FC2ブログ

クレッシェンドと後押しの差。

  • 2019/06/06(木) 08:38:35

今、一つの曲の仕上げに入っているのですが、曲の主題で何度も繰り返されるフレーズがあります。
一番最初から「この繰り返し、私が吹くとなんか同じことの繰り返し感が強くてクドくて野暮ったい・・・」と吹き方に悩んでいたのですが、ある時二人の先生から「後押しになっている」「2音目への繋ぎがイマイチ」「変な揺れがあってコブシみたいになってる。」とのご指摘を受けました。なるほど、これが原因か。
クレッシェンドして行ってフレーズの音の頂点で少し抜く、という表現をしたかったのですが、クレッシェンドの仕方が後押しになっていたようです。
それから練習を重ねて、またチェックをしていただく機会があったのですが、今度は「問題のフレーズが2回続く時の1回目がまだ後押しになっている。」とのご指摘。う〜ん、同じように吹いているつもりなのになあ・・・レッスンの録音を繰り返し聞いて違うことはわかるようになったものの、どう直せば良いのかわからない。ちょっと行き詰ってしまいました。

ヨシ。
聞いてわからなければ見てみるしかない。音形で見てみよう。

実は最近Cubaseのソフトをバンドル版からProに一気にアップグレードしました。(30周年半額セールに乗っかりました!)で、まだ買ったところのバージョンを試していなかったので、おそらく初回は使うのに多少時間がかかると思って、二の足を踏んでいたのですが思い切って立ち上げて見ました。データを読み込んで音形で表示するだけなので別に前のグレードでもできることなのですが、如何せん使い慣れていないので何をするにもおっかなびっくりなのです。

IMG_2125 2
↑クリックすると大きく表示されます。

多少、いつもよりは手こずりましたが、とりあえず音形は表示できました。
上が今まで吹いていた後押しの吹き方。わかりやすくするために若干強調して吹きました。
下が一応OKが出たクレッシェンドの吹き方。
上のピンクの方はグイっとカーブを描いて大きくなって次の音に行くときに音が急に小さくなっています。
なるほど、これがコブシや変な揺れの正体か。
一方、下の方は一直線に大きくなって行って、次の音に行くときは少し大きくなっています。
一直線でこの直線の角度がもっと大きくなればよりクレッシェンドが強く表現できている、ということなのでしょうね。

・・・これ、目で見ると直すの簡単そうに見えるけど、私の吹いてる感覚としては体の使い方は、ほんのちょっとした違いなんです。理屈はわかったけど、ちゃんと直るかなあ

そもそも私の感性が若干大雑把なのだと思われる節がいくつか。
先生に1度指摘されたことを直して行くと、今度は逆の指摘をされることがめちゃくちゃ多い。つまり、直そうとして今度は逆に振る(^^;  
例えば「もう少しスタッカートで。」と言われた次に「音が短すぎて余韻がない。」とか「ここはもう少し咳き込むように音楽を前に進めて。」と指導していただいた次は「急に早くなりすぎ。」・・・加減ができないというかちょうど良いところでやめられないというか。
もっと繊細に違いがわかるようになりたい!

********************************************
同門のハーモニカ友(大先輩ばっかりですが)の集いに出かけてきました。
お身体の都合で卒業された大先輩にお会いするのがメインの目的でした。お元気そうなお顔を見られて嬉しかったです。
まだまだたくさんのことを教えていただかなくちゃ、と思いました。
皆さんとお昼を食べて、ハーモニカに関する古い外国の番組を見せていただいたり、ハーモニカ談義をしたり、そしてアンサンブルを数曲吹いて楽しいひと時を過ごすことができました。
ありがとうございました。

スポンサーサイト



久しぶりの合宿。

  • 2018/09/26(水) 14:38:53

2年ぶりに和谷教室の関東エリアの合宿に参加させていただきました。
秩父の山の方の旅館に泊まって、練習施設を貸し切っての合宿です。我が家から電車を乗り継ぎ、7時間かかります・・・
そして行ったらひたすら練習なので行きの道中にほんの少しだけ寄り道をしました。
埼玉の「あけぼの子供の森公園」と言う公園にムーミンの世界観の建物があると言うことで写真を撮りに(^^)
そのために始発の新幹線に頑張って乗りました〜!
IMG_9216.jpg

IMG_9246.jpg

秩父の駅からさらにバスで30分弱、やっと到着です。
参加者は約25人、遠くは熊本からもいらしていました。年齢層も18歳から80歳オーバーまで、初心者も上級者も様々おられます。
初日は14時頃から22時まで、中日は9時から22時まで、最終日は午前中にレッスン、午後からは発表会と言う日程でした。いつもながらみっちり練習!です。
レッスンは基礎練習をはじめ、アンサンブルの練習、初見練習、今までに吹いたソロ曲やデュオ曲のおさらい会など盛りだくさんです。自分自身の上達のために役立つのはもちろん、生徒さんにどうお伝えするかと言う点からもとても勉強になりました。

