コンサートへ♪~シャンソンとショパンの調べ

  • 2013/05/25(土) 15:55:48

昨日はお友達に誘っていただいてシャンソンとピアノのコンサートに行ってきました。
今週は運動不足だったのでお家から会場まで4キロちょい、なんやかんやで5キロくらい歩いて行ってきました。先日購入のおNEWのスニーカーパンプス、大活躍です♪


それはさておき、生演奏を久しぶりに満喫しました。
「音は出すばかりではアカンなあ。入れることもしなければ。」とつくづく思いました。
この時期に演奏会に行けたのはよかったです♪
それから指定席の前の席に舞妓さんが居てかんざしや襟足のお化粧が間近で見られて嬉しかった(^^)


さてコンサート、メインはシャンソンの歌ですが、ついついバックバンドに目も耳も行く私。
ピアノ、バイオリン、アコーディオン、キーボード、ドラムの構成でした。
パリの空の下、とか愛の讃歌などなど。たっぷり堪能しました。
セットリストの構成や衣装も楽しみましたよ。


そしてショパンの方はゲストの若い(21歳ですって!)女性ピアニストが4曲、演奏されました。
ドイツで修行中の方だそうです。
ショパンのノクターン(遺作)、革命のエチュード、雨だれ、ピアノソナタ第3番(第1.4楽章)でした。ショパンは大好きです。ピアノ最も難曲と言われるピアノソナタ素晴らしかったです。
1音1音を慈しむようにそして一生懸命に弾かれていたのが印象的でした。
どの曲も完全暗譜で演奏、凄いなあ。1曲だけでも不安な私(^^;

でももっとすごかったのは、このテクニカルなピアノソロの後、またシャンソンのステージに戻るときにあえてピアノのソロから始めたバンドのピアニスト。こちらは男性、MCから推定、50歳過ぎ。音と戯れように楽しげに弾かれていました。これが聴かせるんだわ!

ピアノはもちろん会場にある同じピアノを使うのですが、弾き手によって音色が違う。確かに違うのです。
若いフレッシュな音と艶めいた音。
対照的でした。
演奏には色んなモノが出るのですね。改めて思いました。

そして、今年のコンクールはたまたま私と同じ曲でエントリーされた方が他に2人いるそうで(これまたプレッシャーなのですが)私の曲が奏でられればいいな、と思いました。


良い夜でした。


*******************************************

今日は画像が無いのでこの2、3日のおやつの写真♪
P1000303.jpg
頂き物のオレンジと甘夏で作ったゼリー♪
P1000256.jpg
クランベリーとレーズンのパウンドケーキ♪

歩いてもこんなん食べてたら意味な~し!?

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する