ドイツ・オーストリア旅行記 その3

  • 2013/11/12(火) 17:01:51

写真多いですm(__)m

11月1日。
今日は演奏も練習もコンサートの予定もなく一日フリーの日!ず~っとハーモニカ漬け、そして団体行動が多かったのですこしだけ離れたくなりました。
にもかかわらず・・・・。

11月1日。この地方では万世節という祝日で、ありとあらゆるお店が閉まってるの!!ガソリンスタンドもスーパーですら!いわば昔の日本のお正月状態です。

空いているのは少しのカフェとレストランくらい。
そこで大都会のシュトゥツガルトまで足を伸ばしてテディベアの老舗シュタイフ社の見学にいくつもりだったのだけど、電車のチケットの手配がうまくいかず、シュベニンゲンで過ごしました。

でも、せっかくのオフだし、楽しもう!

ってことでぶらぶらと街へ。
1PB013503.jpg
ショーウィンドウもかわいい♪
けど、閉まってるの、お菓子屋さん(TT)。。。



6PB013501.jpg
見よ、この静けさを。お天気も芳しくなく、霧の中。
これでも朝の9時よ。

すっごく寒かったので途中暖かいものを飲みにカフェに入りました。


3PB013509.jpg
街の店先にはこんな木馬(?)がたくさんあります。お買いもの中のお母さんを待ちながら、子供たちが乗って遊ぶみたい。



11PB013524.jpg
街の広場。週に何回か朝市が開かれるんだって。
PB013519.jpg
前回も今回もチャンスが無かったなあ。



4PB013514.jpg
石像と噴水がありました。
Mr.「ずいぶん今日は冷え込むなあ。日によって全然温度が違うな。」



13PB013527.jpg
素晴らしくキレイな紅葉の蔦でした。


14PB013542.jpg
まさに秋真っ盛り。いえもう、晩秋の気配かな。


PB013506.jpg
PB013507.jpg
ちょっと変わった植物も。このままテキスタイルの図案になりそう。



電車を待っていると機関車が走って行きました。
観光列車?現役の客車?
16PB013544.jpg



電車に乗ってトロッシンゲンへ。
コンクールが気になり、結局見に行ってます(笑)

まずは腹ごしらえ、と駅前のドイツ料理屋さんに入りました。
18P1000180.jpg
今日は練習もないし昼から飲んじゃえ(笑)
・・・と思ったら小アンサンブルの練習をすることになり、ガ~ン!!


19P1000182.jpg
小麦の皮にお肉を包んだもの→焼いて輪切りにしてオムレツにイン。
ちょっとしょっぱかったけど美味しかったです。

とりあえず1B会場(クロマチック・ソロ)の中学校で少し聴き、今度はオープンカテゴリーの会場に移動。

23PB013563.jpg
またもや街を散策。
だあれも居ないねえ。

人が居なかったのは写真撮り放題でかえってよかったかも♪
お買いものに気を取られずゆっくり散策もできたし。


しばらく歩いてオープンカテゴリーの会場に到着。
P1000193.jpg
オープンカテゴリーは何でもありのカテゴリーです。編成や伴奏の条件などが他のカテゴリに当てはまらないものがみんなこのカテゴリーでやる感じ。クラシックのデュオのピアノ伴奏ありもここになるし、クロマチックと複音の2本使いもここ。ジャズ、ブルース系の方もおられます。
面白かったのはミュージカル調?というかドリル演奏風というか、マレーシアの若者がセビリアの理髪師を踊りながら満面の笑顔で吹いていました!面白かったし演奏は見事でした。(このカテゴリの優勝でした。)


ひとしきり歩いたあとティータイム。
街のアイスクリームショップに入りました。
若者の定番待ち合わせ場所なんだそうです。
老いも若きも男も女もみんなでっかいパフェを食べてました!

Mr.「のん.たちが頼んだのはピスタチオのパフェだって。でも3人で一つだよ。」
27P1000191.jpg
Mr.「だってこんなに大きいんだもの。でものん.以外の若い娘二人はホットショコラとこれを食べていた。
…ムリだろ。」

そう、Mr.の言う通り、甘いもの×甘いものでさすがに彼女ら胸やけしてた様子。
私はコーヒーだったから半分以上パフェを引き受けました♪
ピスタチオソースが美味しかったです♪生クリームもそんなに甘くない♪


この後、ホテルに帰って練習をして休みました。
晩ご飯?
このパフェを食べたらもう晩ご飯は食べられませ~ん!

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する