ハーモニカマニアの皆さまへ音源ご紹介♪

  • 2014/07/22(火) 16:18:15

マニアの皆さまはもうとっくにご存知かもしれませんが、音源を一つご紹介させていただきます(^^)

昨年の10月タワーレコード渋谷店リニューアル1周年記念として発売されたシリーズの一つに「ハーモニカ ジョン・セバスチャン」というCDがあるのです。
1958年に録音されて原盤の音源はたった300部しか製作されなかったという幻のLPだそうです。
チェンバロの伴奏のクラシックの古典曲から近代の曲まで、素晴らしい演奏が聴けます!
そして古い録音だというのに音質も素晴らしかったです。当時の録音状態がよかったのか、復刻する時の現代の技術が素晴らしかったのか、私にはわからないのですが、とにかく良い音です。
ソロのオリジナル曲が収録されているのですが、コチラも一聴の価値あり!私は大変気に入りました。。。

ちょうど、旅から帰り途に同門の大先輩からこの情報を教えていただき、帰宅後即、タワーレコードのオンラインでポチったのでした。(お値段は1,234円です。)CDは2日で届き、すぐに聴いていたのですが、ご紹介が遅くなりましたm(__)m

それにしてもCDの題名「JOHN SEBASTIAN, Mundharmonika」(「ハーモニカ ジョン・セバスチャン」)とめっちゃシンプルなんですが、もとからこういう題だったのでしょうかf(^^;

P1000016_2014072216010720a.jpg
【曲目】
1.フランチェスコ・マリア・ヴェラチーニ:ソナタ 第1番 ヘ長調
2.ゲオルク・フィリップ・テレマン:ソナタ 第1番 ト短調
3.ヨハン・セバスティアン・バッハ(セバスチャン編):イギリス組曲 第2番 イ短調 BWV807から ブレー
4.ダリウス・ミヨー:ハーモニカとオーケストラのための《イギリス組曲》から 水夫の歌
5.アラン・ホヴァネス(セバスチャン編):7つのギリシャ民族舞曲 作品150から
第1曲:セリブリアのシルトス
第2曲:スィート・バジル ― 緑
第3曲:カラグーナ
第4曲:ツァコニア舞曲
第5曲:牧歌
第6曲:スースタ
6.モーリス・ラヴェル(セバスチャン編):亡き王女のためのパヴァーヌ
7.ジョン・セバスチャン:フラメンコ風練習曲

【演奏】
ジョン・セバスチャン(ハーモニカ)
レナート・ジョシ(チェンバロ、ピアノ)(1-6)

【原盤】
Deutsche Grammophon

【録音】
1958年5月20-21日 ベルリン、イエス・キリスト教会

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する