FC2ブログ

大人の遠足。目的はコンサート♪

  • 2019/05/13(月) 00:23:22

昨日はお休みの日の割には朝早く起きて出かけました。
目指すは和歌山県日高郡日高川町。目的は和谷泰扶先生のコンサートを聴きに行くためです(^^)
チェロの菊地知也さん、ピアノの荒尾岳児さんとのトリオでの演奏でとても好きな演奏なのです。
関西方面での演奏会は少ないので、日帰りで行ける範囲ならなんとか行こうと思い立ち、門下生数名で連れ立って行くことに。大人の遠足です。
IMG_1921.jpg

新大阪まで出て、特急くろしおに乗り、電車に揺られること2時間。
会場近くに飲食店は無いとのことで、駅前でお昼ご飯を食べました。
IMG_1920.jpg
↑カルボナーラうどん。ちょっと冒険しましたが美味しかったです。

そこからはレンタカーで30分弱。日高川交流センターに到着。移動時間だけで言ったら家を出てから3時間半とちょっとかかりました。東京行けるね。
IMG_1925.jpg
会場は新しい建物で立派なホールでした。チケットに「駐車場が混雑するのでできるだけ乗り合いでお越しください。」と言うようなことが書かれていて「普通公共の交通機関をご利用ください、ってところだよね。自家用車で来場するのが前提なんだな・・・。」と納得しました。

コンサートの前に小学生の合唱と出演のお三方の共演というロビーコンサートがありました。
曲は『ふるさと』で、メロディはもちろん歌なので、ハーモニカはオブリガードを吹かれていたのですが、これがまた、アルペジオやジャンプが盛りだくさん、かつ、途切れない演奏を求められる、難しいフレーズでした。さらに歌に寄り添うような柔らかい音でした。
先生はロビーから退場するときに「この曲が一番難しい・・・。」と冗談交じりにおっしゃっていましたが、一番かどうかはともかくとして相当難易度の高いものであったのはとてもよくわかりました。「オブリガードとはああ言う風に吹かないかんのや」としみじみ思いました。先生がもっぱらオブリガードに終始されている曲を初めて聴き、勉強になりました。

演奏会は素晴らしいプログラムに、素晴らしい演奏、そしてトークも素晴らしかったです。
【第一部】
1.アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第一楽章アレグロ
2.2つのヴァイオリンのための協奏曲 第一楽章ヴィヴァーチェ
3.3つの二重奏曲 第一曲 ハ長調 第一楽章アレグロ・コモード
4.組曲「動物の謝肉祭」より「白鳥」
5.ハンガリアン舞曲第5番
6.バレエ音楽ガイーヌより「剣の舞」
7.曼珠沙華幻想
【第二部】
1.ラプソディ・イン・ブルー
2.赤とんぼ
3.通りゃんせ
4.故郷
5.こきりこ節
6.ブエノスアイレスの冬
7.チャルダッシュ
【アンコール】
仔犬のワルツ
ラデツキー行進曲

盛りだくさんです!大満足です!
そして先生のMCがまた楽しくて。全体的にお客さんのノリがよく、先生の言葉に反応が大きかったせいもあったかもしれません、とても饒舌に楽しいお話をしてくださいました。先生、関西人パワー炸裂(^^)

私がいただいた楽譜の曲もいくつかあり、これまた勉強になりました。
素晴らしい演奏を聴いていると今度自分も吹いてみたいな、という曲がたくさん出てきて夢膨らみます。あんな風に演奏できるわけでは無いのに(^^;
まず今手持ちのハンガリアン舞曲でしょ、剣の舞もいいな、そしていつかは吹いてみたい「ブエノスアイレスの冬」!
あと最近とても興味があるのが童謡を高度に編曲した曲の数々です。演奏会のときに誰もが知っている童謡を昇華して演奏できたら素敵だなあ、と思うのです。赤とんぼ、いつか吹いてみたいなあ。。。

大満足であっという間の2時間でした。遠かったけどホント行ってよかった。

帰りに道の駅に寄り道し、八朔ソフトを食べました。
それから特産品のエンドウ豆やソラ豆の良いのがとってもお安く売っていたのでお買い上げ♪
京都のスーパーではもう黄色くひねたやつしか売ってなくて「今年の豆ご飯はもう終わりだなあ。」と思っていたのですが、もう一回食べることができました!私、豆ご飯が大好物で、今シーズンは7、8回作ったかも?!
それから国産レモンも大きくて立派なのがあったのでこちらも購入しました。
皮も安心して使えるのでお菓子のレモンカードを作ろうと思います♪
IMG_1931.jpg
↑なんとも鮮やかな。今日の晩御飯は豆ご飯、塩茹でそら豆、エンドウ豆の卵とじ、豆づくし(笑)

旅の友は全員女子ばかり、電車の中もお食事の時もたくさん色々な話をして楽しい遠足となりました。
コンサートのチケットやレンタカーの手配していただいたり、どうもありがとうございました。



スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する