音階ばかり。

  • 2013/11/28(木) 00:30:20

また、ポジションやフォームの改善に取り組んでいます。

一度目はパッカー奏法からタングブロック奏法へ、2度目は我流のタングブロック奏法から正しいタングブロック奏法へ、今回は舌のポジションや口の中の空間の安定や、喉の開け方などのマイナーチェンジが目標です。
毎日ロングトーンと音階ばっかりやっています。
いつもと少しでも違うと早吹きなんてまったくできません。
口の中の何ミリかの違いだけなのにね。リードが0.何ミリでも違うんやから当たり前といえば当たり前ですが。

イヤになって前の吹き方に戻しちゃおうか、とも思ったりもするのですが、ここが頑張りどころ!
たぶん、『粘りのある音』『滑らかな音』を自分のものにするにはやるしかないんだろうな、という結論にようやく達しました。

1カ月でできるやろか。
・・・。まあ無理やろな、数字譜から穴番号譜に変える時も結構時間かかった。
あ、でも、5か月でいつの間にかどちらも読み分けができるようになりました♪慣れる、ってスゴイ。

1カ月での習得を目指しつつ、諦めんとがんばろ。
2回も大改造をやったことを思えば今回のマイナーチェンジはチョろいはず!(と、自分に言い聞かせてみる。)


DSC_0262.jpg
ドイツからがんばって持って帰って来たビール。
ペットボトルなのでよかった~。
飲んじゃった~。美味しかった~。でも、一本間違ってノンアルコールだった~

スポンサーサイト

ライブ告知&原点に戻ってる話。

  • 2013/11/25(月) 09:36:49

旅行記をか書き終えてしばし更新に燃え尽きておりましたf(^^;

そして帰ってきて早々にJEUGIAさんでのレッスンも始まり、それからクリスマスパーティでの演奏の準備など、色々行事は目白押しでした。

練習の方はお題の通り『原点に戻る。』
今月、来月のテーマです。コンクールが終わった直後の今だからこそ取り組めるように思います。
今更ですが、わが師の出しておられる入門編のレッスンビデオ(今はDVDだけど)を見ました。今まで見たことがなくて、生徒さんにお教えするお勉強も兼ねて見ました。自分が直接習うことも勉強ですが、人さまにお伝えすることもこれまた勉強であります。発見がたくさん!

楽器ってやり始めが肝心、と自分の体験を振り返ってしみじみ思います。
どんな楽器でもちゃんと音が出せるようになるまでが結構大変ですよね。ここで諦めてしまう方も結構多いですが、乗り越えられるように寄り添っていければ、と思います。まずは楽しくないと、ね♪


****************************************************
JEUGIAミュージックサロン京都さんのHPはコチラ
JEUGIAミュージックサロン京都
入会、随時受付中です♪無料体験レッスンもありますよ♪
*****************************************************

京都駅に近くて(近いというか、ほぼ敷地内みたいなところ。)便利です。そして今年の春にできたところで設備もとってもキレイ!また教室の様子など近々UPしますね!




そしてもう一つはクリスマスライブの準備です。
来月12月15日(日)、ライブレストラン音やにて久々に対バンライブです。
私はいつもご一緒していただいている、同じくクロマチックハーモニカプレイヤー北村サユリさんとのデュオ『kyo-scramble』にて出演。
それぞれのソロ演奏に、デュオの曲も。
3年前にコンクールで入賞した曲を久しぶりに演奏します

今回の出演は女性ばかり6組。
演奏ジャンルはPOPS、オリジナル、クラシック、グループもいればピンの弾き語りも、と様々です。

そして…出演者は何かのコスプレをします(笑)
これがいつもみんな色々凝ってねf(^^;何年か前にも出させていただいているのですが頭を悩ませるのよね~。
アニメ系あり、ナース、メイド、魔女、サンタガール、トナカイガールetc.
アニメ系コスプレで声楽の人が歌ったり、着ぐるみでめちゃクラシックだったり、結構面白い景色が見られます♪

ちなみに今まで私がしたのはサンタガール(ベタ)、それから金髪のカツラを被ってオスカル(ベルばらよ、ベルばら!)、チャイナ(二胡の友達と出たので)でした
今回は…もう決まってます。ウケるか外すか…ドキドキ(笑)


**********************************************************
日時:2013年 12月 15日 (日曜日)
場所:京都市右京区嵯峨柳田町33-1「音や」 TEL:075‐862‐1225     
otoyalive.web.f​c2.com/
OPEN 17:00 START 18:30~
チャージ \2500円(クリスマスプレート(食事)&1ドリンク付き)
「音や恒例 美女だらけのクリスマスコスプレナイト」

***********************************************************




P1000371.jpg
のんこちゃん、ヴァイオリンを始める?!
音楽の都ウィーンで買ったヴァイオリンのミニチュアです♪

ドイツ・オーストリア旅行記 その8

  • 2013/11/19(火) 17:15:01

11月6日。
ウィーンで過ごす最後の日です。
熱いお風呂と薬が効いたおかげでずいぶん風邪はマシです。よかった。

朝少し早く起きて音楽の巨匠たちが眠る中央墓地へ行くつもりで出発しました。
P1000332.jpg
トラム(路面電車)に乗って出発♪
しかし、どういうわけか反対方向の路線に乗ってしまったようで、たどりつきませんでしたf(^^;
これも旅アルあるですよね。


時間が無いので今度は第二の目的地美術史美術館へ。
PB063793.jpg
PB063796.jpg

P1000340.jpg
ウィーン滞在中、この日の午前中だけ青空を見ることができました。


美術館の中は圧巻!
P1000345.jpg
PB063802.jpg
建物そのものが美術品です。

PB063804.jpg
ルーベンス、レンブラントなどなど巨匠の名画が間近に!
でもたくさんありすぎてゆっくり味わうヒマがありません(><)

PB063814.jpg

PB063815.jpg
PB063816.jpg
とても2時間で見られる数ではなく、最後の工芸美術品やエジプト展示は本当に駆け足でした。
もったいない!


