ちょっと一息。庭いじり事情など。

  • 2017/06/17(土) 15:29:01

IMG_3058.jpg
コンクールが終わってから一息ついてんのかな〜、と思わせるタイトルですが、実は。コンクールが終わってからの1週間は睡眠時間2、3時間の日々が続いておりました。
先週の日曜日、ハンドメイドイベントにエントリーしておりまして、その作品作り。。。コンクールが終わるまでは全く手付かずだったので終わってからの1週間で必死に製作です。最後の日は徹夜。前の職場では3日一度徹夜だったことを思えばしれているのですが、久々の徹夜、我ながら頑張ったと思います無事に終わりました♪
イベントの後は税務署の講習会に参加したり、秋の本格開講に先立ち始めた北大路教室の開講があり、やっと今週末はゆっくりしています。

私の趣味の一つに植物を育てることがあります。(ちょいちょいブログにも出てきます。)
思えばガーデニング歴はかなり長いです。子供の頃から好きでした。一人暮らしのマンションですら植木が20鉢以上あり毎回引っ越しがたいへんでしたから。
この夏は朝顔に凝っています。色々調べてみると種類も豊富で品評会などもあるのですね。
仕立て方にも色々あって蔓を伸ばさずに花を咲かせる『切り込み作り』輪っかと支柱に巻きつけていく『行灯作り』『螺旋作り』などがあることを知りました。

そこで昨年は壁にネットを張って西洋朝顔をたくさん咲かせましたが、今年は普通の朝顔にもチャレンジ。
月曜日に今年の一番花が咲きました♪
IMG_3024.jpg
これは切り込み作りの鉢です。

IMG_3015.jpg
こちらは行灯。
何れにしても、お花、早いでしょ?
これも昨年、西洋朝顔が8月末からしか咲かなかったので調べたところ、朝顔は日が短くならないと花が咲かないことを知りました。そこでまだ苗が小さなうちに人工的に二日ほど夜が長い日を作ってやると、朝顔が勘違いして花を咲かせるそうです。
5月の中旬、目張りしたダンボールを被せて、20時間ほど作り付けの物置に入れたところ種まきから40日で花が咲きました♡実験大成功です♪
IMG_3057.jpg
こちらは我が家のソーラーシステム??
銀色のマットをダンボールに貼っただけのレフ板です。どうしても日が当たらない場所の鉢の根元に反射光を照射。毎日3時間ほどですが日が当たるようになるだけで随分違うものですね!
IMG_3016.jpg
もうちょっと草丈が伸びると普通に日が当たるようになるので安心なのですが。フウセンカズラの小さな小さな花も咲きました。

そして嬉しいこと。
IMG_2894.jpg
これはお向かいの花壇なのですが、シートで覆われていました。


IMG_3025.jpg
見てください♪綺麗になったでしょ?
お向かいの管理人さんの許可を得てお世話をさせていただくことに♡
IMG_2981.jpg
シャベルで耕していたら、お隣のおじさんが鋤と鍬を持って助っ人にきてくださいました。
やっぱり専用の道具はすごいです。随分作業がはかどりました。
IMG_2979_20170617145334dfe.jpg
何も植わっていないように見えたのに、耕すとこんなに根が!実際はこの袋2袋分掘り上げました。
慣れないことをしたもので両手の平に2センチ大の水ぶくれができて潰れ、難儀しております。早く治ってf(^^;
耕した土に肥料や石灰を混ぜ、土が出来上がるのを待っています。何を植えようかな、とっても楽しみです。
IMG_2819.jpg
最後は今年の薔薇を。今はもう1番花は終わってしまって2番花が蕾の状態なのですが、ブログに載せるタイミングを失ってしまったので(^^)薔薇は3年目から、とよく言われるのですがまさにその通り。今年は房状に花が付いてそれは見事でした!

ちなみにアゲハの幼虫も育てていますが、それは載せると虫嫌いの方に嫌がられますので、一人で楽しんでおきます笑
育てていると言うか、アゲハ母さんが勝手に卵を生んでいくので、うちの金柑は丸坊主です。

こんな今週末を過ごしています。。。

スポンサーサイト

日本一へのチャレンジは続く♪

  • 2017/06/06(火) 01:05:29

昨日は年に一度のハーモニカのコンテスト、F.I.H.JAPANハーモニカコンテストに出場してきました。
18835910_10207256064999686_7421112938762625398_n.jpg

