音配列とタンブロックの絵を描いてみた。

  • 2010/02/24(水) 23:07:44

今日はすっごく良いお天気でしたね!
なんかもう春みたいで、寒いのが苦手な私は嬉しいことこの上なし
でも花粉もバッチリ飛んでいるようで、ベランダで日向ぼっこをしていたら、くしゃみの連続でした。こりゃ、イカン

今日は練習をする余力が無かったのと、夜になってしまい音が出せなかったので、クロマチックハーモニカの構造や、重音・タンブロック奏法の図解を描いていました。
(女子フィギュアスケートの再放送を見ながら。真央ちゃん明日もがんばれ~♪)
スケッチブックにでっかいイラストを描き、色鉛筆で塗り絵。なんだか久々の作業で楽しかった。
なんでこんなんを描こうかと思ったかというと。

演奏の時、オクターブやアルペジオを吹くとみなさんが「???」という顔をされるからいちおうお話して説明はするんですが、いかんせんお口の中のこと、見えないもんね。
私もハーモニカをはじめる前、複音ハーモニカのベース奏法や、アルペジオを聴いて「????」と思ったもんです。その謎を解明したかったのも楽器を手に取った理由なので、秘密にしておく方がプレイヤー人口は増えるかもしれない・・・そんなん、私だけか?

まあ、知っても知らなくてもいい豆知識ですが、MCネタとして作ったのでした。

クロマチックの絵これが、クロマチックハーモニカの音配列図。
私はすでにわかりきっていることなんだけれど、改めてお絵かきしてみると、穴番号と音の関係の理解が深まった気がします。もともと数字譜と五線譜を併用していたので、穴番号にはまだ完全に慣れて無くかったので・・・

タンブロックの絵でっかいキスマークではありません。
ハーモニカをくわえてタンブロックで吹いている口です。ハシゴみたいなんがマウスピース。
「4つの穴をくわえて舌で塞ぎ、右端だけを開けます。」
とタンブロック奏法の説明をするのですが、きっと聴いただけじゃわかんないよね。
ちゃんと、3度、6度、5度の絵も描きましたよ♪

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

目から鱗。。。

いつもありがとうございます。

タンブロック⇒ビックリ!!目から鱗状態でした!!!
アパチュアというか、息の出入りする部分が・・・顔の中心線上に
・・・ない。。。

ずぅ~と、金管楽器の世界にいましたので
上の歯と下の歯が垂直になるように、アゴを前に突き出し
アンブシュアを正しく、しなやかなアパチュアが中央に位置するように
口角の筋肉も鍛えました。
なななのにぃ~~ 
クロマチックハーモニカは・・・アパチュアが・・・一番右端に・・・

しししかもぉ~~
あれだけ苦労して、声帯を震わせながら、1オクターブの倍音を
出せたと思っていたのにぃ~~
クロマチックハーモニカには・・・重音奏法が・・・ある

音配列図を、順に目で追いながら・・・
ハシゴをくわえている、でっかいキスマークを冷静に見ていると・・・
ふとッ・・・なぁ~~んだ!
クロマチックハーモニカは・・・ハシゴの一つひとつに
・・・〝リード〟持ってる!!

でも・・・
アルペジオ・・・和音階って・・・理論的に難しすぎるぞぉーーー
今、頭の中で・・・実譜面と・・・ド・ミ・ソ・ドが
空中分解しています。。。

まだまだ謎だらけ! なんと摩訶不思議な楽器!!
( わたしが・・・素人過ぎるのか・・・ )
今度・・・ミニコンサートに行って・・・解明するぞぉーーー!!!

  • 投稿者: misty
  • 2010/02/25(木) 17:51:39
  • [編集]

確かに摩訶不思議

>mistyさん

ホンマに楽器としてはだいぶ変わり種だと思います
ハシゴのひとつひとつに4つのリードが隠れてるんですよ

ぜひまた解明にいらしてください
また時間のあるときに、イラスト続編もUPしますね

  • 投稿者: のん
  • 2010/02/26(金) 23:58:47
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する