270DXさらにカスタム、マウスピース効果。

  • 2012/12/29(土) 12:05:43


先日のChromonica270DXカスタム、またカスタムしました。どこでしょう?




答:マウスピースです♪
丸穴金メッキを四角穴漆塗りに変えました。

手持ちのChromonica270のマウスピースだけ、漆塗り加工してもらったのです。
DXはデフォルトが丸穴なので。。。

ハーモニカ吹きはマウスピースの滑りが重要です。緊張で口が乾くと演奏にも支障が(>_<)メーカーからマウスピースを滑らせる塗布剤が販売されているくらいです。(試したことありません、どなたかレポートをお願いします!)

ではちまたで噂の漆塗り、その使用感は?!

...うん、舌に優しい♪
吹き口の内側にも漆が塗り込んであるので金属の切りっぱなし感がなくなり当たりが柔らかです。
金メッキも同様に切り口が丸みがでていいのですが、漆は冷たさも軽減♪
タングブロックで吹く人にはこの穴の内側の丸みはありがたいです!

そして、改めて発見も。
やっぱり丸穴より四角穴の方が音量が大きくなる!
私はSilverconcertoを持つまでは舌が痛くならないから、丸穴派だったのですが、Silverに代えてから四角穴に慣れました。
単に面積の問題で四角の方が穴が大きく息の無駄がない、と聞いてましたが当時私は「ちょっとのことやし、そんなに変わるもんじゃないやろー。」と思っていました。270(四角穴)と270DX(丸穴)であればむしろDXの方が大きい音だ、と感じました。(DXはリード厚みが少し厚い
からその影響もあったと思われる。)

音が大きくなったのは楽器を変えたからだと思っていたのです。

ところが。
今回、同じ楽器で四角、丸吹きくらべて見ると…
全然音の抜け感が違います。リードへのリスポンスが良くてスカッと出る感じ。
昔、吹きくらべたころって、きっと四角穴を鳴らしきる技術がなかったのねん。(丸も四角も有効な息の量が一緒だった→つまりmaxの息量を使えていなかった。)
ちょっとはタングブロックの極意に近づけたのかしら?(^-^)v

漆マウスピースの滑り効果と、四角穴によるリスポンスの向上と、Discovery48のカバーで、2番手君、お気に入り度急上昇中です

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

漆の効果

かなり漆の効果よさそうですね。
いいですね。
漆を塗ってもらうのって
費用はどのくらいかかるのでしょうね。
興味があります。

  • 投稿者: 風雅
  • 2012/12/31(月) 09:21:23
  • [編集]

>風雅さん
私は個人的に塗りをお願いしたのですが、
もしブログでお問い合わせがあれば漆ハーモニカの公式HPをご案内してください、とのことでした。
コチラ→http://www.urushi-harmonica.com/
お問い合わせメールでご希望の仕様ができるか、お尋ねになってみてくださいね(^^)相談にのってくれると思います。

  • 投稿者: のん.
  • 2012/12/31(月) 15:00:46
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する