防音室の仕様。

  • 2013/06/24(月) 02:12:19

コンクールに前後して、過去記事に防音室についての質問がありました。
作ったのは今から1年半くらい前、その時もレポートはしていたのですが、その後の様子や使い心地など、ご紹介しようと思います。

うちの防音室はリビングの一角を仕切って一部屋作っています。壁もあるので今は完全に別室です。
P1000610.jpg
出入り口は重たい2重の引き戸です。ロックをかけると気密性があがりますが、昼間の練習ではあまりそこまで気にしません。


P1000611.jpg
入口の段差。
もともとあった部屋の内側に10センチほど床・壁・天井それぞれ作っています。部屋の中にもう一回り小さい部屋を作った感じです。



P1000613.jpg
もとの窓と内側の窓。外側の窓も二重ガラスですが、あまり効果はなく、サッシも2重にしてやっと音を遮ることができました。



P1000617.jpg
天井。吸音材の天井です。指でグッと押すと跡がつきます。



P1000619.jpg
防音室の外?に半畳分のスペースがあり、そこにパソコンを置いています。この場所はもともとあったのdせうが、これの内側に10センチずつ壁が出てくると使い道がなくなってしまうので、内側に会えて防音のドアをつけてこの部分は書斎スペースにしています。


P1000624.jpg
扉を閉めると部屋は無くなります・・・


P1000626.jpg
机の反対側には、もの入れの水屋とオーディオ、電子ピアノ譜面台が所狭しと置いてあります。こちらの壁全面に作りつけの棚を作ってもらおうと計画中です。オーディオ関係がいまのままだと使いにくくって・・・
あ、部屋自体の大きさは3畳半~4畳まで、って感じです。


P1000634.jpg
壁にはミニハーモニカのコレクション。


P1000635.jpg
そして忘れちゃいけないのは、この部屋の主、コザクラインコのまりも君です。うるさいと防音室のドアをしめられます・・・(^^;



防音室の性能としては、アップライトのピアノならばこの中であれば夜中でも演奏可のようです。
実際私がフルパワーで吹いていて、ガラス越しのリビングにいる家人に何か言われたこともありません。
私が「どれくらい聞こえてるの?」と尋ねると「テレビが普通に見られる程度。なんの曲を吹いてるかくらいはかすかに聞こえる。」とのことでした。


試しにステレオを最大ボリュームでかけましたが、テレビくらいは平気で見られました。


うちの防音室はあくまで音をシャットアウトすることが目的なので若干部屋の中の音の響き方など、気になるところもあります。が、電気系の楽器ほどは気にならないです。本当は吸音材、反射材など色々組み合わせてベストな音の響きを創り出すものらしい。でも私が求めていたのは録音スタジオじゃなくて迷惑かけずに練習できるスペースが欲しかったので目的は達成しています♪

あ、まりも(コザクラインコ♂9歳)はハーモニカの音に辟易としているかもしれない!!

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する