FC2ブログ

時の流れがわからない(笑)

  • 2018/01/19(金) 22:12:44

相変わらず病院におります。
車椅子で暴走していた日から早10日余。順調に回復しております。
先週末には杖無しで歩くこともでき、一時帰宅もしました。
でももう入院からかれこれ15日も経つのですね!ここにいると時間の流れがわからなくなる。
消灯が21:30なのでテレビもすっかり見なくなり、浦島状態です。


入院前は「時間いっぱいあってめっちゃ暇なんちゃうん?」と思っていたのですが、入院患者って案外忙しい(笑)
朝6時に起きて朝ごはんまでに洗髪洗面を終えて7時に朝ごはん。でも集団生活なので色々と譲り合って隙を見てやらなくちゃ。傷の消毒に医師が回ってきて、そうこうしているうちにお掃除の方が来られてちょっとバタバタ。
午前中にリハビリがなければそのあと一息。お昼ご飯。午後のリハビリ。
スポーツ整形外科がとても有名な病院なのでプロのスポーツ選手も通っています。若者も多いので病棟はとっても活気があります。ワイワイきゃっきゃ、ととても賑やかです。
午後のリハビリのあとはお友達が面会に来てくれたり、時々レントゲンやCTがあるので合間をぬってお風呂だったり、お洗濯をしたりしているうちに夕方。晩御飯を食べて、同じ部屋の方達と少し世間話をしていたら先生が夕方の回診にやって来て、それから家族と連絡したりしているうちに、もう夜だあ!
リハビリ始まると忙しいね。
消灯後は枕元の灯だけは23時頃まで点灯することができます。それだけでは暗いので家から譜面台用のライトを持って来たら大活躍です。ネットはWi-Fiをレンタルして来たのでバッチリ。

入院していると結構面白いことも起きます。
例えば患者同士の自己紹介。
まずはどこのなんの怪我で入院しているか、を紹介(笑)あと担当医とリハビリの先生(まるで何年何組です、みたいな)が必須事項。
卒論が間に合わない〜!と夜なべしている学生さん(前十字靭帯断裂3回目のツワモノ)のお隣が、腰椎圧迫骨折で寝たきりになりレポートの採点ができない!と思案している大学の先生。(もちろん別の大学ですが。)
お向かいに入院して来た方のダンナさんが共通の友人の結婚式で同席した人!
若者たちが病院職員さんをネタにカルタを作って院内で大ウケ。こっそり先生にニックネームをつけたり。
院内でお琴のコンサートが行われたり。
先述の通り、若者が多い病棟なので、ある種の合宿所のような雰囲気すらあります。若者組が面会後の夜のひとときのトランプに誘ってくれて10人という大人数で大富豪をしたらメチャ、楽しくて盛り上がりました。トランプゲームをしたのは本当に久しぶりでした。
実は手術直後に個室で過ごしていた2日間、外からすっごく楽しそうな笑い声が聞こえて来て、麻酔覚めかけのボーッとした頭で「病院で何がそんなに楽しいことがあるんだろう?」ととても不思議に思っていたのですが、謎が解けました。代々病棟で受け継がれている伝統だそうです(笑)

色々な年代の色々な職業と立場の人が体の悪いところを治す、という共同生活をしている不思議な空間です。そして行きずりという気安さからか、思わぬ悩みや本音が飛び出したり。
あまりなんども経験したくないけれど、色々と もの想うには貴重な経験をしています。
おかげさまで間も無く、予定より早く退院が決まりました。
IMG_6346.jpg
写真がないので先日の雪の日、病室の窓から見た大文字を。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する