新たな修理道具♪

  • 2017/02/13(月) 00:37:53

新年会の席で、同門の先輩から新たな修理道具をおしえてもらいました。
1月の上旬に聞いていたのに、なかなかお試し実験する時間がなくて今頃になりました。
さてその道具の名はバイスプライヤー。
何それ、何それ。

プライヤーですが、一度力をかけたら固くしまって、ロックを解除しないと開かないのです。グッと握るとテコが効いて握った以上の力でハサミが締まります。
これを何に使うのか、というとリード交換の時にリベットをかしめるのに使うのです。
先輩は10ホールズの修理をしている人のサイトで見つけられたのだとか。
なるほど、これは良いことを聞いた!
相変わらず金づちを使ってリベットを打つとどうしてもリードがプレートに強く密着しすぎたり、先端がスロットルより下がってしまい、音が詰まってしまう私。
解決になるかも?!
ええ~、ホームセンター大好きな私は聞いた2、3日後にさっそくバイスプライヤーを買ってきました。
700円ちょっとで売っていました。
すぐにリベット留めの作業を試せなかったのにわけがあります。
バイスプライヤー、用途はプライヤーですので挟むところはギザギザに溝が彫ってある訳です。
この溝、リベットよりも大きいのでどうしてもリベットがはまりこんでしまい、ギザギザの深さ分、プレートの裏側に出っ張ることになります。あとで削っても良いのでしょうが、なるべくなら平らにしたい・・・それにプレートにも傷をつけたくない…
バイスプライヤーの片方に金属の平らな板を取りつけたら良いと教えていただきました。
しかし、自分で加工できる範囲かつ、リベットをかしめても凹まない程度の硬さを持っているもの・・・探すのが難しく。
なかなか思いつきません。
とりあえず、手近にあった薄い鉄板でやってみましたが、案の定凹みました。かしめたリベットも少しだけですが、裏側に出っ張りました。

でも🤗、表側の留まり加減はいい感じです。いつも打ちつけただけでは音が出ないのですが、一発で音が出ました♪
さあ、これは本気で硬い金属片を探さなくては!

それで思いついたのが3本セットの100キンの工具。小型のダイヤモンドヤスリです。
適当な厚みと切りやすさに着目しました。

一番根元のダイヤモンドヤスリになっていない部分がいい感じにつかえました(^-^)/はじめはヤスリ部分が滑り止めになっていいかとも思ったのですが多少滑る方が位置決めなどがしやすいように思いました。
さすがに100キンとはいえ『工具』、リベットをカシメても凹むことはありません♪
よいことを教えていただきました♡
ありがとうございました♪

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する