PB063826.jpg
外に出るとまた曇り空。



電車に乗ってまたシュテファンプラッツへ。
モーツァルトがオペラ「フィガロの結婚」を作曲したという家へ行きました。
PB063827.jpg

こじんまりとしたお家です。でも3階建です。
P1000356.jpg




お昼ご飯。
P1000362.jpg
適当なカフェに飛び込みタコス?風のものとスパゲッティを注文。
店員さんの愛想の悪さがピカイチでした。お味は・・・おいしくもまずくもなく(笑)




欲張ってカフェ『デメル』へ。
PB073830.jpg

P1000367.jpg


昨日のザッハと並んで老舗のカフェです。
今日は味わかるぞ!
P1000365.jpg
チョコレートが濃厚でアプリコットジャムがこれまた美味しかったです。
生クリームはないの?後で本で読んだら別で注文しなきゃいけなかったらしい。



夜はフォルクスオーパでオペラを鑑賞。
PB073835.jpg

演目は『フィガロの結婚』でした。
PB073836.jpg
オーケストラピットがよく見えます。

朗々と歌い上げる歌手。でもわかりません。
舞台の上の方にドイツ語で字幕が出ていましたが読めるはずもなくf(^^;
舞台セットは割と簡単で演者の動きで見せる感じでした。
あらすじは調べて行きましたが、舞台で見ると割と生々しい感じ(笑)

貴重な体験をしました。

*****************************************************************

11月7日。

今日はもう帰るだけです。バスの車窓から。
P1000379.jpg

ウィーン空港から成田空港まで、10時間40分のフライトでした。帰りの方が早いのね。
飛行機の中では爆睡で3回目覚めたらもう朝の8時半すぎ、到着でした。
成田から羽田に移動し、そこからまた伊丹まで飛ぶのが手間でした。結局うちに帰ったのは夕方近くでした。
とりあえず、ハーモニカの無事を確かめるため荷ほどきしながら吹きました。6日も吹いてないと落ち着かなくて。
旅の終わりころ、クリスマスライブ参加のお誘いがありました。ちゃんと次、吹くようにできてる(^^)


色々ありましたが、楽しい旅でした。
今度は4年後。4年後の私はどうなっているかな。
4年前にもそう思ったっけ。想像通りのこと(ハーモニカは吹いてるだろう、とか)、想像もつかなかったこと、色々またあるんだろうな。
4年前に夢見てたことに少しだけ近づきました。4年後もまた近づいていますように。

長々と旅行記、お付き合いいただきありがとうございました。

ドイツ・オーストリア旅行記 その7

  • 2013/11/17(日) 23:36:37

11月5日。

今日はウィーンの街でお買い物をする日です。
しかし、朝目覚めると体はだるく、熱っぽい。日本にいたら間違いなく寝込んでる感じです(><)
ここはウィーン。気合と根性ででかけるべし!マスクをして出陣です。


P1000309.jpg
まずは有名な楽譜屋さん。ここで揃わないものはないというくらいの品ぞろえだそうです。
下調べをしていかなかったのでお目当てもなく見学するにとどまりました。


チョコレート屋さん。
P1000314.jpg
老舗のショップで、一切他に店を出さないこだわりのお店だそうです。
かなりお高かったので一番小さな箱を買いました。鼻づまりが治ってから食べます!


お昼ご飯。
P1000326.jpg
そこそこ人が入っていそうなギリシア料理店に入りました。
ロールキャベツのレモンソースかけを頼んだのですが。
・・・めちゃ塩辛い!風邪の喉に沁みるぜ。
他の皆さんのお料理もたいがい辛かったそうですf(^^;まあ、これも思い出よね~。


午後はさらに少人数に別れてそれぞれのお目当てを求めて別行動でした。



ギャラリーをウィンドウ越しに見学。
P1000317.jpg
Mr.「君たち賑やかな色だな。」


私が行ったのはビーズ屋さん。
P1000318.jpg
昨日、団体行動のときに見つけていたのです♪


P1000319.jpg
品ぞろえもたくさん、そしてお客さんもひっきりなしに入ってました。
P1000320.jpg


私が買ったもの。
P1000382.jpg
スワロフスキーのビーズに、フルーツのビーズ、そしてメタルパーツ。


P1000381.jpg
秋という季節がらか、きのこモノがたくさん♪
1個1ユーロ以上するものも多く、決して安くはありませんが他ではないようなものを探して買いこみました。満足。



そしてティータイムは『カフェザッハ』に集合。
元祖ザッハトルテのお店です。
P1000330.jpg
ここのカフェはクロ―クに上着を預けて入るため、うっかりMr.とカメラをポケットに入れたまま預けてしまいました。
ケーキの写真が撮れなかった~。
しかも、風邪ひどく、味もわかんなかった~。



