2014F.I.H.コンクール後記。

  • 2014/06/16(月) 23:14:41

先ほど東京から帰ってきました。
コンクールは15日だったのですが、14日にピアノ合わせのために東京入り、そして昨夜の打ち上げに出て、今日は帰りにちょっと新幹線を途中下車して寄り道していたのです。(こちらについてはまた後日。)

コンクールの結果の方は今年は入賞ならず、でした。応援してくださった皆さま、ありがとうございました。
今年は「カプリース」という曲を吹きました。後半が変拍子のロンドになった、どちらかというと華やかでパワーの必要な曲です。パワフルが売りの私向きかな、と思い選びました。
昨年が2位だったのでもちろん今年はそれ以上を目指して練習に取り組んできましたが、夢果たせず。
パーフェクトに仕上げて行ったつもりでもリハや本番、人前で演奏する段になると思いもよらないところで躓きが。逆に間違えそうなところは案外すんなり吹けたりするもんです。
舞台ではたいして緊張しているという自覚もないのですが、本当にこの落とし穴をクリアするのは簡単ではありません。
あ、でも間違えたことを知らん顔して「あら、こんな曲なのよ~」と吹くワザや、間違えてもそこから崩れないようになったのは成長かもしれないです(笑)

また来年がんばります・・・といつもなら言うところですが、実は今年は結果がどうであれ来年のエントリーはやめるつもりで出場しておりました。コンクールより先にもう少し腰を据えて勉強すべきことがあるような気がしております。本当は今年、満足のいく結果を残してその勉強に取り組みたかったところですがそう簡単には参りません。
今までは勉強しながらコンクールにもチャレンジすればいいわ、と思ってやってきましたが、毎年のことながら次回のコンクールの予選まで9カ月しかありません。目の前に課題の曲があると、ついついそちらが気になってしまい、やるべき勉強がおろそかになりがちです。ちょっと同時進行は無理かなあ、力を蓄えるときかなあ、と思っています。
ある先生が講評のとき、「入賞者はここからがスタート。」とおっしゃっていましたが、まさにその通りで前回のコンクールの入賞から新たな課題が山盛りです・・・
そう思う反面、正直なところ「自分がチャレンジしていない間にも大会は開催されているし、入賞者は出ている。」と思うとそれはそれで自分のチャンスをみすみす諦めているようにも思えます(笑)でも、まずは自分の勉強が先だな。余力があれば、ってことで。

さしあたっては7月の合宿と8月に西日本ハーモニカコンテストの前回優勝者のゲスト演奏があるのでそれに向かって練習です!ゲスト演奏、何を吹こうかしら。
P1000025.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

これからも楽しみですね♪

コンテストの挑戦お疲れ様でした!
どこまで行っても課題はなくなることはないのですね。
西日本ハーモニカコンテストのゲスト演奏楽しみにしております。
私は予想通り予選を通過することができませんでした。それでもチャレンジ出来て良かったと思っています。その際は質問させていただいて答えていただいたこと夜分遅くなのに有り難うございました!
次回があるのかどうかは想像もできないのですがもう一度チャレンジしたいと願っています♪

  • 投稿者: はな
  • 2014/06/18(水) 14:43:28
  • [編集]

>はなさん
コメントありがとうございます♪
はなさんもチャレンジ、お疲れ様でした!
何もしないよりも絶対、何か掴んだものがあると信じてこれからもチャレンジしていきましょうよ~(^^)
私もまたコンクールもチャレンジします♪来年かどうかはわからないけど。。。でもまた絶対挑戦します♪
西日本の演奏、良い演奏ができるようにがんばります!

  • 投稿者: のん
  • 2014/06/21(土) 13:16:47
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する