FC2ブログ

楽器ケースのリペアしました♪

  • 2019/12/05(木) 17:48:03

私の愛用の楽器、もともと入っていた合皮貼りのケースは結構大きいので、普段持ち運んでいる時はSUZUKIさんのシリウスやG-48の丈夫でコンパクトなケースに入れています。

本番の時は使い捨てカイロとマイナスドライバーが楽器と一緒に入るので、大きい方の合皮貼りのケースを持っていくころが多いです。舞台上に置いたり、あるいはちょっとテーブルなどに置いた時に存在感があるように、(目立たないと自分で引っかけて落としたりしそうなのです)という理由もあります。

今の楽器を手にしてそろそろ、ほぼ10年経ちます。
大きい方のケースが随分くたびれてきました。
縁が擦り切れてきたくらいの時は色を塗って補修していましたが、最終的に合皮は表面がボロボロとめくれてきてしまい、それは貫禄じゃなくて、なんだかみすぼらしい感じに(^^;
IMG_4987.jpg

新しいケースをどうしようかなあ、何か作ろうかな、と思っていたのですが、最近ちょっとバッグの修理や塗り直しを自分でして、革を触る機会があり、「楽器ケースも自分で張り替えたらいいんちゃうん。本革で貼ったらカッコええし、長持ちやわ〜♪」と思いつきました。
薄くて柔らかい革が手に入ればきっとうまくいくはず。羊革あたり?
サイズを測って、ネットで厚みを見比べながらお買い得な革材を探しました。
継ぎなしで張り替えようと思ったら、結構大きな面積が必要で、黒とかこげ茶とか、スタンダードなカラーは品切れが多く、随分探した結果、0.6ミリ厚のゴールドキャメルなる羊革を発見!

2、3日経って手元に届きました。なかなかいい感じの色です。
まずは留め金の金具を外して、元の黒い合皮を内張から順に剥がしていきます。
IMG_4988.jpg

ベリベリ・・・ああ、もう引き返せない〜

IMG_4990.jpg

IMG_4992.jpg

楽器ケースと言えど内側は紙を何枚も重ねたもので作られています。言うなればカルトナージュです。
元の合皮は相当薄いですが、本革はそれなりに厚みも出ます。なるべく重なって貼るところは梳いたり、見えないところでギリギリまで引っ張ったりして厚みを均等に心がけました。そうでないと元どおり組めないから。
あと革用のボンドや、強力両面テープを部位ごとに使い分けるのがポイントです。

外側はまあまあ綺麗に貼れました。
内側は以前先輩からいただいた別珍の布を貼ることに。黒と緋色と紺色とありましたが、私は紺色をチョイス。
楽器を支える部分に以前は何も芯が入っていなかったので、今回分解したついでに木の芯を入れて接着しました。これでグラグラしないわ。紺地に銀のボディが映えてとてもキレイです。
IMG_4996.jpg

IMG_4997.jpg

最後に金具を元の位置につけて完成!
すっかり蘇り、この世にただ一つの特別なケースになりました(^^)
古いケースをお持ちの方は捨てずにぜひリニューアルをしてみてはいかがでしょう?愛着が湧くこと間違いなしです。

ちなみに。以前(2013.10.15)に載せていますが、コンパクトケースの方もデコってこんな感じです↓
P1000020.jpg



残り僅かとなりました。もう来週ですものね
IMG_4918.jpg

********************************************
『けやきカフェライブ』
日時:12月14日(土) 18:00ころ〜お食事タイム
           19:30ころ(お食事が落ち着き次第)〜 演奏スタート概ね 21時頃まで。
お食事代:2,000円(ドリンク代別途・ミュージックチャージは投げ銭制)

お食事の準備の都合上、ご予約制となります。
ご予約先:075−451−1178(けやきカフェ)
     *当ブログのメールフォーム、FBのコメント、メッセージ等からでも承ります。

*********************************************

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する