P1000323.jpg
ウィーンでよく見かけるヴァイオリンのミニチュアを買いました。


夕方で体調Max悪く、ホテルに引き揚げました。
バスタブのあるお部屋の方にお風呂を借りて、薬飲んで8時には就寝(><)
明日は最終日、何とか治したいものです。

******************************************
P1000395.jpg
家に帰ってから買ってきたパーツでピアスを作りました。
まりも(コザクラインコ♂9歳)が狙っていたらしく、キッチンのカウンターに置いたらサッとくわえて逃走!
破壊される!
慌てて鳥と追いかけっこでした。。。おやつと引き換えに返してもらいましたf(^^;

ドイツ・オーストリア旅行記 その6

  • 2013/11/15(金) 23:58:05

11月4日。
今日から完全に観光モードです!
しかし、朝起きたら喉に激痛(><)ヤバいな、風邪の気配?きっと気が抜けたな。
しかし朝ご飯はしっかり食べられたのでした。
どこで食べてもパンとチーズ、美味しいのよ!
そしてこのホテルは朝からバイキングの飲み物コーナーにシャンパンがありました・・・モーニングシャンパンしてる人もいました(笑)



さてホテルにバスがお迎えに来て今日は一日ガイドさん付き観光です。
まずは市民公園にあるヨハン・シュトラウスの像にご挨拶。
P1000223.jpg
Mr.「金ぴかの貴方、ずっとバイオリン弾いてるの大変ですな。」


道中、どこを撮っても絵になる建物ばかりで、写真撮りまくりでした。




次に行ったのはシェーンブルン宮殿。
PB043703.jpg
世界遺産にも登録されている、ハプスブルク家の夏の離宮です。
エリザベート公妃にゆかりの宮殿でもあります。


P1000224.jpg
Mr.「シシィ。素敵なヒトだったに違いない。」

宮殿内は写真撮影禁止だったのでお見せできずに残念です。
凄く豪華でした!

シェーンブルンで買ったもの♪
P1000238.jpg
シシィの肖像画で髪につけている飾りをモチーフにしたヘアピンとネックレス。
本物はダイヤモンドですが、こちらはもちろんイミテーションですf(^^;
また演奏のときに付けたいな、と(*^^*)

P1000264.jpg
ミニチュア絵皿。100円硬貨大くらいの大きさです。
ほらシシィの髪に星の飾りが♪

帰ってから調べたらこれ『ロイターポーセリン』のミニチュアでした!
ドイツのミニチュア陶器で有名な会社。
道理で小さい割に高いなあ、と思った。でも日本で買うよりだいぶ安かったなあ。
え~、もっと買ってきたらよかった!


さて、お昼ご飯。




古いワインセラーを利用したレストランです。
PB043723.jpg

P1000236.jpg

P1000239.jpg
お料理はジャガイモとベーコンっぽいお肉を炒めたもの。そしてキャベツの酢漬け。
美味しいけどビール必須、って感じ(笑)
そして発酵途中のワインを飲ませてくれるのもこのお店の特徴です。ぶどうジュースみたいで美味しかったです。




午後からはまた場所を移動してシテファン寺院へ。
PB043738.jpg


P1000241.jpg
街のシンボルでもあります。


PB043734.jpg
中に入ると、あまりの荘厳さに皆、無口に。
美しくかつ厳粛な雰囲気でした。


PB043742.jpg
街を歩いていると王宮も。


また場所変わってベルヴェデーレ宮殿。
PB043752.jpg

P1000280.jpg

その後有名な建築家がデザインしたという市営住宅を見に行きました。
P1000288.jpg
バスの観光は夕方で終了。ホテルに帰って音楽会に行く支度です。
風邪はだんだん悪化してきてます。晩ご飯食べられず、リンゴを齧りました。
でもせっかくのオケ、頑張って行くのだ!


楽友協会の建物。音楽の殿堂です!
PB053775.jpg


PB053770.jpg
豪華絢爛の内装!ため息です。
そしてさらにため息なのがウィーン・フィルの演奏です。
この日はブラームスの交響曲2番でした。2階席だったので演奏している様子がよく見えなかったのが残念。もうちょっと頑張ればよかった。

この日、私はフォーマル、ということでコンクールのときの衣装のワンピースにショールを羽織って行きました。
が、ちと寒かった。これは風邪悪化だな。
カジュアルめな人からドレスアップバッチリの人までおられたのでオペラに行く時はもうちょっと厚着しよう。
帰りにご飯のお誘いがありましたが、辞退させていただきお部屋でダウンです(><)

明日は一日フリーデー、街でお買い物の予定です。

ドイツ・オーストリア旅行記 その5

  • 2013/11/14(木) 14:40:26

さてさて11月3日。

午前中は表彰式&閉会式でした。
なんと参加者全員名前を呼ばれるの。それも一番下の順位から!
これはこれで、10位を下回っていてもド緊張なのです。ビリはやっぱしショックやん?
表彰2
幸いにも呼ばれたのは12位でした。10位まであと1.33ポイント!
10位、11位、12位は団子状態でみんなコンマ数ポイントしか離れてなかった・・・あとちょっとだったんだなあ。ホッとしたような、悔しいような。・・・まあ、悔しいわな。リベンジすべし!
PB033645.jpg
大アンサンブルは思いのほか成績がよく3位でした♪集まって練習した甲斐あったなあ。やっぱ練習は裏切らないんだなあ、と、つくづく。先生、皆さま、ありがとうございました。


チャーターバスに乗り一路シュトゥッツガルト空港へ。
お昼ごはんはバスの中でサンドウィッチとリンゴと菓子パン。
サンドウィッチ、美味しかったです。コチラのパンとチーズ、シンプルなのに美味しいんだなあ。
でかくて1個でお腹いっぱいです。
P1000205.jpg
プロイセン王のお城。
お城まで登ってる時間はないので通り道、止まって写真撮影。

PB033655.jpg
望遠レンズで撮影。重たいのを持って行った甲斐があったかな?


