ピザ作った、うまかった~♪

  • 2011/06/24(金) 23:38:20

今日は久しぶりにピザを生地から作りました。
イーストで膨らんだぽよぽよの生地を触るの気持ちイイ
意外と簡単で材料を2、3分混ぜてこねて、2~3時間放置しておくだけ。
あとは麺棒で伸ばしてピザソースを塗って、お好みの材料をトッピング。
今日はトマトとバジル、エリンギのピザとツナ、エリンギ、コーンのマヨピザの二種類です。
ピザ ツナピザ

あとは210度で10~15分焼いたら出来上がり♪
焼きあがる直前自家製バジルをのせました。
最近、バジルが育つより食べるペースが速くて葉っぱが無くなりそうです
ついでにワイン飲んだら酔っ払った~。一人で半分飲んじゃった

スポンサーサイト

梅雨の晴れ間の一日。

  • 2011/06/22(水) 00:01:44

今日は一日お家で雑用。貴重な梅雨の晴れ間です!
まずは洗濯、洗濯!
Gパンとかバスマットとか、今日なら乾くだろ!とばかり山盛り洗濯しました。
それから風呂のカビ掃除、なかなか取れない~。
洗濯が上がるのを待ちながら裁縫をして、昼兼朝ご飯を食べて、裁縫その1を仕上げてから、買い物。昨日ついうっかり買ってしまった朝顔(もう植木増やさない、と誓ったのにぃ)を植えるべく鉢底石を買いに。愛車さとうさんで出動です。
ケーキ屋さんと魚屋さんに行って、帰って朝顔も植えつけ。
ビエネッタさんがいまいち元気が無いのが気がかりです
昼さがり、電気を消した薄暗い部屋で(暑い&向かいから見えないように)筋トレ
終了後ハーモニカの練習、約1時間今日は軽め。
晩ご飯の後、少し車を走らせて雲ヶ畑へホタルを見に。今年は少ない、と聞いてはいたのですが、やっぱり少ないようです。それでも数匹が夜の闇を飛び交うのを見ることができました。
帰ってきてウォッカのトマトジュース炭酸割を飲みながら、まりも(コザクラインコ♂6歳)と戯れつつ、裁縫第二弾。

そして出来たのがこちら↓
扇風機1
なにやらへんてこりんな扇風機カバー。
普通は手が入らないように前が塞がってるのに、これはドーナツ型。何故?


答え↓
扇風機2まりもが扇風機に上るので怪我防止用カバーだったのでした。
去年は100均で買ってきたカバーを上だけかけていたのですが、不細工なので加工しました。
前部を丸くくりぬき、袋縫いにしてリボンを通しています。
後ろはもともと入っていたゴムを絞っています。
ウチにしか必要のないカバーですな


さあて、明日は仕事だあ。

クレマチス救出作戦。

  • 2011/06/20(月) 13:12:47

最近雨が多いので、毎日の花の水やりの必要が無く、お花を観察する機会が減っていました。ちょっと元気がないなあ、と思いつつも、「こんだけ雨降ったらしかたないか。」とあまり深く考えずにいました。
ところがおととい、ふと、クレマチスを見ると、なんだか葉っぱが茶色くなってる。それも結構たくさん!
えらいこっちゃ、と観察すると。
きゃ~

ほとんどの葉っぱの裏に茶色と白の粉みたいなもんがびっしり。気持ち悪い。葉っぱも色が変色して全然瑞々しさがない。
これは病気だ。でも今まであんまり見たことない。
ネットで検索したおして、どうやら、これが「さび病」らしいと判明。
茶色や白い粉はカビの胞子だそうな・・・。

原因は長雨と、これは推測だけど、温風。
うちのお隣は食堂なんだけど、玄関のすぐわきに食堂の換気扇がある。
結構温風と油が飛んでくる。朝から夜の11時まで。
春先はむしろ、その温風のおかげで発育が良かったんだと思うの。でもこの長雨の時期に温風が当たったら、クレマチスの嫌いな「高温多湿」環境の出来上がり。

