Chromonica270カスタムをさらに改造。

  • 2012/12/20(木) 15:04:28

私のメイン楽器はsilverconcertoですが、2番手(かつての一番手)はharp onlineというハーモニカカスタムのメーカーから個人輸入した、Chromonica270DXのカスタムバージョンです。
こちらはボディは透明アクリル、リードプレートもメッキされ、両面別にネジ止めです。
そしてマウスピースは私の趣味で金メッキに出しています。
低音部の鳴りが悪く、若干初期不良気味でしたが、吹き込むにつれてだいぶ馴染んできました。
木製の音も大好きなのですが、いかんせん変形が...(>_<)

ちょっと本題からそれました。
今回のカスタムはカバーの交換です。
クロモニカのデフォルトのカバーは端っこが切りっぱなしに近く、熱くなって吹いていると左手に力が入って痛い。。。(私だけ?なんせsilverのカバーを握って変形させた力持ち...)

そこで!

今年のはじめに発売されたDISCOVERY48。
こちらのカバーに目をつけていました。
とっくに手に入れてたんですが(過去記事「DISCOVERY48来た!」 http://handcuffs23.blog92.fc2.com/blog-entry-1007.html 参照)合うネジがなくて頓挫していました。
最近、ハーモニカの修理に詳しいマイスターK氏からネジをわけていただき、ついに取り付けました!






何とかついてます。マウスピース等のパーツは270と汎用性があるとのことでしたが、カバーは全体に1~2ミリ大きい

対応としては、スぺーサーをペンチで少し内側に曲げることで安定性を確保。
それでも左右の幅は穴の位置の関係もあり、片方に1ミリほど飛び出す格好に。↓

スライド側はピッタリ。


反対が1ミリほど出っ張るのです。

でも、吹き心地はなかなかいいです。しばらく試して見ようと思います♪

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する