咲き乱れ、壁面を飾っています。
その根下は小さな花壇なのですが、DIYでおしゃれなアーチを作っておられたり、工夫とお手入れでとても綺麗にされてます。薔薇のない時期でもこざっぱりと清々しいのです。
今から6、7年前、私はこちらのお宅を見て憧れて、「ウチはもっとスペースが少ないけれど、工夫したらこんな風にガーデニングを楽しめるかもしれない。」とガレージにアーチを作ったり、塀の上にフラワーボックスを設置したり、を始めたのです。そしてしまいには壁塗りまでするように(笑)
いつかお話する機会があればなあ、と思っていました。
3年くらい前から薔薇の時期に写真展を開催されてお家をギャラリーとして解放されているのは知っていたのですが、なかなか勇気がなく入れずにいました。今年は油絵展をされているというのは先週、お玄関先の告知のポスターを見て知っていたのですが、今年もなかなか行けずにいました。
今日は最終日、表から写真だけでも、と思い切って訪ねてみました。
そしたら、通りがかりの方が薔薇に誘われるように何人か入って行かれるのが見えました。わ、これはチャンス?!
人に紛れて私もお邪魔しました。
入ったところに大きな油絵が2枚。見入っていると「中の方もどうぞ、お時間があればお茶でも」と声をかけてくださり、
お呼ばれすることに。
IMG_2039.jpg
IMG_2034.jpg
IMG_2032.jpg
作者は Shigeki Hosomiさん。
数枚の板に油絵の具で描かれた絵。写実的でありでもとても絵らしくもあり。モチーフもお洒落な絵でした。有田焼のお皿に干からびた烏瓜が載っている絵があったのですが、その絵が一番好きでした。
絵に見入っていると、BGMが耳に入りました。
ん?んん?この音は・・・
クロマティックハーモニカ ではありませんか!
パッと曲名が出なかったのですが、巨匠トゥーツシールマンスの音に違いありません。
お家の奥さんに「この音楽はトゥーツシールマンスですよね?お好きなのですか?」とお尋ねしたら「夫がジャズが好きでトゥーツシールマンスも好きなのです。私も音楽はとても好きで。お詳しいんですね。」と答えてくださいました。
薔薇に誘われてやってきたのにクロマティックハーモニカ!
思わず「私、クロマティックハーモニカを吹くんです。」とお話し、名刺をお渡ししようとしたら持ってくるのをうっかり忘れていて、お茶が入るまでに取りに戻ることに。ついでにちゃっかり楽器も持って行きました。
居合わせた数名のお客様も偶然薔薇に誘われていらした方ばかり。偶然の巡り合わせの記念に1曲吹かせていただきました。
IMG_2035.jpg
そしてアンティークの素敵なポットから美味しい紅茶をいただき、皆さんと記念に写真を撮っていただき、おいとましました。
IMG_2025.jpg
憧れの薔薇のお家に伺えたこと、素敵な絵を拝見できたこと、そこでハーモニカを吹けたこと。
いつかお伝えしたいと思っていた「こちらのお家に憧れてガーデニングを頑張っています。」をお話できたこと。
そして暖かくもてなして下さったお家の皆さまとの出会いがとても嬉しかったです。ありがとうございました。