どうしたもんかなあ・・・せっかくオベリスクも手作りし、玄関のシンボルプランツにしようと計画していたのに。
オベリスク
5月はじめころ

でもこの場所では枯れちゃう。あと半月乗り切ってくれれば梅雨が明けて復活するかもしれないけど。
思い切ってガレージの屋根の下に引っ越しを決意。日当たりは悪くなるけど、もうだいぶ大きくなったし、真夏の炎天下より半日蔭がいいかも。

お花屋さんで買ったときからついていた木のオベリスクもちょっと腐ってきてたし、葉っぱが混み合っているのも風とおしの妨げになって、病気の一因になっていたのでは、とツルをほどきました。

ほどくときに根元が折れる、という事故が
つまようじで添え木をして補強です。
それから葉っぱの痛みがひどいのは全部とりました。ホントは胞子のついてるやつは全部とらないといけないんだけど、そしたら葉っぱ一枚も無くなっちゃう。
残った葉っぱを一枚づつ拭いて、殺虫・殺菌剤をスプレー。
ガレージの柱を支柱に仕立ててクレマチスを巻きなおしました。
クレマチス手術後
だいぶ風通しは良くなったと思うのですが。

さて、今回の手術、吉と出るか、凶と出るか。
がんばれビエネッタ(クレマチスの名前。私が付けたのではない。そういう種類。)

キャンドルナイトのピアノバーへ。

  • 2011/06/18(土) 20:13:15

アッコルド神戸6月17日
夕べ、ピアノバー「アッコルド神戸」へ久々に行ってきました。
去年の4月以来1年ぶりです。

昨日はピアニスト綾ちゃんがフルートとのユニット「Moon Roses」で演奏とのことで、今までなかなか予定が合わず、やっと聴きに行くことができたのでした。
プレイヤーの綾ちゃん、それにフルーティストの生恵嬢は浴衣姿でお出迎え

今週はキャンドルナイト、とのことで、店内の照明はキャンドルの灯りだけ。
幻想的な光と影の演出でした。
演奏はオリジナル、クラシック、童謡などなど多岐にわたりとても楽しみました。

綾ちゃんのピアノも久々に聴きました。よく知っている音色。変わらず煌びやかでした。フルート生恵嬢の音色はとってもまろやかで、でもエモーショナルで素敵でした。

蝋燭だけの空間ってなんだか不思議。空調は適温なのに、あたたかな空気になっていました。そんな蝋燭に彩られた閉ざされた空間で、音のシャワーを浴びて脳みそが蕩けそうになりました。

メロディの彫り出し作業?!

  • 2011/06/17(金) 16:08:52

今日は仕事から帰ってトンボ帰りでハーモニカのレッスンに行きました。
今日のレッスンは特に心待ちにしていたのです。
前回レッスン時に新しい曲を頂いて、譜読みをしていたので、今日はその曲の初レッスンだったのでした。

私は子供のころ(学生時代も含む)に学校の音楽の授業以外の音楽教育を受けていないので、「全く知らない曲を楽譜から再現する」のには凄く苦手意識があります。
調号や音程はわかるし、譜割が大きい曲はできるけど、細かい譜割の曲はリズムがあってるかどうかがとっても不安。
その反面、音源があれば譜面を手掛かりにしてすぐに曲が入ってくるのですが。ネットのおかげで世の中には音源が溢れているので、どんな曲でもたいがい参考音源がみつかるので曲をさらっと仕上げるには2、3回聴いちゃえばいい。楽譜は思い出すためのメモ。

クラシックの曲をやりだしてからは「これではいけないなあ~」と奮闘しているのですが、時間に追われてズルすることもしばしば。

今回は全く知らない曲を音源なしで、自分で解読(?!)しました。
(ちょびっと「ようつべ」なんかを探してみたもののマニアックな曲で見つからんかった、ってのもある。)