P1000209.jpg
Mr.「さらばドイツ、また来る日まで!」

このあと飛行機で悲劇がおこります(TT)
機内サービスで飲み物が配られたんだけど・・・私たち後ろの方の席に飲み物が配られた瞬間、エアポケットに!!
きゃ~!!
みんなの悲鳴。そして同時にそれぞれのコップから飲み物が舞い上がり・・・オレンジジュースもワインもほとんどを床が飲み、コーヒーも飛行機の天井まで飛び散ってました。後ろ3列の悲劇・・・前の人はもう飲み終わってたし。
頭からコーヒーかぶって、大事なコートがコーヒーまみれ(TT)泣くしかないっす。
しかも腹立つのはCAのおねーちゃん、後ろの席で足組んで座って知らん顔で電話でお話中。おい、なんか拭くモン持ってきて~な!



PB043685.jpg
それでもなんとかウィーンに到着。少し下ったテンションと同じく、お天気はイマイチです。
これは映画『第三の男』出てくる観覧車。



ホテルに荷物を置いてすぐに晩ご飯に出発。今日は直帰組(仕事の関係で早く帰る方もあり)との最後の夜なので、打ち上げです。
PB043667.jpg


PB043669.jpg
先ほど下ったテンションですが。
こんな道を歩くだけでワクワク。
電灯がステキ!


P1000215.jpg
すごく古いレストラン。ステンドグラスの窓がきれい。


P1000219.jpg
ターヘルシュピッツ。牛肉を煮込んでソースで食べます。
またこれも量が半端ないです。


P1000220.jpg
暖かいチョコレートケーキ。激甘でしたが、チョコレートが濃くて美味しかった!



ホテルのお部屋。
壁にリンゴホルダーが。
PB043661.jpg


PB043665.jpg
こんな感じで付いてます。インテリアも兼ねているのね(^^)

とても豪華なお部屋ですがまたバスタブはなく、お風呂が恋しいのでした。


明日(11月4日)はガイドさんが付いて一日バスでウィーン市内の観光です。

ドイツ・オーストリア旅行記 その4

  • 2013/11/13(水) 10:02:52

さて11月2日。
旅日記もちょうど半分です。長っ!(笑)
この日はアンサンブル2連チャンの本番でした。
朝イチで11人編成の小アンサンブルの本番、その後大急ぎで大アンサンブルの練習会場に車で運んでいただき、最後の合わせ曲の半分だけできました。そこでリハーサル室の使用時間切れ。エントリーしているグループが多いので交代制なのです。

それから本番までの2時間ほどお買い物タイム。
お仕事の都合などでコンクールが終わったらすぐに帰る方も数人おられる(前回は私も直帰組でした。)るので、その方たちはこの2時間しかお買いものタイムはないのです。昨日はみんな休みだったし!
私たち寄り道組もこの街でお買いものをできるのは最初で最後です。
しかも土曜日は未だに半ドン(知ってますか?この言葉)なので街の商店はおろか、スーパーも午後2時には閉店しちゃう!!大急ぎです!

みんなはスーパーに一目散でしたが、私はどうしても行きたいお店があったので・・・

そう、それは布屋さんと毛糸屋さん。そしておもちゃ屋さん。
布屋さんは前日ウィンドウにかわいいきのこ柄の布を見つけていてなんとしてもGETしたかった!
のですが。町はずれまでダッシュして行ったものの、残念ながらお店は休みでした・・・。
ガッカリしているヒマはないっ!
次に目指すは毛糸屋さん!
P1000218.jpg
小さな物を編むので中細くらいの細い糸を探しました。
色も日本には無さそうな色のものを。ブルー系の段染め、キレイだったので2つも。
一番左はお洗濯するとフェルト化するタイプの糸だそうです。お店のおばさんが「特殊な糸だけどいいの?」と言う風に一生懸命教えてくれました。

P1000235.jpg
そしてイイモンめっけ♪
極細のの鉄製の編み針です。日本で一番細い0号針(右側竹製)よりもまだ細い編み針!
これなかなか手に入らないんだな。

それからおもちゃ屋さんへ。
気になるようなおもちゃはあまりなくて、ポストカードや文房具などがありました。糸や手芸資材も。
P1000114.jpg


P1000196.jpg
外国らしい柄のかわいい紙ナプキンやフェルトのモチーフ。


P1000167_201311110046184c7.jpg
カラフルなテープやお花や木でできたてんとう虫。
女子土産です(笑)



それからまたスーパーまで駆け足!
P1000148.jpg
色が溢れてますね。
スーパーでは、でっかいカートに乗せてお買いものします。


P1000200.jpg
前回の経験からお土産のだいたいの目途はつけていたのでサクサクっと買い物。
シュトーレン8個、板チョコ14枚袋チョコ6袋、ハリボーグミ2袋、インスタント食品、それからビールの小瓶3本!
お昼ご飯用にパンも買いました。

しか~し重い!ざっと計算しただけで5キロくらい?
これだけで機内持ち込みサイズのスーツケース満タンです!しかもこの日はコロコロ付きのスーツケースは無いのです。手で抱えて、大アンサンブルの会場まで2キロほど歩いたともさ!
大アンサンブルが終わってからは会場からレンタカーに皆のお買い物を乗せ、ホテルまで帰りました。
ワタクシ、お荷物運び係をしたのですが、皆さん相当買ってらっしゃって、重かった!(笑)3人で何往復もしてお部屋に入れました!でも買うよね~