そして合宿といえば、お楽しみは懇親会です!
22時まで練習があるので、晩御飯はどんなにお酒にあうお食事が出ても飲むことができません。飲んでも吹けるお酒の強い少数の方は一杯くらい飲まれますが私は飲んだら吹けないから無理だあ〜。
22時から遅がけで懇親会は始まり、ハーモニカ談義もしますが、それ以外のことでも大いに盛り上がります。涙が出るほど笑い転げました。
そのうち時間の経過とともに一人減り、二人減り・・・お部屋で飲んでいたはずが、話し声が睡眠の邪魔になるのでしまいには外に出て建物から一番離れたガレージの真ん中に座り込んでいました。就寝3時半。。。(ちなみに2泊目は2時半・・・)
なぜにこんなことになったかというと、今回の合宿は10代から20代の若手が数名参加していたからです。私は部屋割りの加減もあったのですが、年甲斐もなくしっかり混ぜてもらったのでしたf(^^;
練習も若手が参加してくれると笑いも活気も増えてメンバー全体が生き生きとして楽しかったです。

練習は最終日にアンサンブルの発表会で終了となります。
あらかじめ、合宿のひと月前くらいに楽譜をいただいていて、それぞれが練習して行って合宿中に合わせます。初級を含め混合メンバーなので、以前はとりあえず全員で曲の体裁まで持っていくので精一杯だったのですが、今回は「この二分音符はどう言う風に吹いたらいい?ギリギリまで伸ばす?ちょっと抜く?跳ね気味?」なんていう相談ができるようになり、なんだか感動。
選抜メンバーの結構難しいアンサンブル曲もいただいていたのですが、こちらの方はパートが合宿当日までシークレット、それから休憩時間に数回合わせただけで発表、と言う厳しい練習環境でどこまで仕上げられるかにチャレンジでした。なんとか吹き終えれらたのでよかった・・・

合宿へ行くと、自分が前よりできるようになったことを感じられて嬉しい反面、足りないこと、未だできていないこともも浮き彫りになり多少凹みます。しかしながら、こう言う感情が「刺激を受ける」ってことなんだと思いました。
これからどうして行くか、いま何をすべきか・・・さっそく動きだそう!

音合わせ、マンドリンオーケストラと(^^)

  • 2018/03/31(土) 01:03:08

今日は5月26日の演奏会のための第一回音合わせでした。
今年に入って2番目に緊張しました💦(ちなみに1番目は手術前夜でした😅)

初めてお会いする皆さん、初めてご一緒する楽器、初めてあんなに大人数!
30人以上おられる中、皆さんの前で演奏させていただくのですからド緊張でした~!はじめにやったバッハ、カチコチ通り越してガヂゴヂ⚡️
また私が吹き慣れた曲を選ばせていただいたのですが、暗譜するほど吹き込んでいるのがいい反面、つい自分流で吹いてしまうところもあり、ちょこちょこやらかし笑いをとってしまいました(笑)

しかしながら、先生のアドバイスと普段から頻繁に練習の機会を持たれているオーケストラの皆さんのおかげで最後はとてもリラックスして吹くことができました。
アップテンポの曲を2時間フルパワーで吹いたのでヘロヘロになりましたが、とにかく楽しかった!

今日は短い時間の中でとてもたくさんのことを学びました。
まずはマンドリンとクロマティックハーモニカの相性がとてもいいと思ったこと。
その理由は音量のバランスが近く、けれども音質はハッキリと違うので無理をしなくてもいいことです。
それから共に奏でる楽器によって吹き方を変える必要があるということ。
練習に行く前にいつもピアノを弾いてくださる先生に「マンドリンと一緒にやるならベターっと重くならないように。」とアドバイスいただいていたのですが、まさにその通りで、自分ではいつもより軽やかに吹いていたはずがまだもっと小気味よく、と求められました。
次回は今日ほどはアガらないと思うのでもっとよくまわりの音を聴いて、自分でも細かいところを詰めて臨もうと思います!

今週末はまた違う曲の練習です。レッスン室のレンタルでお世話になっている楽器やさんがラジオ番組を持たれているのですが、それに出演させていただくことになったのであらかじめ音源を録音することになったのでした。今度は一転、無伴奏ソロです


お話は変わって…
開墾した花壇のチューリップが咲きました!