一小節づつ足踏みで拍をとりつつ、メトロノームを鳴らしてチビチビと地道に譜読み。すらすら読める人がうらやましい~
四苦八苦して、7分くらいの長さの曲を読みました。
ただし、ちゃんとあってるかどうか。
今日のレッスンでやっと正解がわかる、というわけだったのです。

まるでレリーフを彫っているようなレッスンでした。
ある程度は合っていたけれど3連譜のリズムが微妙に甘かったり、譜点やスラーを見誤ったり、を指摘していただいて、ぼやけていた曲が、だんだんと浮き上がってきた
(あとちょっとでいろんなことがスッキリしそうなんだけど。)

改めてこんなんが紙に書いてあるってすごいなあ~と思いました。
最近読んでいる西洋音楽史に元祖楽譜が二つ載ってたけど、口伝にプラスする備忘録みたいなんやった。もっと読めへんぞ。(あ、口伝があれば逆に私は得意やったかも?)
ネウマ聖歌の「元祖楽譜」ネウマっていうらしい。
なんかミミズがのたくったような記号が書いてある。
民謡の楽譜って今でもこんなんだね。

二声楽譜こちらは二声で歌うための聖歌の楽譜。
イメージ図?
私の数字譜で書いたメモも他人には解読できんらしいです。

これが、五線譜という音楽の設計図に進化したんだもん、すごいもんだよな~。レコーダーとかないもんな~。

浮き上がってきたメロディが逃げないように練習×2。
まあ、本来いつ楽譜を読んでも再現できる力をつけないとアカンのやけど

メモ魔。

  • 2011/06/16(木) 17:40:37

ちょっと日記の日が開きました。
先週末、淡路島に鱧を食べに行ったり、週明けにお客さんがあったり、で楽しい行事で忙しくしておりました(^-^)

行事があると、毎日の日課に多少の変更が。本人をよく知る人は意外かもしれませんが、結構自分で決めたことはちゃんとやらないと気持ち悪いタイプです(^^;(あくまで興味の赴くままですが。)
で、小まめに記録したりしています。歩いた距離とかトレーニングDVDやったかどうか、とか。あ、あと家計簿と、その片隅に晩御飯の献立も。

もちろんメインはハーモニカの練習時間に練習の内容、あるいはライブでやったセットリスト、毎月のレッスンの内容。
時間をかけたから、その分上手くなるわけではないですが、自分の足跡を残しておきたくて。まんべんなく練習するための目安にもなります。

わざわざ机に向かって書いてるわけではありません。用事の合間にこしょこしょと書き記しています。

いわば文章のない日記です。
何を吹いたか、何を食べたか、からその日一日の記憶がよみがえることも。過ごした一日が確かにそこにあった、と書き留めたいのかもしれません。


夏に備えて(?)鍛えてます!

  • 2011/06/09(木) 20:15:47

DVD最近の私の新たな習慣。
Jillian Michaelsのサーキットトレーニングです。
ちょっとキツめの体育会系お姉さんトレーナーのジリアンが「あなたがジムでサボってる数時間を私なら20分で取り返してあげるわ。」とか「なんのためにこのDVDを買ったのか、思い出してごらんなさい!」とかお手本をやっているアシスタントを指して「見て。あなたもこんな腹筋になりたくないの?!」とかハッパかけてくれます。

以前はやったビリー隊長の女性向けアレンジといった感じ。
ウォーミングアップから2分間の筋トレ、3分間の有酸素運動、1分間の腹筋が3セット最後はクールダウン、で通して30分の運動です。 
レベルも初級、中級、上級と3ランクあります。
たかだか30分、でもずっと動き続けているのは結構しんどいです。終わったら汗だくです
ただ、「もうしんどくてだめだあ~」と思ったくらいにうまいこと次の運動に移るのでなんとか30分がんばれます。

もともとはかなり運動をしていた方なのですが、最近デスクワークが多くなり、運動不足が否めない感じ。
そこで、ウォーキングをしていたのですが、雨降りが続いてそれもできず・・・でこのDVDを買ったのでした。
本日で10日目。ちょっとお腹が引き締まってきたか?(気のせいか・・・?)