昨日今日とブログにたくさんのアクセスを頂いていたようで、ご報告遅くなり申しわけありません今日は溜まった用事を片付けておりました。やれやれ。
まずは結果から。
IMG_2939.jpg
今年もクラシックソロ部門に「ラプソディ・イン・ブルー」でエントリーし、結果はまたもや2位でした。
3年連続4回目の2位になります。
・・・なかなか1位は近くて遠い道のりです。

今回、舞台袖で司会の方に「何回めの出場ですか?」と聞かれ即答できず。
えーとエート、初めて応募したのが2010年からだから8回め・・・

こちらのコンクール、3月の音源の予選審査に応募して4月末に予選通過の連絡をいただき、6月上旬、つまり昨日の東京の本戦という運びになります。曲を選んで、仕上げて、コンクールに応募して、めでたく予選通過して、本選出場と結構な長丁場のイベントです。
我ながらしぶとく出ていますね!
2010年はカルメンファンタジー、2011年はソロ落ちてサユリさんとのデュオで3位をいただき、2012年はJacaranda、この年はF.I.H.はあかんかったけど西日本のコンクールで同曲で優勝、2013年はアンプロンプチュで初めて2位、2014年はカプリース、2015年はトレドで2位、2016年もトレドで2位、2017年はラプソディ・イン・ブルーで2位。
近頃ではすっかり古手のチャレンジャーになってしまいました。
2回めの2位を頂いたあたりで「もう出るのやめようか。」と思ったこともありました。ブログにもそんなようなことを書いていたと思います。でもこうして振り返って見るとコンクールが私を成長させてくれた部分が本当に大きいと思います。
パッと出てサッと優勝できる人もいれば、私のようにしぶとくエントリーし続ける者もいる。人によって成長曲線は違うけど、続けることにはきっと意味がある。

正直言うと、コンクールの緊張感はめっちゃしんどいです。出れば出るほど自分が自分にかけるプレッシャーも大きくなって、近頃は「2位まできた、あとは1位だ。」と思うあまり気負い負けしてどこかで守りに入ってる気がします。私お得意の「ええい、やってまえ!」という部分が減ったような(笑)
来年、もしまた出場する機会がいただければ、とりあえず暗譜で出ようと思います。いつも曲は覚えているのに、本番は「緊張して頭真っ白になったらどうしよう。」と怖くなって譜面を持って舞台に上がってしまう。まずは舞台に上がる前のこの「怖くなって」を克服しよう。真っ白になってどうしようもなくなったらお辞儀して帰りますわ♪

今年のコンクール第一弾は終わりました。
ご指導くださった先生、応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました!
でも、今年はまだコンクール第二弾が控えております。次に備えて頑張ります。

ホテルでの演奏。

  • 2017/05/28(日) 22:53:27

昨日のことになりますが。あ、この記事は予約投稿だからもう一昨日のことだ。
とある行政団体の会議・講演会の最後に3曲演奏させていただきました。
会の主催者様からは「人の生命・尊厳などがテーマの、重い内容の講演なので、最後に気持ちがホッとするような曲を演奏して欲しい。」とのご依頼でした。
ハーモニカだけでのソロの演奏だったので、これまた選曲に悩みました。
伴奏なしの全くのソロの時は重音奏法がたくさん使われていて、クロマティックハーモニカならではの表現の曲である『マラゲーニャ』を演奏することが多いです。今回は3曲ということで1曲はピアノ伴奏のマイナスワンを使って『タイスの瞑想曲』を演奏しました。さて残るはあと一曲。『セレナーデ』を演奏することも多いのですが、今回は普段は音楽にはあまり縁のない方も多いと思ったので皆さんが聞いたことのある曲がいいかなあ、と思案しました。そこで思い出したのが、我が師が20年くらい前にテレビで演奏されていた映像。『アメイジンググレイス』を重音奏法を交えて吹いておられたのです。
DVDを繰り返しガン見して使われている重音を聞き分け、なんとか譜面に記しました。いつかやりたいと思っていたので今回はいい機会でした。この楽譜は大事にしようっと。
結局、最終決定したのは本番の2日前でしたf(^^;

さて、本番。
会場はホテルだったのですが、控え室がお嫁さんの控え室としても使われているお部屋で素敵でした。
IMG_2783.jpg
スーツ姿の男性でいっぱいの会場での演奏はいつもと少々雰囲気は違いましたが、音響もとてもよく、気持ちよく演奏させていただくことができました。やはり講演の内容はお伺いしていた通り心が痛むお話だったので、演奏は祈りを捧げるような気持ちで心を込めて演奏しました。

お話は変わりまして。
昨年の10月に植えた我が家の苺。(品種名はまんぷく2号です)ついに収穫の時を迎えました♪
花は30輪以上咲いたのですが、間引きしたり、うまく受粉できなかったりで全部で7個実がなりました。ささやかな収穫ですが嬉しいものですね。
IMG_2791.jpg