おっと、忘れちゃいけない、ちゃんと大アンサンブルも演奏しました!
前回はパッフェルベルのカノンを単純に同じ旋律を3重奏で吹いたのですが、今回はカノンとG線上のアリアを合わせてアレンジしたかなり凝った曲でした。編成は4声、ところどころ5声になったり非常に複雑です。
4年前では考えられない曲です。
途中、あわや空中分解しかけてもうダメか!と思ったのですが、奇跡的になんとか持ち直しました。どうして持ち直したのかわかりません。でも少しずつ進歩して「合ってない」ということがわかるようになってきた、そして他のパートの音を聴くことができるようになってきたのでしょうね。

自分たちの演奏の様子はないけれど、香港のアンサンブルグループの写真を。
P1000149.jpg
ここはストリングスや鍵盤ハーモニカ、フルートなども編成に入ったオーケストラで、ハーモニカメインでベートーベンの交響曲5番(運命です)を演奏しました。
凄かったです。


そしてこの日の夜は先生のコンサートの日。
夕方早めのご飯を食べてコンサートに備えることに。
P1000158.jpg
またまたピザ&パスタです。
ややこしいモノより、これが一番早くて安全。
そして美味しいのであった。



先生のコンサートの様子。
P1000194.jpg
先生のお弟子さんで今やトロッシンゲンの音楽学校のハーモニカの先生をされている直子・ネーベルさんとのデュオや、大学のオーケストラで活躍中の先生の娘さんとの共演もあり、素敵なステージでした。ちなみにピアノはプロピアニストの奥さま、麻里子先生。今回のコンクールでも誰よりも本番が多かったのは麻里子先生ですf(^^;我々生徒の伴奏のためあちこちの会場を駆け回ってくださいました。出発前から旅行に関するその他のお世話もた~くさん!本当にありがとうございました。

どの曲も素晴らしかったけれど。
先生のソロ、ピアソラの『忘却』という曲の冒頭、とても長いロングトーンがあるのですが、そこで図らずも涙がこぼれて止まりませんでした。旅先のせいでしょうか。
あんな張りつめた押し寄せるような緊張感のある音。
何かを思い出したわけでもなくただ音に涙する、という経験は初めてでした。いつもは泣きそう、でなんとか堪えるのですが隣に人がいるのにポロポロと止まりません。こっそり拭いたけど見つかったかな?
演奏後は「ブラボー!」と拍手の嵐、そしてスタンディグオベーション。高揚感が会場を取り巻いていました。

ドイツ・オーストリア旅行記 その3

  • 2013/11/12(火) 17:01:51

写真多いですm(__)m

11月1日。
今日は演奏も練習もコンサートの予定もなく一日フリーの日!ず~っとハーモニカ漬け、そして団体行動が多かったのですこしだけ離れたくなりました。
にもかかわらず・・・・。

11月1日。この地方では万世節という祝日で、ありとあらゆるお店が閉まってるの!!ガソリンスタンドもスーパーですら!いわば昔の日本のお正月状態です。

空いているのは少しのカフェとレストランくらい。
そこで大都会のシュトゥツガルトまで足を伸ばしてテディベアの老舗シュタイフ社の見学にいくつもりだったのだけど、電車のチケットの手配がうまくいかず、シュベニンゲンで過ごしました。

でも、せっかくのオフだし、楽しもう!

ってことでぶらぶらと街へ。
1PB013503.jpg
ショーウィンドウもかわいい♪
けど、閉まってるの、お菓子屋さん(TT)。。。



6PB013501.jpg
見よ、この静けさを。お天気も芳しくなく、霧の中。
これでも朝の9時よ。

すっごく寒かったので途中暖かいものを飲みにカフェに入りました。


3PB013509.jpg
街の店先にはこんな木馬(?)がたくさんあります。お買いもの中のお母さんを待ちながら、子供たちが乗って遊ぶみたい。



11PB013524.jpg
街の広場。週に何回か朝市が開かれるんだって。
PB013519.jpg
前回も今回もチャンスが無かったなあ。



4PB013514.jpg
石像と噴水がありました。
Mr.「ずいぶん今日は冷え込むなあ。日によって全然温度が違うな。」



13PB013527.jpg
素晴らしくキレイな紅葉の蔦でした。


14PB013542.jpg
まさに秋真っ盛り。いえもう、晩秋の気配かな。


PB013506.jpg
PB013507.jpg
ちょっと変わった植物も。このままテキスタイルの図案になりそう。



電車を待っていると機関車が走って行きました。
観光列車?現役の客車?
16PB013544.jpg



電車に乗ってトロッシンゲンへ。
コンクールが気になり、結局見に行ってます(笑)

まずは腹ごしらえ、と駅前のドイツ料理屋さんに入りました。
18P1000180.jpg
今日は練習もないし昼から飲んじゃえ(笑)
・・・と思ったら小アンサンブルの練習をすることになり、ガ~ン!!


