テナーハーモニカのメンテナンス。

  • 2015/01/24(土) 18:26:38

IMG_1003.jpg
見た目はただのCX-12ですが、実はこれ、一般的な3オクターブのクロマティックハーモニカより更に1オクターブ下の音が出るテナーハーモニカなのです。super64でも同じ音域が出るのですが、こちらの方が鳴らしやすい気がします。

前回のドイツの世界コンクールのアンサンブルで初めてテナーハーモニカを吹いたのですが、「テナーハーモニカでもやっぱ低音ってなりにくいなあ。」とずいぶん苦労をしました。3月の東京でのコンサートでもテナーを吹く曲が何曲かあります。明日、横浜で練習があるので、ちょっとお手入れをすることにしました。
久々に吹いて、音程もずいぶん狂っていたので調律も兼ねて分解しました。
IMG_1001.jpg
すると。
上げみがめちゃくちゃ広い!特に低音部がビックリするほど広かったです。テナーなのでもともと広め設定なのだとは思うのですが、それにしても広すぎ!これじゃ音が出にくいはずだわ・・・とりあえず一旦、めいいっぱい狭くしてテストしてみました。(上げみは広すぎると息がスカスカして息がリードを鳴らすまでに時間がかかり、狭いと詰まって音が鳴らなくなります)すると今度は1番3番あたりが吹き詰まります。シルバーと同じ感じでは狭くしすぎか・・・何度か調整をして手入れをする前の半分くらいの上げみでちょうどいい感じでした。
IMG_1002.jpg
普段はストレート配列の楽器を使っているのでクロス配列の楽器の調律は始めちょっと戸惑いました。が、調律もかなり狂っていたのでほとんど全部のリードにヤスリをかけることになり、配列の違いにもすっかり慣れました・・・
少々時間がかかりましたが、とても吹きやすくなりました。
もっと早くに気付けばよかった!

では、練習に行って参りまあす♪

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する