ブログ考。

  • 2010/02/16(火) 01:05:40

このブログを初めて早3年が経過。
3年前の2月7日から始めたんだけど、今年はなんやバタバタしててアニバーサリー記事を忘れてました。
(例年のチョコレポートも忘れてた伊勢丹のサロン・ド・ショコラにも行けなかったし



もともと日記を書く習慣があったから、ブログの更新は苦にならない。
ただ日記帳の中の日記と違って、不特定多数のヒトサマが読むことはいつでも、前提の上ですが。

音楽や映画、その他のこと、感想や意見を書いてもこれを読んで傷つく人があってはいけないと思っている。
だから下げた記事もある。下げざるを得なかった記事もある。

何の悩みもない、脳天気な日記でしょう。気楽に生きていると思うでしょ?
そうじゃない。みんなそれぞれに・・・当たり前。
だけど悲しいことや、心配ごとばかりを書いて何になる?
夢見ること、興味のあること、楽しいこと、嬉しいことだけを綴っていく方がいいんじゃない?
だから私は日常を綴る。



自由に書けない日記なら辞めてしまえばいいやないか、とも思う。

でも、こんなつまらん文章を楽しみにしてくれている人がいる。
「ああ、今日ものんちゃんは無事に生きてるんだな」と確認してくれる人がいる。
自分も楽器をはじめたい、と話してくれる方がいる。
あなたの音楽で懐かしいことを思い出した、と励ましてくださる方がいる。
繋がっている人がいるから。


それにしてもすごいですな、最近のアクセス数

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

これも…

3年ですかー、長いですね^^
おめでとうございます!
これからも頑張ってくださいね☆

いろいろ調べたんですがクラシックを教えてもらえるところは
近くにはないみたいなのでPOPS・JAZZ系から始めようと思います。
まだまだ人生始まったばかりですし
クラシックはあとからかじることにします。

  • 投稿者: いつき
  • 2010/02/16(火) 08:16:00
  • [編集]

ありがとうございます♪

>いつきさん

ありがとうございます。
ブログの方はボチボチと続けたいと思ってます。

う~ん、確かに関西にはクラッシック系の教室はないかも。
でも、JAZZ・POPS、クラシックというカテゴライズにこだわらず、柔軟に学ばれることを願います。短期の講習なんかも違う系統のものを受けてみるとか。

これから長い長い!がんばってやっていきましょ!e-420

  • 投稿者: のん
  • 2010/02/16(火) 10:23:46
  • [編集]

そのまま・・・自然体で・・・

のんさんの調べに包まれて・・・ブログに綴られた文字に触れて・・・
懐かしい幻想を見ることが叶ったと同時に、
〝前へ進もう〟と思える沢山の勇気を、私自身いただきました!!

去年の初夏
9ヶ月いっしょに過ごした子猫を、激性の病気でなくしました。

仕事から帰ってくると
車のエンジン音を聞きつけ、玄関先で一番に迎えてくれました。
オーディオルームで、音楽を聴いていると
足にジャレついたり、伸びしたり、足もとで真ん丸くなったり・・・
2時間・・・3時間・・・ずっといっしょでした。
カーラ・ボノフ、デイヴィッド・フォスター、
T-レックス、ブルース・スプリングスティーン、
シベリウスSym.2番、チャイコフスキーSym.5番・・・
いろいろな想い出の曲に、よく付き合ってくれました。。。

この7ヶ月、いっしょに過ごした思いが重なり
CDを聴くことも、アルバムジャケットを見ることも
できませんでした。

これだけ人生を歩んできているのに
悲しんだり、悩んだり、スランプに陥ったり・・・します。

のんさんのブログの扉を開けると
温かい〝調べ〟が聴こえてきます♪
チョコレートの〝香り〟に包まれます♪
美味しそうな食事の〝湯気〟を感じることができます♪
そして何より
皆さんのいろんな思いや、気持ちが伝わってきます♪♪

今・・・
立ち止まっているのは、前進している〝証し〟!!
人は悲しみを知っている分だけ、優しくなれるし 強くなれる!!
そう思っています。

ですから、のんさんのブログ・・・
そのまま・・・自然体で♪♪

  • 投稿者: misty
  • 2010/02/16(火) 17:15:29
  • [編集]

ああ…ほんとうに

>mistyさん

ありがとうございます。
この前も助けて頂いて、今回もまた…

私のブログを読んでくださってありがとうございます。
文字にしていないことも読みとっていただいて、驚いています。伝わるんだ


子猫ちゃん、残念でしたね。私も何羽かの小鳥とお別れしました。今のまりも(コザクラインコ)と別れるときを想像しただけでつらいです。でも出会って与えてもらったことがたくさんたくさんあったから、やっぱりまた生き物と暮らしたくなります。


音を奏でるとき、はからずも表現したくない部分…よくない体調や気持ち…が表れてしまうことがあります。自分ではわからなくても聴く方によってはしっかり伝わってしまうみたい。


願わくば、いつも朗らかな音を奏でていたいけれどもそれも面白さの一つか、とも思います。

ありのままで。
立ち止まることも迷い悩むことも


素敵なコメント、ありがとうございます。

  • 投稿者: のん
  • 2010/02/18(木) 04:32:18
  • [編集]

はじめてコメント致します。
女性らしい豊かな感性と、プロミュージシャンでありながらフレンドリーな姿勢に感動を覚えつつ、ブログを楽しみにしています。
たくさんのミュージシャンやスタッフの方に囲まれてのライブはとても楽しい様子が伺えます。
近場でのライブがあれば是非、一度生演奏をじっくり聴いてみたいと思っています。

  • 投稿者: ソーリ
  • 2010/02/23(火) 10:11:26
  • [編集]

コメントありがとうございます(^^)

>ソーリさん

コメントありがとうございます
私の存じ上げないところでも駄文を読んでいただいているなんて、嬉しいです

音楽だけを生業としているのではないのですが、プロ、アマ問わず、たくさんのミュージシャンや裏方を手伝ってくださる友人や、スタッフさんに支えられ、本当に幸せです。

音楽の勉強も「まだまだ!」と欲張りな気持ちでいます

事情があってライブの回数は減っているのですが、頑張りますので、またよろしくお願いします!


そのぶん、演奏の動画を張り付けようと思っています
もちろん生演奏の方が楽しいに決まってますが、また編集できたときにはごらんになってください

  • 投稿者: のん
  • 2010/02/24(水) 01:17:06
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する