演奏するって時々恥ずかしい。

  • 2016/03/29(火) 16:11:49

先日のレッスンで自分で譜読みして少し練習してから初めて先生にご指導して頂いた曲がありました。
実はこれ、私にしては珍しいこと。たいていレッスンで吹く曲は、まず曲を頂いて、譜読みを見ていただいて、前から順番に表現方法やテクニックや練習のコツなどを教えて頂く形なので、1曲が出来上がる過程を全て見ていただくことになります。
が、演奏会などで自分で選んで練習している曲はスケジュールによっては聴いていただけることもあるけれど、自分で仕上げて本番、ということが多いのです。

私にとっては一番最初の先生の「じゃ、吹いてみて。」がもっとも緊張する瞬間でもあります。
譜読みの正否、表現など自分なりの解釈と練習の結果なので、緊張するとともに不安感倍増
そして同時にものすごく恥ずかしい。本番のときはそういうものはもう振り切って一生懸命に奏でることに集中するのみだし、最初からご指導いただいている曲の場合は良いところも悪いところも全部知ってもらっている上のことなのでどうってことないんですが。こんなん思うの私だけ??

もちろん、アドバイス頂けることは自分の糧になることばかりなので、聴いて頂けるのはとてもありがたいことなのです。
今回はハンドビブラートについてアドバイスを頂きました。
曲全部にハンドビブラートをかけ続けるのはなかなか大変で、ちょっと集中して練習中です。

やり続け過ぎて手がツッた・・・
FullSizeRender.jpg
週末、植物園に散歩に行きました。
桜はまだ1分咲きって感じ。今週末くらいが見ごろかな?

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する