19P1000182.jpg
小麦の皮にお肉を包んだもの→焼いて輪切りにしてオムレツにイン。
ちょっとしょっぱかったけど美味しかったです。

とりあえず1B会場(クロマチック・ソロ)の中学校で少し聴き、今度はオープンカテゴリーの会場に移動。

23PB013563.jpg
またもや街を散策。
だあれも居ないねえ。

人が居なかったのは写真撮り放題でかえってよかったかも♪
お買いものに気を取られずゆっくり散策もできたし。


しばらく歩いてオープンカテゴリーの会場に到着。
P1000193.jpg
オープンカテゴリーは何でもありのカテゴリーです。編成や伴奏の条件などが他のカテゴリに当てはまらないものがみんなこのカテゴリーでやる感じ。クラシックのデュオのピアノ伴奏ありもここになるし、クロマチックと複音の2本使いもここ。ジャズ、ブルース系の方もおられます。
面白かったのはミュージカル調?というかドリル演奏風というか、マレーシアの若者がセビリアの理髪師を踊りながら満面の笑顔で吹いていました!面白かったし演奏は見事でした。(このカテゴリの優勝でした。)


ひとしきり歩いたあとティータイム。
街のアイスクリームショップに入りました。
若者の定番待ち合わせ場所なんだそうです。
老いも若きも男も女もみんなでっかいパフェを食べてました!

Mr.「のん.たちが頼んだのはピスタチオのパフェだって。でも3人で一つだよ。」
27P1000191.jpg
Mr.「だってこんなに大きいんだもの。でものん.以外の若い娘二人はホットショコラとこれを食べていた。
…ムリだろ。」

そう、Mr.の言う通り、甘いもの×甘いものでさすがに彼女ら胸やけしてた様子。
私はコーヒーだったから半分以上パフェを引き受けました♪
ピスタチオソースが美味しかったです♪生クリームもそんなに甘くない♪


この後、ホテルに帰って練習をして休みました。
晩ご飯?
このパフェを食べたらもう晩ご飯は食べられませ~ん!

ドイツ・オーストリア旅行記 その2

  • 2013/11/11(月) 18:10:25

実は10月30日、31日は写真があまりありませんf(^^;

コンクール直前の練習に追われていたので撮る暇が無かったのでした。
それでも少しだけ。

PA303493.jpg
ホテルの窓から見える朝焼けの景色です。遠くの煙突からたなびく煙がヨーロッパぽくてイイです♪
朝の6時半でもこんなにまだ暗い。日暮れも早いです。



PA303497.jpg
8時を回ってお部屋の窓から。

PA303495.jpg
今日は一日、昨日の練習場で練習です。




お昼休み、ご飯を食べに外に出ました。
P1000144.jpg
赤い壁がオシャレなお家発見♪
停まってる車はベンツやワーゲンばかりです。たまにBMWやアウディ、TOYOTA、日産車もあります。




音楽学校の建物。
P1000155.jpg
外観は古いのに中に入るととてもよく手入れされていて、まるで新築のよう!
電気も全部自動点灯の新しい設備です。ヨーロッパは建物自体をとても大事にするのですね。
音大のようにピアノのある小さな個室がたくさん、エントリーしている人はこちらをリハ室として交代で使わせていただきました。




お昼はピザを食べました。
P1000140.jpg
日本でいうMサイズくらいのピザを3枚、ビール1杯、アップルサイダー3杯(それもなみなみと400CC)を頼んで4人でシェアして一人約850円くらい。
物価は安くありませんがご飯は量が多いのでシェアすれば割安です。
ピザはチーズがとっても美味しいです。こちらで食べるチーズ、パン、ソーセージはめったとハズレにあたることはありません!


夜は開会式でしたが、オープニングセレモニーは少ししか見ていません。言葉わからないし、お話多いし結構退屈(笑)旅の疲れも出るころなので明日の本番に備えて途中で脱出、電車でホテルに帰りました。
帰りにケバブのテイクアウトのお店に立ち寄り食料を仕入れ、一人部屋の方のお部屋にお邪魔しました。
スーツケースをテーブル代わりにして、ベッドや床に座り、室内ピクニックでした(笑)



31日。
今日は私がソロの予選で吹く日です。

コンクールの舞台。
P1000151_201311101639020f5.jpg
私の演奏順は10番だったのでそのつもりでウォーミングUPをしていたのに突然9番目に呼ばれました。
ええ?!
ちょっとしたことですが、まだコートも着たままでスタンバイしてなかった私はそこそこ動揺しました。
後できいたら9番にエントリーしていた人が会場に居なくて順番が急に回って来たんだそうです。。。
もっともっと図太さが必要だ。(これ以上?!)
課題曲・・・もう一回やり直したいな、という後悔はちょっぴり。自由曲はのびのびと吹くことができました。




会場のホールの様子。
P1000154.jpg
ロビーでフリーで演奏している人もいます。
スナックコーナーの片隅にはオープンステージがあってそこは誰でも自由に演奏することができるようです。
私、個人で参加してたら絶対飛び入りしてるな、「旅の恥はかき捨て!」っつって(笑)

P1000152.jpg
こちらはロビー前のスナックコーナー。
サンドウィッチやコーヒー、ケーキなんかも食べられます。前回は満員のときが多くてなかなか座れなかったけれど、今回は比較的座ることができました。
そう、それから会場への周回バスも前回は2連結のバスが回っていて、本数ももっと多かったのですがずいぶん少なくなっていました。なんとなく危機感を覚えます。日本では確かにクロマチックハーモニカ人口は増えていると思うのですが、他の国ではどうなのかな。心配です。


P1000165.jpg
HOHNERのハーモニカが年代順に並べられている展示。
知らなかったのですがシルバーコンチェルトにニューモデルが出たのですね!
試奏コーナーもあったそうなのですが、現行のモノとはやはり少し違っていて、カバーデザイン、楽器をくわえた感じなども異なるようです。
スライドの先端も丸くなってるみたい。


