もうすぐドイツ行き。

  • 2017/10/29(日) 21:45:32

4年に一度のハーモニカの世界コンクール(World Harmonica Festival2017)がドイツのトロッシンゲンという街で開催されます。初めて行ったのが2009年、そして前回は2013年、そして今年。
今年はドイツ行きに照準を合わせて演奏活動などは控えめにして練習を頑張ってきました。ああ〜、もう明後日には出発です。8月からこっちが飛ぶように過ぎて行きました。
WHFのサイト

私は今回もいくつかの部門にエントリーしています。
大アンサンブル、小アンサンブル、そしてソロ。
ソロもいくつかのカテゴリーがあり、ジャズ部門やクラシック部門などがあるのですが、クラシック部門の中でも課題曲のある部門にエントリーしました。
この部門は課題曲で予選を通過しないと本選に出られず、自由曲を吹かずに日本に帰ってこなければならないのです。前回は上位10位までが本選に出場できたのですが、私は12位で本選出場は叶いませんでした。
せっかく遠い外国まで行くのですから課題曲なしの部門にして、自由曲だけ思い切り吹くということも考えたのですが、やっぱり前回のリベンジをしたいと思いました。
課題曲が恐ろしく難しくて、未だに上手吹ける時と大失敗してしまう時の出来栄えの差が激しく、博打みたいな仕上がりですが(笑)
ですが、どんな結果であれ、この数ヶ月の努力は何かの形に残っているのではないかと思っています。とりあえず、練習の仕方が色々変わりました。それから自分に足りないもの(足りないものだらけですが)が何か、また新たな気づきがありました。
さあ、いよいよだ。
でもまだ明日も明後日ももう少しジタバタ練習しますよ。
週末のレッスンで指摘していただいたところ、まだもうちょっと何とかできる気がするので粘ります。

IMG_4607.jpg
あれ?シルバーコンチェルトが2本??
いえいえ、左のは270DXカスタムです。
予備のプレートは1組持って行きますが、もし直前でトラブルがあってどうしようもない場合の予備の予備として270DXカスタムを持って行きます。
IMG_4609.jpg
シルバーと吹き口の厚みが近いので違和感が少なく吹けるかと思ってカスタムしました。ちょっとスカスカした吹き心地なのですが、シルバーの気密性と比べるのは無理があるかと思います。
ハープオンラインという今はないメーカー製のアクリルボディ270DXにDiscavary48のカバーをつけ、吹き口も四角穴のマウスピースに取り替えています。
本当はシルバーの予備プレートがつけられるボディがあれば一番いいのですが、シルバーコンチェルトのプレートは穴の位置が270とは違うので合わないのです。また帰ったらなんかいい方法を考えようっと。ドイツ行かなかったらファビュラス買えたんだけどねえ( ̄▽ ̄)
IMG_4610.jpg

スポンサーサイト

顎、痛〜い!

  • 2017/09/04(月) 12:39:22

9月になって、朝晩はめっきり涼しくなりました。
植木鉢の植物も急に伸びてきたものがあったり、人間も植物もちょっと一息入れられそうです。
そうそう、鳥も。
病に倒れたまりも氏(コザクラインコ♂13歳)も毎日お薬を飲んではいますが元気にしています。
9月になって体重が1g増えました♪
水浴びをしたり、私のあとを走って追いかけてきたり、楽しそうです(^^)
IMG_3911.jpg
↑水浴び後の毛づくろいを手伝わされている様子。本人はうっとりしていますが、ずぶ濡れのインコって恐竜っぽいです。
ちなみに濡れインコは臭い(笑)乾いているインコは香ばしいお日様みたいないい匂いなんだけどなあ。

さて、今日のタイトル、「痛い話」です、ゴメンナサイ。
このところ大きく「あ〜ん」と口を開けると顎がめちゃ痛い。
原因はわかっています・・・今練習している曲が重音奏法の吹き分けがたくさん出てくるのと、超速吹きなので顎〜頰にかけて筋肉痛なのです
大口で笑う、ごはんを食べる、は自分で気をつけられるとして、怖いのはアクビ。油断してあ〜んと開けると、イタタタた(笑)
いやあ、こんな場所が筋肉痛になるなんて思いもしなかった!初めてなりました。
え、今まで練習量が足りなかったのかも?!
いやいや、5度奏法が悪いねん!5度奏法って曲の中で出てくること少なくて、出てきてもピンポイントで1、2回って感じだったのでその部分だけ乗り切ってなんとかしてきたのですが、今吹いてる曲は誤魔化せないほどにガッツリ出てきます。
それから3度5度6度、時には8度の組み合わせのアルペジオ奏法。舌も顎も頰もツりそうになるねん!
でも、案外楽しんで練習しています。ちょっとずつですが、進歩を感じられる瞬間があって嬉しい。
それに、吹奏楽器(ハーモニカは吸いもあるけど)としては一度に複数の音を出すことができる希少な楽器なのでここは頑張りたいところです。
あと2ヶ月弱、どこまで仕上げられるか、挑戦です。
IMG_4006.jpg

