ブラスバンドとの音合わせ。

  • 2015/11/12(木) 14:13:19

一昨日、14日に共演させていただく京都府警察の音楽隊の皆さんと音わせをさせていただくために、音楽隊の隊舎にお邪魔してきました。警察学校の敷地内に音楽隊の隊舎があるので、久々に警察学校に足を踏み入れました。

京都府警察の音楽隊の皆さんは、京都府の公式行事をはじめ、交通安全運動などの支援演奏、青少年健全育成を目的とした小中学校での演奏会など、府民と警察のかけ橋となる広報活動を任務とされています。
制服姿、やっぱりカッコいいな(^^)
楽長さん以下20名ほどの隊員がおられるそうですが、この日は他の任務にあたられている隊員の方もおられたようで十数名の方とご一緒させていただきました。

楽譜はあらかじめ頂いていたので、まずは一通り演奏。
心配していたのは音量のバランスですが、やはり金管楽器が主のブラスバンド、パワフルな音量でした。
イントロのハーモニカソロは何とか聞こえますが、後半の合奏はやはり増幅しないと難しく、持って行った私のへっぽこアンプが思いのほか役に立ちましたf(^^; 本番はミキサーがおられるそうなのでアテにしているのですが、当日のリハをご一緒できないので若干不安が残ります・・・しかしながら、最終的には与えられた環境で一生懸命演奏するだけです♪

概ね楽譜通りで演奏することになりましたが、「エンディングにハーモニカの音を」と言っていただき、最後のキメの部分を吹かせていただくことに。アドリブは不慣れですが、せっかくのお申し出に無い知恵を絞りました。ほっ=3
グロッケンの部分を代わりに吹いて見たらどうか、などその場でいろいろとアレンジを考えてくださり、とても楽しく、刺激的なひとときを過ごさせていただきました。

練習前に楽長さんとお話させていただいている時、ご自身にハーモニカにまつわる思い出をお聞かせ頂きました。
「30年以上前に警察学校に入っているときに担当の教官が趣味でハーモニカを吹く人で、皆に聞かせてくれた。思い出と共にその音色を今だに覚えている。ハーモニカは音色が心に残る楽器ですね。」といったお話でした。
そして練習の折、「やはり歌のある楽器ですね。」とおっしゃってくださいました。
近頃、難しいテクニックに挑戦することに夢中になっていましたが(それはそれで大切なことですが)、そのお言葉で「そうだ、ハーモニカはもっともっと歌うことができる楽器だった。」と改めて思い出すことができました。

特に今回、ソロの曲は無伴奏で歌の曲を1曲演奏する予定です。
帰宅後、歌手が歌うその曲を色々なバージョンでたくさん聴きました。
歌うつもりで。歌そのもののように。
を目指して演奏します。

IMG_5271.jpg
今日は写真が無いので先日植物園を散歩したときの写真をペタン。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する