自分の演奏が終わった後はそのまま1B会場(クロマチック・ソロ)である中学校へ。
これがまた遠いんだ。コロコロのスーツケースを引っ張って一人歩くこと20分ちょい(><)歩くほか手段が無いのです~。
P1000157.jpg
多くの同門の方はこのカテゴリにエントリーされています。前回は私もコチラのカテゴリにエントリしていました。61人参加の激戦区、2日間にわたって審査があります。
今回はなんとマイクがありませんでした。みんなマイクあり、と聞いていたので驚かれたと思います。演奏会場は普通の学校の講堂なので特に音響がいいわけでもなく、生音での演奏とは思いもよりませんでした。
でも基本的にマイクなしの演奏の同門の方たちにとってはマイクを気にせずのびのびと吹けたのではないかと思います。



P1000161.jpg
市役所前にて。キレイな建物です。

夜のコンサートの前に予選通過者の発表がありました。
残念ながら名前はありませんでした。
その代わり爆笑ネタが。
「あの赤いドレスで吹いたコは15歳くらいかい?」
ドイツの方が私を見てそう聞いたそうです。
聞かれた方、目が点。「誰かわかんなかったけど、どう考えてもあなたのことなのよね~。」
みんな爆笑でした。確かに若く見えるのは嬉しいですがモノには限度がある!(笑)

この日のコンサートの出演者に前回のクロマチックソロ課題曲ありの部の世界チャンピオンであり、和谷ファミリーの一員でもある稲川有徳さんがおられました。お目当てはもちろん稲川さんです(^^)
難曲ばかり軽々と吹きこなす稲川君の演奏に聴き惚れました。ブラボー!


P1000166.jpg
ホテルに帰って、「とりあえずソロ終わったんでホッとしよう会」と称してビールを飲みました。
晩ご飯は日本から持ち込んだインスタント食品、その後持ち寄りおやつパーティです(笑)
前回来てるのでレストラン事情なんかもよくわかっていたので(昼夜外食したら胃がもちません!)小さなスーツケース1個分に食料を詰めてきたのでした。

ドイツ・オーストリア旅行記 その1

  • 2013/11/10(日) 13:29:28

さて遡ること半月。もう半月も経ったのですね、なんとなく時間が止まった感じです。
記憶が新しいうちにボチボチと旅行記を書いて行こうと思います。

 

10月28日、朝4時半にお迎えのタクシーに乗り込み出発。
乗り合いの空港行きタクシーなので京都市内で何人か乗せて空港に向かいます。
伊丹空港に6時半集合でした。
今回の旅は教室の有志参加の旅で、関東組と合流するため成田空港に一端向かいます。
PA283455.jpg
Mr. 「あのオーストリア航空の飛行機に乗るんだよ。」
のんこ ・・・。


国際線は搭乗時間までの待ち時間が長いです・・・。



P1000100.jpg
行きの飛行機は窓際でした。
CAさんにブラインドを閉められてしまいましたが、こっそり開けて撮影♪素敵な空の景色です。


P1000073.jpg
機内食1食目。
機内で過ごすこと12時間。長いね~。12時間乗るのですから機内食は2食のはず、とおやつも持たずに乗り込んだところ・・・なんと、冷蔵庫故障で2食目が出ませんでした!ええ~!!
しかも、直行便ではなかったのでウィーンからさらに乗り継ぎチューリッヒ空港へ。
めっちゃお腹減るやん!朝4時半に出て26時間で1食。。。

トランジットでウィーンで乗り換えチューリッヒ空港へ向かったのですがその機内で出されたリンゴ(丸ごと1個)が美味しかったこと!



空港からはチャーターバスでスイスからドイツへと国境を越えドイツ入り。
会場の街ではなくシンゲンという街で1泊しました。
晩ご飯を食べる予定はなかったのですが空腹に耐えかねてホテル近くのレストランに行きました。
P1000107.jpg
ミニサラダとミニステーキを頼んだのですが、どちらもミニではなかったです。日本の普通サイズよりデカイ!
空腹感もあっという間に満たされました。。。ってか食べきれなかったです。




明けて29日。
ホテルの窓から。
広場に面したお部屋でした。ドイツらしい建物が向こうに見えます。
P1000110.jpg
おやおや?りっぱなまゆ毛のこのコはだあれ?
一緒に旅したハーモニカプレーヤーTちゃんの、パグの源さんです。

Mr.「やあ、始めまして。この旅の間よろしくな。」
源さん「・・・。♡」
彼は無口なタイプのようです。



会場のある街に行く前にラインの滝を見に行きました。
PA293468.jpg
大きな滝!
どうどうと音を立てて流れる水の迫力に圧倒されました。でもとても美しい光景です。空の色がキレイ!


PA293465.jpg
滝のところにしぶきでできた虹を写すことができました♪



ミニチュアカタツムリ?
P1000116.jpg
滝のほとりにMr.よりも小さなカタツムリがいっぱいいました。
写真ではわかりにくいですが、黄色っぽかったり、緑っぽかったり、日本のカタツムリよりカラフルです。



さて、その後再びバスに乗り、ホテルのあるシュベニンゲンと言う街へ。会場のある街の隣町です。会場のある街のホテルは大会関係者が宿泊するので満員でコンクール参加者の宿は取れないのです(><)



そしてホテルで荷物だけ下ろしてそのまま会場のあるトロッシンゲンの街へ。
レストランでお昼ご飯です。
P1000124.jpg
ヨーロッパの建物の窓には赤いゼラニウムの花がよく飾られています。
私も憧れて以前やってみたけれどなかなかこんな風にこんもりと丸く育たない~!



