北海道旅日記2014 その2

  • 2014/07/11(金) 09:02:49

コテージ前の小川を朝もやの中で撮影。
o0640048012989752235[1]
この旅行中、なんだかとっても早寝早起きでした。
いつもは2時くらいまで起きている私が9時とか10時に就寝!
なので夜中目が覚めます。朝かと思って目覚めたら1時とか。もう一度寝るのですがそれでも5時ころにはお目目パッチリです。
o0640048012990156776[1]
朝からコテージの周りを散歩していたら、今まさに脱皮中のトンボを発見!このでかさ、オニヤンマかな?
羽をのばしていたようです。しばらく眺めていたらフワリ!
飛び立ちました。トンボの初飛行に立ちあいました(^^)

P7015829.jpg
のんびりと林や草原を満喫して旅立ちました。素敵なところだったのでまた来たいです。

P7015851.jpg
十勝のワイン城に寄りました。例年は観光地はパスして走りまくっているのですが、今年の日程はずいぶんゆっくりなので時間つぶすのに一生懸命です(笑)
P7015853.jpg
この写真はお気に入りの一枚。なんだか外国みたいです。

P7015860.jpg
黄金道路を通って一路襟裳岬へ。
黄金道路・・・とてつもなく建設に費用がかかったそうです。たしかにスゴイ断崖にあったり、海のきわだったり、トンネル掘りまくりだったり、お金がかかってそうです!
P7015858.jpg
道端に滝がたくさんあります。とても水が澄んでいます。昆布の産地で、漁師のおかみさんが昆布を洗っていたりします。


早々と宿についてしまったので、車を留めてから襟裳岬へ。
本当に宿の裏の斜面を登っていったところに灯台があります。
o0640048012990157676[1]
この場所はいつ来ても風の強い場所です。

o0640048012990157810[1]

P7015875.jpg
エゾキスゲが花盛りでした。
北海道の野の花って黄色に、ピンク、紫に、とカラフルです。
P7015901.jpg
夕暮れから夜にかけてもう一度灯台に上がりました。
写真ではつたえきれませんがとても幻想的な景色でした。
さらに夜更け、今度は星を見に表にでました。天の川までバッチリ見えました!流れ星も。


翌日、襟裳岬から一路道南方面の八雲というところを目指して移動です。
この日は結構移動距離があり高速道路も走りました。まあ、北海道の道は下道も高速なみですが。信号もないし。

P7025906.jpg
サラブレッド銀座を通過。


夕方に宿に着きました。この場所へはこの宿のためにだけ来たようなものです。
大正時代から営業している老舗の温泉宿で、お庭とお風呂がなんとも素晴らしいのです!
o0640048012992296021[1]
このつり橋、宿の敷地内にある私有物です!
宿の建物を中心にして徒歩10分の場所に外湯があります。それも5つも!
5つが並んであるわけじゃなくて、宿を中心にそれぞれ違う方向にあるのです・・・森一つ分、温泉です。
どんだけ広い敷地だ!その温泉までの道もちゃんとキレイに整備されていてお散歩にも持ってこいです。
お風呂は貸し切り。

o0640048012992295988[1]

P7035916.jpg
川のほとりの「どんぐりの湯」。今回の旅では2か所入ることができました。前に来たときは1つだけしか入れなかったので、これで3つ、制覇です。

さあ、残すは小樽に2泊、船中2泊です。
もういちど『つづく』

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する