ホテルでの演奏。

  • 2017/05/28(日) 22:53:27

昨日のことになりますが。あ、この記事は予約投稿だからもう一昨日のことだ。
とある行政団体の会議・講演会の最後に3曲演奏させていただきました。
会の主催者様からは「人の生命・尊厳などがテーマの、重い内容の講演なので、最後に気持ちがホッとするような曲を演奏して欲しい。」とのご依頼でした。
ハーモニカだけでのソロの演奏だったので、これまた選曲に悩みました。
伴奏なしの全くのソロの時は重音奏法がたくさん使われていて、クロマティックハーモニカならではの表現の曲である『マラゲーニャ』を演奏することが多いです。今回は3曲ということで1曲はピアノ伴奏のマイナスワンを使って『タイスの瞑想曲』を演奏しました。さて残るはあと一曲。『セレナーデ』を演奏することも多いのですが、今回は普段は音楽にはあまり縁のない方も多いと思ったので皆さんが聞いたことのある曲がいいかなあ、と思案しました。そこで思い出したのが、我が師が20年くらい前にテレビで演奏されていた映像。『アメイジンググレイス』を重音奏法を交えて吹いておられたのです。
DVDを繰り返しガン見して使われている重音を聞き分け、なんとか譜面に記しました。いつかやりたいと思っていたので今回はいい機会でした。この楽譜は大事にしようっと。
結局、最終決定したのは本番の2日前でしたf(^^;

さて、本番。
会場はホテルだったのですが、控え室がお嫁さんの控え室としても使われているお部屋で素敵でした。
IMG_2783.jpg
スーツ姿の男性でいっぱいの会場での演奏はいつもと少々雰囲気は違いましたが、音響もとてもよく、気持ちよく演奏させていただくことができました。やはり講演の内容はお伺いしていた通り心が痛むお話だったので、演奏は祈りを捧げるような気持ちで心を込めて演奏しました。

お話は変わりまして。
昨年の10月に植えた我が家の苺。(品種名はまんぷく2号です)ついに収穫の時を迎えました♪
花は30輪以上咲いたのですが、間引きしたり、うまく受粉できなかったりで全部で7個実がなりました。ささやかな収穫ですが嬉しいものですね。
IMG_2791.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する