もっと、コアリズムとかベリーダンスとか、ヨガとかのもうちょっと女性らしい体を目指すDVDにしたらよかったかなあ。これはムキムキ系だ・・・。

夏に備えて鍛えてますハーモニカにも腹筋は大事だしね!

長い長いコンクールの一日。

  • 2011/06/06(月) 19:38:56

今朝の8時ころ、帰ってきました。
長い長いF.I.H.コンクールの一日でした。ちょっと出かけただけやのに時差ボケになりそう。

交通機関の乗り継ぎもスムーズで、京都を出て3時間後、首尾よく受付時間のだいぶ前に到着いたしました。
会場では久々に会う顔見知りの方々がたくさん
みなさんご無沙汰です~
事務局の説明があり、ステージでのサウンドチェックです。

今回このサウンドチェックはかなり肝でした。
デュオの相棒北村サユリさんはハンドマイク使用。そして私はスタンドマイク使用なので出音の音質や音量が違うのです。同じ設定でPAを合わせられるとエライことに。
普通、同じ奏法、マイクの使用法の人がデュオを組むのですが、私たちはたぶん業界初の異色ペアです。PAがどうなるかはある意味賭けでした。しかもこのコンクールのサウンドチェックって4小節くらいしか吹かせてもらえないんだもん。
幸い、うまくバランスを取ってくださり、まずは第一関門突破です。
(こりゃ失敗してもPAのせいにできないなあ。)
それから早めのお昼ご飯を食べにお茶の水の街へ。前回行った時は駅の反対の方に歩いて行ってしまい、なんもなかったのですが、今回は何度もF.I.H.の本選出場経験がある心強いナビゲーターが一緒だったので、繁華街の方へ行けました。楽器屋さんがたくさんある街だったんですね、お茶の水って!知らんかった~。
ニコライ堂 ニコライ堂の前も通ったよ。

クロマチックのクラシック部門が聴きたくて1時には控室に戻ったのですが、出場者は会場に入れてもらえず、テレビモニタで観賞。モニタがイマイチなのと、周り中で音出ししてるから、肝心の音が全然聞こえな~い。
テレビに耳をひっつけてなんとか雰囲気だけでも、と聴いていましたがあんまり聴こえなかった・・・残念。

それからが長い長い待ち時間でした。
デュオはクロマチックソロのクラシック、ジャズポップス、そして複音が終わってからの出番になります。
今回私たちはデュオのみの出場だったので、出番は3時半ころです。
長い。とにかく長い。
やっと出番のころには待ちくたびれておりました。

そしてついにステージ上に立つことになったのですが。
何度出てもコンクールのステージって慣れませんな
まあ、はじめのころ息が震えて天然ビブラートになっていた時のことを思えばずいぶん慣れた、とも言えるのですが。
あれだけパーフェクトに吹けていた部分なのに、やっぱり本番では事故りました。暗譜もちゃんとしていったのに、なんで楽譜の一部がマイクのラインで見えなかったくらいで頭真っ白になるかねえ?わたし。
しかし、そこで音楽が止まらなかったのはこれも練習の成果なのかしら。
後半はそれなりになんとか吹けたのですが、ニュアンスとか、表現なんかは頭から消し飛んでしまいました。相方も思うところがあったらしく二人してステージを降りるなり「ごめ~ん」の応酬でございました。
感想「練習の6割しか実力って出せないし、それがホンマの実力なのね。」
他の組は控室でリハをされているのを聴いていたらとても素晴らしい演奏をしておられたので、正直「あ~あ、やらかしちゃった。」という気持ちでした。ノリは良かったんだけどねぇ~。コンクールだしねぇ~。

その後はせっかくの衣装で写真を撮るのも忘れて、とっとと着替えて、同じ門下の方の大アンサンブルを聴きに会場へ。よく考えたらチケット持ってたんだ。さっきは余裕がなかった・・・。
女性ばかり9人のグループで出ておられたのですが、他のグループがバス、コードのハーモニカを用いて演奏しているのに対し、このグループはクロマチックだけ。でもパートごとのハーモニーがとても美しく、途中オーケストラのヴァイオリンの演奏を聴いているような雰囲気でした音がキラキラだあ