ファビュラスの四角穴モデル試奏。

  • 2017/05/27(土) 23:25:41

書きたいことがまた溜まってきています。
昨日の本番のことも書きたいのですが、まずはこのお話から♪

4月にSUZUKI楽器さんからファビュラスの四角穴ストレート配列モデルが発売されました。
IMG_2706.jpg
きっと興味をお持ちの方が多いのではないでしょうか?
わたくし、先日試奏の機会を得まして吹かせていただきました♪
毎度お馴染みのハーモニカ友サユリさんとのハーモニカ女子会、今回はハモンド梅田センターにお邪魔して試奏させていたいたのです。
当日はサユリさんの生徒さんも何名か試奏に来られて色々な機種を吹き比べておられました。
私もファビュラスの丸穴モデルと四角穴モデルを吹き比べさせていただきました。
あくまで個人的感想ですが少しレポートさせていただきたいと思います。
音は丸穴モデルに比べて高音の部分がしっかりある感じです。音のキラッと感が強いと言いましょうか。マイクを通さない生音での演奏を意識して高音の要素を多く残してあると思われます。
IMG_2707.jpg

また穴が大きい分、音量も大きいと感じました。
比較写真はないのですが、丸穴モデルに比べてマウスピースの高さはかなり低くなっています。
丸穴モデルのマウスピースは上面がカマボコのような形ですが、四角穴モデルはカマボコのカーブ部分を平らにしたようになっています。(あ、あくまでイメージね。ちゃんと色んなことを考えて作られた形です。)そのぶんマウスピース高さは低く、息がよりダイレクトにチャンバー(笛室)に入るようになっているのです。私の場合、マウスピースが低いので重音奏法(特にオクターブ奏法の時)の舌で穴をブロックする際、スライドの可動部に舌が触れることがありました。これは吹き手のポジションにもよると思いますので全員が感じることではないと思います。
もともと、ファビュラスは気密性、スライドの操作性など素晴らしい楽器ですが、さらに四角穴モデルができて音質、音量共に生の音で演奏するシーンについて進化したと思います。
…欲しいなあ。

ハモンド梅田センターではFー48SQ(ファビュラス四角穴モデル)以外の機種はいつでも試奏することができます。(念のため、事前に連絡されてからのご訪問をお勧めいたします)
今回はわざわざ四角穴モデルをご準備くださいまして、ハモンド梅田センターのスタッフの皆様、そしてY様、本当にありがとうございました。色々、興味深いお話を聞かせていただいて、たいへん勉強になりました!

北村サユリさん著 電子書籍がリリースされました♪

  • 2017/05/14(日) 17:35:15

ハーモニカ友であり、ちょこちょこハーモニカ女子会を開催したり、共演させていただいている北村サユリさんがこの度電子書籍「クロマチック・ハーモニカ 超効率的練習法」をリリースされました。
51H8ohEqJmL.jpg
入手先(Amazonのページ)↓
http://amzn.asia/9fPHzSn

ダウンロードの仕方(サユリさんのブログが開きます)↓
http://wp.me/p7AkHt-Xz
サユリさんは普段からブログやYou tubeの動画などで練習のワンポイントレッスンを公開されているのですが、今まで書かれた内容を整理され、また電子書籍をリリースするにあたって新たに加筆され、今回のリリースをされたそうです。
期間限定(5月17日まで)でダウンロード無料ですよ〜!

私も夕べ早速読ませていただきました。
参考になることや共感できることが盛りだくさんです。
読みながら、私も自分が楽器を始めてからの経過を思い出したり、最近基礎練サボってるなあ、と反省したり(!?)しました。ハーモニカ女子会で話していたことも少し本に出てきてなんか嬉しかったり♪

それにしてもたくさんの情報量でした。あれだけの文章をまとめるのは大変な労力であっただろうと推察します。ひと様に読んでいただく文章を書くのは本当にたいへんなことです。同じものを読んでもピンと来る人、来ない人、受け止め方もハーモニカに対する思い入れの違いも様々だと思います。それを踏まえてご自分の意見を表現することはとても勇気のいることで、敬服します。
その証拠に我がブログにはほとんど演奏の技術的なことの記述がない!直接伝えるのも難しいのに、責任持って文章で書くことって、もっと難しいんだもの。メンテナンスには需要があるし、写真も使えるのでなんとか頑張って書いていますが。

・・・す、少しくらいは役に立つこと書く努力をしたもんかな