ちょっくら信州まで。

  • 2011/09/27(火) 22:20:15

連休の最終日から3日間、信州に行ってきました。
私は昔から信州LOVEです。このブログでも3回は旅の記事を書いているのではないかと思います。
子供のころからよく行っていたのと、大人になってからもツーリングでさんざん走り回っていたので大好きな場所なのでした。少なくとも2年に1回は行ってるかもしれない。

今回のコースは私の中では定番コースで、諏訪から蓼科高原、ビーナスライン車山・霧ヶ峰をとおって美ヶ原高原そして松本・安曇野、奥飛騨温泉郷から飛騨高山、というコースでした。

1日目、珍しく朝6時という速い時間の出発。
高速をひた走り、お昼すぎに諏訪SAに到着。さっそく、峠の釜めしとおやきを食べる。
釜めし


おやきの生地はふかし系と焼き系があって私は焼き系が好みなんだけど、たいていはふかし系の生地なので残念。
それから蓼科高原へ。と向かうつもりが、山下清美術館とやらが目につき入ってみた。やはり原画っていいな。貼り絵とマジック画が100点以上展示してありました。こじんまりとした美術館でしたが、楽しめました。

それからお目当てのバラクライングリッシュガーデンへ。英国式庭園があるとのことで行ったのですが、花の盛りは過ぎていたものの高原っぽい雰囲気でなかなか素敵な場所でした。曇り空でしたが、せっかくなのでガーデンカフェでアフタヌーンティ。
ガーデン お茶セット
かたくり
この花は何かなあ?地面から彼岸花みたいにニュッと茎が生えて花が咲いていました。カタクリに似てる?


それから御射鹿池へ。この場所は東山魁夷の画の場所というお話。池に山々の木々が写りこみ、とても幻想的な光景でした。なんであんなにきれいに映るんだろ?ウチの近所の池ではあんな風に見えないのに。
みしゃが池
白樺の木の間に馬がいる絵、有名ですよね。青い方ではなくて、緑の方。


その夜は蓼科高原の山間にあるホテルに宿泊。信州はすっかり秋で寒かったです。

翌日はビーナスラインを走りました。これ、天気が良ければ最高だったのにな。残念ながら曇り時々小雨でした。美ヶ原高原では散歩することはできました。とっても珍しいモノを見ました。なんと、カモシカの子供!はじめはてっきりイノシシかと思ったのですが、よく見ると角が生えてる!道路わきに子供2頭だけでいたので車に跳ねられないか心配になりました。
牛
こちらは山頂の牧場の牛さんたち。仔牛ばかりが集められていました。大人は広々とした牧場のあちこちに散らばっていました。

曇りのおかげで谷間を流れる雲をみることはできました。

いったん山を降り、一路松本へ。途中「新そば」の旗に惹かれてそば屋でお昼。そば湯が好きな私は信州ではざるそばです。トロリとしたそば湯、香ばしくて大好き。
この日は灰やきおやきを求めて松本を飛び出し、安曇野まで足をのばしたのですが、定休日で立て続けに2軒振られました。連休明けの月曜日だもんなー。でもおかげで予定外に大王わさび園に立ち寄ることができました。NHKの朝の連ドラ「おひさま」の撮影セットがあったよ。あれ、松本が舞台だったんだね。

おやき
結局おやきはまたふかし系おやきしか食べられなかったけれど、囲炉裏であっためるお店にたどりつき妥協しました。おいしかったです。なんだかんだ言ったけど。



そして再び山の中へ。今宵は奥飛騨温泉郷です。
松本から山を越え、新穂高のふもとまで。民宿に泊まったのですが、お客さんウチしかいなくて貸切状態。露天風呂も貸切!好きなだけ入りました。
満点の星空、とはいかなかったけれど、星も結構見られてよかった。

そして今朝は新穂高へ。ロープウエイで登山口まであがるのですが、2000メートル超級の山が四方に迫り大迫力。天気もよく、抜群の眺めでした。
槍ヶ岳
それにしても中高年の登山客の多さにびっくり。皆さんお元気です!


このまま山登りしちゃおうか(装備なしでの山登りは禁止です)、というくらい爽やかな気候でした。最近はやりの山ガールの気持ちが少しわかったような気がする。
予定より長めに新穂高に滞在、昼過ぎに出発。途中また信州そばを食べました。

1時過ぎに高山の街に到着。この街も10回以上来ていますが、つい立ち寄ってしまいます。
古い街並み
古い街並みをぶらつき、飛騨牛串を食べ比べ、ラーメンの有名店へ立ち寄り。(私はさすがに食べられませんでしたが。)信州味噌を買い、満喫して岐路につきました。


最後にまりも@コザクラインコ♂7歳をペットホテルに迎えに行って7時過ぎに帰宅。まりももホテル5回目、すっかり慣れたものです。

あ~楽しい旅はすぐに終わってしまう。
それにしても、信州に行くたびビッグバイクを手放したことを深く後悔する私なのでした。もう900CCクラスはなかなか買えんなあ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する