それから贅沢なデモ演奏がたくさんあって、やっと結果発表。
このころは会場は階段まで人があふれて大入り満員状態でした。年々人が増えているようです。私はなんとかギリギリ座っていたのですが、一番後ろの真ん中の席でした。はあ、ステージに呼ばれることは無いと思っていました。
クラシック、ジャズポップス、複音のソロの入賞者がステージ上に上がり、デュオ部門の発表。「第3位。Kyo-scramble」え、ウチやん
相棒のサユリさんはお茶の水の街の楽器屋さんに機材を見に行ってはりました(二人のテンションが伺えるかと)が、果たして会場に帰ってきておられるのか?あ、いたいた。
腑に落ちないような、でもやっぱり嬉しくて半笑いの顔をしていたと思います。一番奥の席からステージに走っていきました。
頂いたもの一式。
 トロフィーと賞状一式

表彰式後、二人で。
 二人で。(左のん. 右サユリさん)

同門の大アンサンブル「クロモニカ・レディース」やはり第1位に入賞されましたおめでとうございます

主催者の打ち上げ会に参加する予定で帰りは遅い時間に出発の夜行バスを予約していたのですが、サユリさんと二人で「反省の方が多い祝勝会」をして、一杯飲んで帰ることにしました。
たくさんお話ができてよかったです。同年代の女性のハーモニカプレイヤーって少なくて、私にとってはとても貴重なご縁です。
思えば「世間話がてら、ちょっとデュオの練習してみましょか。」から始まって、「せっかく練習したんだから何か発表の場を…」とライブで演奏して、「F.I.H.も応募してみるぅ?」なんてことから始まった今回の出場でした。
3位ということは上に2組いるわけで、この結果を手放しで喜んでいては次の進歩は遠いのでしょう(もちろんコンクールがすべてと思っているわけではありませんが)が、私にとっては順位以上に、たくさんのことを学び、考えた機会であり、得たものは多かったと感じています。
サユリさん、どうもありがとう。懲りずに今後ともよろしくお願いします

さてさて。帰りはレディースドリーム号で帰途につきました。二人してこっそり、晩ご飯を食べたお店の洗面所でお化粧も落とし、洗面済みですきゃいきゃい言いながらこんなことができるのも、道連れがいるからこそ
夜行バスにも女性専用があるのですね!
そもそも夜行バス、って初めてです。
思いのほか座席も広々としていて、足置きなんかもちゃんとふくらはぎの分もついていて、快適
途中、足柄のサービスエリアで休憩した以外は2、3回一瞬起きたほかはほとんど目覚めることなく、ハッと気づくと京都の七条通りでした。降りなきゃ!
朝マックで名残惜しんだあと、市バスに乗って帰宅しました。
はあ~長い一日だったね。(日記も長かったね。)でも楽しかった。来年はソロで出るで~!(出たいぞ~!)

応援してくださったみなさん、どうもありがとうございました。
会場でお会いしたみなさんとももっとゆっくりお話したかったです。(始まる前は心の余裕が無いし、終わってからは時間の余裕がないしm(__)m)
お会いできて嬉しかったです。また!

引き続き新作。

  • 2011/06/04(土) 00:22:31

葉っぱヘアピン 葉っぱ裏
今日、思いつきで作った新作です。今度はピン留めにしました。
葉っぱ型です。
試着今回はスヌーピーに試着をしてもらうのが無理だったのでワタクシが。
なかなかイイ感じでしょ?
だいぶ作り飽きてきたけれど、あともう一個、作りたいデザインがあるんです。



・・・*o*o○・.*…*.*.・**・.*o*o○・.*****o*o○・.*.・○*oo..…・・・
いよいよ東京行き、です。
また終わったらレポートしますね。
がんばってきます。