恵那峡へ。

  • 2015/04/03(金) 10:32:52

昨日、一昨日と近場ですが一泊で出かけてきました。
我が家では恒例となっている実家の両親と3人での1泊旅行です。
10年前に母がクモ膜下出血で倒れて体の自由がきかなかなくなり、なんとか5年前くらいから車椅子に座ることができるようになったので年に一度ですが、家から近い本来なら日帰りで行けるようなところへ一泊で旅し、旅行気分を味わう行事なのです。
こうして書いていると孝行娘のようですが、本当は普段はまったく実家の手伝いができておりません・・・そんな私が年に一度、お風呂の介助のためにお伴しているのでした。手助けになっているのか、なっていないのかもわかりませんがf(^^;

一昨年は赤穂、昨年は彦根、そして今年は恵那峡、と3回目になります。
今年もまたお天気が悪い中出発。
季節柄気候が不安定だものね・・・桜雨とか菜種梅雨という言葉もあるくらいだし。→と言ってごまかす雨女疑惑ナンバーワンの私(笑)

10時ころ出発し、ぼちぼちと休憩しながら2時過ぎには到着しました。
IMG_1735.jpg
今年もまたかんぽの宿です。(一緒に写っているのはかんぽのひよこ(笑) )
なぜかというと、かんぽの宿には障害者用のお風呂の設備が整っているのです。
うちの母の場合、自分で歩くことも立ちあがることもできないので、大がかりなリフトがあるお風呂でないと入れないのでした。

お部屋からは恵那峡が一望できるロケーション!
のはずだったのですが。
お天気が芳しくなく・・・
P4017206.jpg
水墨画のような風景です(笑)

インイベントの入浴タイムは。
母に、父が一生懸命「ママ、年に一回くらいは温泉入ろうね~。気持ちいいよね~。」と話かけていますが、母は、実はお風呂に入るのは少し嫌そうな顔をしています。娘の私にはわかる(笑)きっと話ことができたら「もう、お風呂はあんたたちみたいな素人に入れられるより、デイケアの人に入れて貰う方が楽でいいのに~。」と言うに違いない(^o^)私はこっそり「ママ、まあちょっと付き合ってよね。」と言っておきます。

ここの名物は飛騨牛と山芋と寒天そして山菜です。
IMG_1730.jpg
ビールとお酒を少々頂いて、私も温泉に浸かって、なんと22時就寝f(^^;

そして両親に合わせて6時半起床。
朝起きた時は谷中が昨日以上に真っ白で、何も見えないような状態でした。ところが、日が昇るとともにまるで幕が開けるみたいにスーッと霧が晴れて視界が開けました!
IMG_1744.jpg
IMG_1760.jpg

P4027226.jpg
桜はまだ3~4分咲きといったところでしょうか。
手前の満開のはおそらく杏、こちらは花の時期が少し早いので見ごろでした♪

途中、中央アルプスの山並みが見える絶好のスポットを通りました。
P4027237.jpg
ああ、写真では伝えきれない。。。
母の体調を考え、11時過ぎには帰路につきました。
行きも通ったのですが、小牧東インターから京都寄りに長~い桜並木があり満開でした!
高速道路の道沿いに2~3キロ(あるいはもっとかも)に渡って桜並木が続くのです。
IMG_1769.jpg
80キロのスピードで走りぬけているのですが、それでもピンクのカーテンがずっと途切れない、壮観な景色でした。

今年も無事に旅を終えることができました。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する