お手製ハーモニカウォーマー♪

  • 2009/12/03(木) 01:01:19

先日の日記でちょっと書いていたハーモニカウォーマーが完成しました。
冬の結露はハーモニカ吹きにとってはちょっと面倒。
結露するとバルブが張り付いて音が出なくなったり、発音のテンポは遅れたり、と頭を悩まされます
いつも練習・ライブの時は脇にはさんで人肌にあっためていたのですが、夢中で用事やセッテイングをしていると、うっかり落としたりすることが
ライブの時などはハーモニカを持ち変えることもあり、そんな時、充分に準備できていない冷えたハーモニカを全力で吹くと間違いなくバルブが張り付きます。ライブ中、1本を脇に挟んで演奏するわけにもいかないし、何とか解消できないものか、とずっと考えていました。

そこで思いついたのがコレです

ウォーマー2キルティングの厚い布でボックス型のケースを作って底にカイロを入れるもの。
ただ、カイロは温度が上がりすぎると逆にバルブのプラスチックを熱で痛めてしまい、壊れるよ、と教えて頂き、形についてはちょっと思案しました。
寝かせて入れたら、片面だけに熱が回りすぎるので、立てた状態で温めたい・・・
ホットカーペットの上に立てておいて上にクロスを掛けていたところちょうどいい温さになったのを思い出し


ウォーマー1
予備用ハーモニカも入れられるように2本収納できるようにしました。
並べて入れたらハーモニカ同士がぶつかるので、中に仕切りを付けました。


ウォーマー6
仕切りは固定してないので倒してフラットにすることができます。
斜めに入れると4オクターブのものも収容可。


ウォーマー5
発熱体はカイロ。
底の部分が二重のポケットになっています。


ウォーマー7留め具は牛の骨のビーズ。
以前買っていたものを利用
穴が3つなので、チェコビーズで留めてみました♪
ちょっとオシャレ


現在性能テスト中です。バルブが熱で傷んだら元も子もないし~。
写真のハーモニカは部品取りの1本と、カバーがない状態の部品取りボディです。バルブの状態をチェックしています。

新品のカイロを仕込んで5時間ですが今のところイイ感じです

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ハーモニカヒーター

クロマチックハーモニカを習いだして3年目。寒い時期になると決まっておきる結露によるバルブの貼りつき。うっとおしいですね。何とかならないかと試行錯誤の結果、これを完全に解消できる「ハーモニカヒーター」の試作品を作りました。今、20人ほどの方にモニターをしてもらっていますが評判は上々です。概要は徳永先生のブログ(2012-12-09、2013-12-27、2013-01-14他6回ほど)で紹介していただきました。興味があれば参照ください。現在さらに改良を重ねています。

  • 投稿者: giisan
  • 2013/04/20(土) 20:39:32
  • [編集]

>giisanさん
コメントありがとうございます♪
バルブがひっつきだすと「ああ、冬がやってくる」と思い、ウォーミングアップの時間が短くなってくると「ああ、春が来た!」と思うハーモニカ吹きの風物詩ですね。
でも、すごく困ってます。
ちょっと記事、検索して見せて貰ってきます♪

  • 投稿者: のん.
  • 2013/04/22(月) 18:51:07
  • [編集]

その後、改良を加えて遅ればせながら商品化の段階になりました。会社員として仕事をしながら余暇でやるのはなかなかしんどい面がありますがウーンプー現象に悩んでいるハーモニカ愛好家の方々の救いになればと思い頑張ってきました。まず徳永門下から広めていく予定です。とりあえず限定50台、販価は今回のみ10,000円(消費税、送料別。まずは認知していただくのが先決と思いほとんど原価です)。昨年のモニター品との違いは①ACアダプター使用で長時間演奏可能②ステージではバッテリーで(約1時間)③通電状態はLEDランプ表示④脱落防止ハンガー付きなどです。カイロを使った”のん”さんのウォーマーとはまた違った特徴があると思います。一度ぜひお試しいただきたく。申込み先は徳永先生ブログ12月31日をご覧ください。

  • 投稿者: 藤原
  • 2014/01/10(金) 18:14:36
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する