リベットを打つ道具。

  • 2016/06/14(火) 10:29:57

おはようございます。
行事が一段落し、以前から手を付けたかった用事を一気に片付けているこの数日です。
ガレージのお片づけのために日曜大工をしました♪
IMG_8043.jpg
狭小住宅の我が家では一階に無理やりガレージのスペースがあるのですが、掃除道具や土いじりの道具をしまうスペースがなくて、玄関先が何となくゴチャゴチャしていたのです。
2×4の木材を買ってきて厚さ8.9センチの極薄の棚を作りました♡
IMG_8045.jpg
雨降りだったのですが、ペンキを塗り(笑)、インパクトレンチを振るって製作!マイ工具があるのです♪
ほら、横から見たらスッキリ~♪

そしてインパクトや大工道具を出したついでに・・・いえ、その前に材料をホームセンターに仕入れに行った段階で、ハーモニカの修理工具を作ろうと目論んでおりました。
IMG_8073.jpg
↑コレ。(100均マクロレンズが役に立った!)
IMG_8070.jpg
先に刺さっているのはリベットです♪

実は以前にAさんにリベットを打つ時に使う工具の作り方を教えていただいていたのですが、鉄製のポンチの先端にうまく穴が開けられず「ウチにある工具では無理なんだ。」と断念していたのでした。
今回東京に行った折りに皆さんとリベット打ちの工具の話をしていて、この工具の作り方を改めて教えて頂いたのです。
金属のプロのOさんからお話をうかがって、なぜうまく穴が開けられなかったのか思いあたるフシがありました。

今回の製作手順。
5寸釘をガスコンロで炙ってなます。
IMG_8038.jpg
ガスコンロで鉄が赤くなるまで炙って、自然に冷えるのを待つと鉄が柔らかく加工しやすくなるそうです。なましと焼き入れについてちょっと検索してみました。なるほど!
以前私が穴を開けようとしていたポンチは工具なので、当然仕上げに焼きが入っているので固くて削れなかったのですね。
あ、ヤカンがかかっているのは我が家のコンロが空炊き防止機能があるので何かかかっていないと火が消えちゃうためですf(^^;

IMG_8066.jpg
冷えて柔らかくなった?釘を適当な長さに切る。糸ノコで気長にやると切れます。

FullSizeRender_20160610084150d20.jpg
切断面を金ヤスリで平らに整えます。

IMG_8068.jpg
インパクトの先端に1ミリ若しくは1.2ミリのドリルを付けて中心に穴を開けます。この時、リベットの長さやプレート・リードの厚みをよく考えて開けましょう。1.5ミリから2ミリくらいの穴が適当かと思われます。深すぎちゃったらまた金ヤスリで削って、穴を浅くします。

焼きなました鉄は焼き入れをしないといけないらしいけど、打つのはリベットだし、このままで大丈夫と思います。家のコンロじゃ温度の問題で不可能だし、付随する焼き戻しの作業もできないし。赤くなるまで炙って水にチャプンと付けて急冷するといいそうです。その後100度のお湯にしばらく付けておくらしい。(←ネット情報)

さっそく用もなく練習用のプレートからリードを外し、新しいリベットで打ち直してみました。
うん!今までよりずっと楽にキレイに留まります!
リベットが逃げてどこかに飛んで行っちゃうこともないし、リードに力が加わり過ぎることも無くまっすぐに打てる♪
やったあ!嬉しいなあ♡

IMG_8106.jpg
話は変わりまして・・・
今年、初めて梅酒を作ってみました。
そこかしこの野菜売り場や八百屋さんやらに青梅がいっぱい売ってあって、その横にはちゃんとホワイトリカーや氷砂糖やビンまで用意してあって、作りたくなっちゃった・・・
飲めるのは3カ月後以降らしいです。美味しいくなるのは1年後だって。1年経たずに無くなったりして(笑)?!

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ネジ止め でやっています。

私は、リード交換時の固定は
リベットを使わないで
ネジでやっています。
現在の方法にして
もう10年以上も経っていますが
これまで、弛み等でトラブリはありませんでした。

正しいやり方は
ホーナーのサービスの動画がyoutubeにありますので
そちらをご覧ください。
HOHNER Service Workshops:C08 - Reed Replacement

https://www.youtube.com/watch?v=-fVReyQfwA8

英語の解説ですが、やり方は解ると思います。
なお
HOHNER Service Workshops:は 
C01からC10までありますので、
他の動画も参考になると思います。


私は動画にある、道具を持っていませんので、
全く自己流でやっています。

最初、ネット情報に基づいてやってみたのですが
これは上手く行きませんでした。

現在遣っている方法のポイントは
Φ1.2mmのステンレスネジを使って
(ネット情報ではΦ1.4mmでした)
タップを切っり、
リードの固定をしています。

バルブを貼る時は、
バルブに穴を開けて
リードを固定しているネジに通し
接着剤で固定します。
(バルブの貼り方は
上のホーナーの動画でもそうなっています。)
(ネット情報では、
ネジを削って平らにしていた。)

なお、先日の書き込みの
入歯洗浄剤を使っての手入れをし始めてから
リードの寿命が延びていて、
このところリード交換していません。
それまでは三か月とか半年とかで交換していました。
無理やりに強く吹くことが無くなったからだと
思っています。

  • 投稿者: NOAH
  • 2016/06/25(土) 01:18:34
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する