ライブに行ってきました。『Jack沖's day VS ボルボ上村バンド』

  • 2015/10/11(日) 12:20:49

昨日は久々に嵐山にある『ライブレストラン音や』さんでのライブを聴きに行ってきました。
本日のバンドは『Jack沖's day』さんと『ボルボ上村バンド』さんです。

まずは『Jack沖's day』さんの演奏でスタートでした。
インストのバンドでしたが、めっちゃ歌があった!
フロントは主にリコーダーそしてときどき鍵盤ハーモニカ、あとはキーボードにベース、パーカッション・カホン・三線とメンバーが色々と持ち変えての演奏。
音やさんに出入りしているミュージシャンが「なんとはなしに」集まって結成されたバンド(笑)とおっしゃっていましたが、それぞれのスキルが高いので誰がどれを弾いてもOK!
後から聞いたら10曲演奏されたそうですが、あっという間の時間でした。
選曲もホイットニーヒューストンやビリージョエルなどの歌モノあり、葉加瀬太郎の楽曲あり、と楽しかったです。
私としては、単音でメロディを奏でるリコーダーにとても興味が湧きました。
いままでも聴かせてて頂いたことはあったのですが、バンドの中でリードをとる音色、ステキでした。
音色の余韻がとても美しく響いていたので後からヴィブラートについてお尋ねしたところ、「特に意識はしていないけれど歌だと思って吹いてます。」なるほど。そう言えば彼女は歌い手さんでもあったのでした。
IMG_5009.jpg

後半は『ボルボ上村バンド』です。
ヴォーカル、ギター2本、ベース、ドラムの編成で日本の歌謡曲やPOPSをノリよく演奏してくれました。
鍵盤系の楽器はいないのに十分派手な音だなあ、と思いました。ギターのお二人は相当達人なのです。
ドラムの方は実は前半からずっと出ずっぱり。前半ではベースを主に(他にもやってた)弾いておられましたが後半のバンドではドラムス担当。鍵盤も管楽器もなんでもできるってスゴイ!
ヴォーカルは私の兄弟子です(笑)なぜに兄弟子・・・かと言うとウン十年前の幼少のころクロマティックハーモニカを習っていたそうです。私が習っていた先生のお父様に。極めて稀な出会い。
兄弟子はパワフルなオッサンですが、前にもちょっと書いたけど、2年前に病気で倒れました。でもパワフルなので、死の淵から帰ってきました。言葉も忘れちゃうくらいだったのに、色々と頑張って乗り越えて、これからも前に進んでいかれるだろうと思います(^^)書くたびに湿っぽいのも感傷的なのも趣味じゃないのでサラりと流します。
が、昨日のライブを聴いて「凄いな、不思議だな」と思うこと。
会話やMCなんかだとまだ言葉が聞き取りにくいこともあるのに、歌はなぜちゃんと歌えるんだろ?←しかもウマい。
言葉と歌は近いけれど違うんだね、きっと。
触れていないベース氏については・・・身内なのでw
IMG_5014.jpg
この写真は最後にゲスト二人が飛び入りした大賑わいのシーンです。
「君はファンキーモンキーベイビー」客席の後ろで踊ってました(笑)

実は今日もライブ観戦です♪
続く時は続くんだよね♪楽しみ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する