新しくテナーハーモニカ入手。

  • 2013/08/11(日) 12:46:57

あ、暑い・・・午前中はエアコン我慢していますが、窓を開けても入ってくる風が熱風(^^;
でも冬が超苦手な私は暑くても夏の方がマシ!開放感~♪・・・(でも暑い。)


そんな中、小包で新しいハーモニカが届きました。
P8102824.jpg
CX-12のテナーハーモニカです。見た目は他のCXシリーズと一緒。カバーだけ手持ちのCX-12JAZZ(ブロンズカラーのキラキラのやつ)と替えちゃおかな(ハデ好き?!)
いつも吹いているハーモニカのさらに1オクターブ下まで出ます。
4オクターブハーモニカの下から3オクターブ分の音域です。

なんで買ったかというと、ハーモニカマニアだから・・・じゃなくて、ドイツのコンクールで小アンサンブルもエントリーしているのですが、そのアンサンブルで一番低音の3rdパート担当になったのです。

おんなじ音域がでる4オクターブハーモニカより低音でもリードが鳴らせ易いです。
これはこれで面白い♪
かくして、また私のハーモニカコレクション(?)が増えたのでした。



ちなみに今なにを練習しているかと言うと…本番を控えた曲がたくさんです。しかも1、2曲づつ披露とか、コンクールとかだから1曲1曲がデカくて重い(笑)…この感じわかります?

ドレミの歌(デュオ)
ムーンライトセレナーデ(デュオ)
セレナーデ
仔犬のワルツ
マラゲーニャ
カルメンファンタジー
IMPROMPTU
ハーモニカのための3つの組曲:第一楽章、第ニ楽章(アンサンブル)
何といっても難関、課題曲

10曲。
ジャンルがめちゃバラバラ(^^;
披露するところが保育園とかゲスト演奏とか色々だからなのですよ。
9月6日、7日にそれぞれ関係者のみの会での演奏があり、久々の本番にワクワクです。


本当はこれプラス、発表会の大アンサンブルの曲が5曲。
G線上のアリア、見上げてごらん夜の星を、故郷の人々、パッフェルベルのカノン、花は咲く
もうちょっと先なのでこちらは少し寝かせておきます。寝かしておいたら熟成…せんわなあ(笑)




スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する