オーディオインターフェース設置♪ついでにマイクスタンド作った♪

  • 2017/03/09(木) 01:08:39

快適なパソコン環境にウキウキの のん.です♪

昨日、オーディオインターフェースをつなぎました。
以前から使っていたUA4FXはもう随分古いモデルで、新しいパソコンでは対応できないのでこちらも新調しました♪

Steinberg社のUR12です。
IMG_1833.jpg

年末にデスク周りの配線もキレイに整えてあったので、つなぎ替えもスムーズにできました(^-^)
さっそくテスト録音したところ、快調です。前のパソコンはノイズは多いし、最終的には一曲終わるまでにパソコンがついていけず途中から無音になったりしていたのです。
私はそんなに宅録をする方では無いのですが、曲の仕上がりを客観的に聞くのにやっぱり欲しいシステムです。
CUBASEの勉強も機械が止まるのでできず、中途半端になっていたけど、これで再開できそうです。ソフトもバージョンアップしました♪
他の音楽ソフトも使いたいな😊❤️

で 、録音してたらマイクスタンドが欲しくなっちゃって。
いえ、ちゃんとしたスタンド3本も持っているのですが、大きいので録音のたびに出し入れするのが大変で。スペースも結構いるし。
譜面台にサッと取り付けてパッと外せるやつできないかなあ…と思って部屋を見渡すとお誂え向きのものを発見。
フレキシブルアームのクリップライトです。

このクリップは相当強力だしいいかも♪
ライトを壊すわけにはいかないので似たようなパーツをネットで検索したところ、使えそうなものを見つけました。
IMG_1842.jpg

色々な種類があるようですが、私はクリップの大きさが想像できなかったので大小付いているものを選びました。ハナから改造するつもりだったし。625円也。
夜に頼んで翌日のお昼に着くって、どういう仕組みだろう。便利だけど、近頃よく宅配業者さんが悲鳴、など取り上げられているよね…。ありがたく使わせてもらお。

いざ開封してみるとクリップ大の方は大きさ過ぎて譜面台の板の厚みでは安定しません。小の方でいい感じ。
じゃ、大クリップ外すか~。
しかし、ネジがホンマにしっかりロックされていて外れません。
クリップの支点をニッパーで潰して抜き取り、それからネジザウルスで回してもまるでダメ。
最終手段、ワッシャーの切れ目を小さなドライバーでコジて引きちぎるように外したところ、急にネジが回り、クリップ外れました。
IMG_1843.jpg


次は手持ちの余っているマイクホルダーを加工。
調べたところ、私が買ったアームクリップは特殊な径のナットらしくそのままではホルダーにはまらないようです。見た目ほとんど一緒なのに。
そこで外したナットをマイクホルダーに側に埋め込むことにしました。重要なジョイントなので外れないようにしなくては。
私の工作道具に常備されているパテの登場です。造形をする人の間で『馬パテ』と呼ばれてる定番の品物。パッケージに鉄の馬の像を修復している写真が載っているからこう呼ばれています。
2剤を練る混ぜて使うのですが、1時間ちょっとで硬化し固まると金属のように硬くなるというのがうたい文句です。
念のため2時間ほど置きました。
IMG_1845.jpg

ヤスリで表面を整えて完成。
さすが『馬パテ』、ナットの奥にもパテを詰めて、ネジ溝を切っておいたところ、硬化後はネジ溝として機能してる!
仕上げにパテのところだけ色が違うので後から黒のマジック塗っときました♡
IMG_1848.jpg

SURE58のマイクの重量にも耐えます。一番弱いと思われる水平方向でも下に垂れることなく保っています。さらに角度に工夫すれば余裕です。
IMG_1849.jpg

市販品で2,000円弱で同じようなものがあることを後で知りました😆(しかしながらクリップがプラスティックらしく保持力がイマイチという購買者からのレビューでした。)

まあ少しの手間と625円で満足行くものが出来たからいいか♡
さっそく今、練習中の曲を録音してチェックしてみました。

思わぬ副産物として、愛用のクリップ式のメトロノームを挟むと顔に近くなってめちゃよく聞こえますo(^o^)o
IMG_1853.jpg

スポンサーサイト