お昼はバイキングでした。
P1000122.jpg
それにしてもスープとサラダがまずでるのですが、量が多いのでサラダ終了の時点でもうお腹いっぱいです。。。
この飲み物は「アップル・ザ・ショーレン」・・・アップルサイダーです。
必ず飲み物を注文しなければいけないので、旅行の間中、ビールを飲めないときはずいぶんこの飲み物を頼みました。



懐かしの練習場。
P1000125.jpg
4年前に来た時もこの建物(音楽学校の練習場)の地下のレッスン場で練習しました。
この一角の建物はすべて音楽学校の関係の建物です。
トロッシンゲンはハーモニカ以外の音楽学校もいくつかある音楽の街です。



建物の取っ手が本物のクラリネット♪
P1000126.jpg
4年前に来た時より色あせて茶色になってました。もっと黒かったんですよ。


PA293485.jpg
この建物で練習&地元の方も自由に見に来られるミニコンサートを行いました。
先生のお知り合いの方(ハーモニカ職人の方とか先生とか!)が何人か聴きにきてくださって、全員に一言づつコメントをくださいました♪長い時間聴いて頂いてありがたかったです。
私ももちろん吹きました。曲はコンクールで吹く自由曲の「カルメンファンタジー」です。



コンサートが終わったのが7時前、そこから歩いて晩ご飯のレストランへ。
P1000130.jpg
山盛りのポテトフライとパスタです。
さすがにこれは1人前ではなくて4人分くらいです。それでも多いけど。



P1000132.jpg
こちらはシュニッツェル。
カツレツみたいなものです。中のお肉は牛、豚、羊などいろんなバージョンがあります。



夜10時前、やっとホテルに帰ってきました。前回も連泊しているのですっかりなじみのホテルです。
PA303492.jpg
今回のお部屋は見晴らしのいい角部屋です♪前回はお値段を優先して相部屋でしたが、今回はコンディション調整のために奮発して一人部屋でお願いしました。


明日(10月30日)の晩、いよいよ開幕です。

帰国いたしました。そしてご報告いろいろ。

  • 2013/11/10(日) 00:13:58

半月のご無沙汰でございました。
昨日の夕方帰国いたしました。夕べ記事をUPしようとしたのですが、実はコンクール後ひどい風邪をひいてしまい、昨日はダウン。時差ボケはしていないのに風邪で寝込むという・・・f(^^;

P1000151.jpg
まずはコンクールの結果から。
ソロ課題曲ありの部、結果は18人中12位でした。50点中あと1.33ポイント10位の人に及ばず予選通過ならず(><)目標は予選通過でしたが達成ならず、でした。
小アンサンブルは18グループ中11位でした。
しかしなんと!大アンサンブルは6グループ中3位、表彰台でした!
我が大アンサンブルグループの編成は初級、中級、上級全員参加のアンサンブルで「最下位だけは免れよう!」という目標のもと参加だったのでまさかの表彰台!何回も集まって練習した甲斐があったなあ。
先生のご指導の賜物&練習ってやっぱり大事!と思ったのでした。


私の個人の演奏について振り返ると、ちょっとしたアクシデント(演奏順番が突然変わって早まった)もあり、苦手な課題曲を集中して吹けなかった分、開き直った自由曲はほんとうに自由に思いきり吹けた感じです。
だけど前回は最難関カテゴリである「クロマチックソロ課題曲あり」にエントリーすらできなかった(課題曲が難曲なので吹けなかった)ことを思えばこの4年で前には進んでいる、とも思えます。
だ・け・ど。
目標が達成できなかった悔しさはもちろんあるので、また次を目指して頑張ります!
4年後・・・また行きたいな。

世界大会全体の感想は・・・
参加国が前回より減っているように思いました。それともアジア勢が大勢エントリーしているせい?
前回も香港、マレーシア、韓国、シンガポール、そして日本が大勢参加していましたが今回も香港、マレーシアの若い子たちの勢いが凄かったです。学校単位で参加していることもあると思いますが、アジア圏ではハーモニカ人気は高いようです。
日本は割と年配の方の参加が多く、もっと若い人たちが関心を持ってくれたらなあ、と感じました。これは前回も一番強く思ったことです。
それからW.H.F代表のミュラー氏が気がかりなことをおっしゃってました。「ドイツではハーモニカプレイヤーの人口が減りつつある。」と。ええっ、それも寂しい・・・これからも我々がハーモニカを吹き続けられるように頑張ってくださいねっ!!



そしてご報告がもう一つ。
ワタクシ、僭越ながら来週からJEUGIAミュージックサロン京都駅にてクロマチックハーモニカ入門講座の講師を務めさせていただくことになりました。
もし「これからクロマチックハーモニカをはじめたいっ!」という方がおられましたらどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。随時入会受付中です!
楽譜が読めなくても、楽器が初めてでも大丈夫です、ゆっくり丁寧にお教えいたします♪(^^)
一緒にハーモニカを楽しみましょう!!

*お申込み受付・体験レッスンお申込み℡0120-513-791
JEUGIAミュージックサロンのHPはこちら↓
JEUGIAミュージックサロン京都駅 クロマチックハーモニカ講座
こちらもまた改めて記事にすると思いますが取り急ぎ。。

P1000001.jpg
旅から帰ったMr.とのんこちゃん。
ドイツ・オーストリア旅日記はまたボチボチとレポートしたいと思います♪
まずはご報告まで(^^)/