できるようになる喜び。

  • 2017/08/10(木) 19:04:44

毎日すっごく暑いですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

私は時々熱中症になりながらも?!元気に過ごしております。
先日は数年ぶりに五条坂の陶器祭りに行ってきました。
8月の7日〜10日の間、東山五条から川端の間の両側に道の数百件の陶器屋さんが出店する陶器市です。
清水焼だけでなく、九谷や常滑、有田etc.日本中の焼き物が破格で手に入ります。
子供の頃から何度となく行っている場所ですが、今年初めて一人で行きました。行く度に熱中症で撃沈、最後まで楽しめたことがなかったのですが、台風の後でほんの少し涼しかったのと、一人マイペースに回ったせいもあり満喫することができました。
お目当はご飯茶碗と急須。・・・のはずでしたが色々買っちゃった♪
IMG_3874_20170810185013f42.png
漆器のお店も出ていたのでお椀とお雑煮椀を新調、それから彫り跡の美しいカッティングボードも買いました。

ハーモニカの方は新しい奏法を習得すべく練習に励んでいます。
今年はドイツで世界コンクールが開催されるのですが、その課題曲が超絶難しい・・・
定番の変拍子攻撃に始まり、それから嫌がらせのように重音奏法の5度奏法が出てきます。。。5度→6度→5度や5度→3度→5度のアルペジオ奏法などもこちらは苦労はしていますが、今までにも何度かやったことがあるのでまだ予想ができます。
しかし、曲の最後にオクターブ違いの音を高速で吹くフレーズが出てくるのです・・・タンブロック奏法の方の多くは4つの穴を咥えて左三つを舌でブロックして一番右の穴の音を鳴らす基本の音の出し方をされていると思うのですが、このフレーズを吹くには右三つを舌でブロックして左穴から音を鳴らす、というイレギュラーなフォームが必要になるのです。こんなのやったことないし!
課題曲ありのクラスにエントリーするかどうかはまだ決定していませんが、こうやってやったことのない奏法に出会ってチャレンジするのは面白いです。始め全然できなかったのが、だんだんできるようになる過程も楽しい。
具体的な進歩が実感しづらい今日この頃、目に見えて新しいことができるようになる感覚が嬉しいです。

恒例ハーモニカ女子会、春ライブの準備中♪

  • 2016/04/08(金) 20:24:10

先日、ハーモニカ友のサユリさんと恒例の不定期ハーモニカ女子会を開催いたしました♪
今回は、今月の末にある『響宴』ライブでデュオで演奏する曲の練習がメインでした。
大体お昼前から練習を始めて、ランチに行って、また帰ってきて練習といったパターンです。
お昼ごはんを食べるところをいつも悩みます。午後の練習を考えて、そんなに遠くないところ&駐車場があるのが必須なのでなかなか選択肢が狭まります・・・でも、それもまた楽しみのうちだったりします。
今回は前を通りがかってから一度行ってみたかったカフェを思い出し、チャレンジしてきました♪
IMG_7242.jpg
パストラミビーフのサンドウィッチ。くるみが入っていて香ばしくてとてもおいしかったです♪

デュオの練習もライブのためだけでなく日ごろから音を合わせているので、ずいぶんこなれた感じになってきました♪
どんな風に仕上がるか楽しみです(^^)

ライブについては以前にもお知らせさせていただきましたが、
『4/29(金・祝)午後1:00~開演 ライブレストラン音や』の予定で開催させていただきます。
Otoya_Live4_A5_3 - コピー
おかげさまで、たくさんご予約をいただきありがとうございます。
後少々、お席はございますが、満席になる可能性もございますのでお越しになられる場合はあらかじめお店の方か、メールフォームから私に直接ご連絡いただければ幸いです。(もうすでに伺っている方は大丈夫ですので!)
満席になっても、入場していただくことは可能です。
ただし、立ち見or傘立て(笑)orアンプの上(笑)e.t.c.などになる可能性がございますのでご容赦くださいませ!

ソロの方の練習も進んでおります。初めてお披露目する曲や初めての試みもいくつかあり、こちらも楽しみですo(^^)o

演奏するって時々恥ずかしい。

  • 2016/03/29(火) 16:11:49

先日のレッスンで自分で譜読みして少し練習してから初めて先生にご指導して頂いた曲がありました。
実はこれ、私にしては珍しいこと。たいていレッスンで吹く曲は、まず曲を頂いて、譜読みを見ていただいて、前から順番に表現方法やテクニックや練習のコツなどを教えて頂く形なので、1曲が出来上がる過程を全て見ていただくことになります。
が、演奏会などで自分で選んで練習している曲はスケジュールによっては聴いていただけることもあるけれど、自分で仕上げて本番、ということが多いのです。

私にとっては一番最初の先生の「じゃ、吹いてみて。」がもっとも緊張する瞬間でもあります。
譜読みの正否、表現など自分なりの解釈と練習の結果なので、緊張するとともに不安感倍増
そして同時にものすごく恥ずかしい。本番のときはそういうものはもう振り切って一生懸命に奏でることに集中するのみだし、最初からご指導いただいている曲の場合は良いところも悪いところも全部知ってもらっている上のことなのでどうってことないんですが。こんなん思うの私だけ??

もちろん、アドバイス頂けることは自分の糧になることばかりなので、聴いて頂けるのはとてもありがたいことなのです。
今回はハンドビブラートについてアドバイスを頂きました。
曲全部にハンドビブラートをかけ続けるのはなかなか大変で、ちょっと集中して練習中です。

やり続け過ぎて手がツッた・・・
FullSizeRender.jpg
週末、植物園に散歩に行きました。
桜はまだ1分咲きって感じ。今週末くらいが見ごろかな?