アネモネも…


ムスカリも、水仙も、ビオラも花盛りです♡


うっかり新しい鉢植えを買ってしまったり、もf(^^;)
この時期、ちょっとだけ症状がで始めた花粉症は嫌ですが、春のお花は大好きです。

もうすぐドイツ行き。

  • 2017/10/29(日) 21:45:32

4年に一度のハーモニカの世界コンクール(World Harmonica Festival2017)がドイツのトロッシンゲンという街で開催されます。初めて行ったのが2009年、そして前回は2013年、そして今年。
今年はドイツ行きに照準を合わせて演奏活動などは控えめにして練習を頑張ってきました。ああ〜、もう明後日には出発です。8月からこっちが飛ぶように過ぎて行きました。
WHFのサイト

私は今回もいくつかの部門にエントリーしています。
大アンサンブル、小アンサンブル、そしてソロ。
ソロもいくつかのカテゴリーがあり、ジャズ部門やクラシック部門などがあるのですが、クラシック部門の中でも課題曲のある部門にエントリーしました。
この部門は課題曲で予選を通過しないと本選に出られず、自由曲を吹かずに日本に帰ってこなければならないのです。前回は上位10位までが本選に出場できたのですが、私は12位で本選出場は叶いませんでした。
せっかく遠い外国まで行くのですから課題曲なしの部門にして、自由曲だけ思い切り吹くということも考えたのですが、やっぱり前回のリベンジをしたいと思いました。
課題曲が恐ろしく難しくて、未だに上手吹ける時と大失敗してしまう時の出来栄えの差が激しく、博打みたいな仕上がりですが(笑)
ですが、どんな結果であれ、この数ヶ月の努力は何かの形に残っているのではないかと思っています。とりあえず、練習の仕方が色々変わりました。それから自分に足りないもの(足りないものだらけですが)が何か、また新たな気づきがありました。
さあ、いよいよだ。
でもまだ明日も明後日ももう少しジタバタ練習しますよ。
週末のレッスンで指摘していただいたところ、まだもうちょっと何とかできる気がするので粘ります。

IMG_4607.jpg
あれ?シルバーコンチェルトが2本??
いえいえ、左のは270DXカスタムです。
予備のプレートは1組持って行きますが、もし直前でトラブルがあってどうしようもない場合の予備の予備として270DXカスタムを持って行きます。
IMG_4609.jpg
シルバーと吹き口の厚みが近いので違和感が少なく吹けるかと思ってカスタムしました。ちょっとスカスカした吹き心地なのですが、シルバーの気密性と比べるのは無理があるかと思います。
ハープオンラインという今はないメーカー製のアクリルボディ270DXにDiscavary48のカバーをつけ、吹き口も四角穴のマウスピースに取り替えています。
本当はシルバーの予備プレートがつけられるボディがあれば一番いいのですが、シルバーコンチェルトのプレートは穴の位置が270とは違うので合わないのです。また帰ったらなんかいい方法を考えようっと。ドイツ行かなかったらファビュラス買えたんだけどねえ( ̄▽ ̄)
IMG_4610.jpg

顎、痛〜い!

  • 2017/09/04(月) 12:39:22

9月になって、朝晩はめっきり涼しくなりました。
植木鉢の植物も急に伸びてきたものがあったり、人間も植物もちょっと一息入れられそうです。
そうそう、鳥も。
病に倒れたまりも氏(コザクラインコ♂13歳)も毎日お薬を飲んではいますが元気にしています。
9月になって体重が1g増えました♪
水浴びをしたり、私のあとを走って追いかけてきたり、楽しそうです(^^)
IMG_3911.jpg
↑水浴び後の毛づくろいを手伝わされている様子。本人はうっとりしていますが、ずぶ濡れのインコって恐竜っぽいです。
ちなみに濡れインコは臭い(笑)乾いているインコは香ばしいお日様みたいないい匂いなんだけどなあ。

さて、今日のタイトル、「痛い話」です、ゴメンナサイ。
このところ大きく「あ〜ん」と口を開けると顎がめちゃ痛い。
原因はわかっています・・・今練習している曲が重音奏法の吹き分けがたくさん出てくるのと、超速吹きなので顎〜頰にかけて筋肉痛なのです
大口で笑う、ごはんを食べる、は自分で気をつけられるとして、怖いのはアクビ。油断してあ〜んと開けると、イタタタた(笑)
いやあ、こんな場所が筋肉痛になるなんて思いもしなかった!初めてなりました。
え、今まで練習量が足りなかったのかも?!
いやいや、5度奏法が悪いねん!5度奏法って曲の中で出てくること少なくて、出てきてもピンポイントで1、2回って感じだったのでその部分だけ乗り切ってなんとかしてきたのですが、今吹いてる曲は誤魔化せないほどにガッツリ出てきます。
それから3度5度6度、時には8度の組み合わせのアルペジオ奏法。舌も顎も頰もツりそうになるねん!
でも、案外楽しんで練習しています。ちょっとずつですが、進歩を感じられる瞬間があって嬉しい。
それに、吹奏楽器(ハーモニカは吸いもあるけど)としては一度に複数の音を出すことができる希少な楽器なのでここは頑張りたいところです。
あと2ヶ月弱、どこまで仕上げられるか、挑戦です。
IMG_4006.jpg