ファビュラスの四角穴モデル試奏。

  • 2017/05/27(土) 23:25:41

書きたいことがまた溜まってきています。
昨日の本番のことも書きたいのですが、まずはこのお話から♪

4月にSUZUKI楽器さんからファビュラスの四角穴ストレート配列モデルが発売されました。
IMG_2706.jpg
きっと興味をお持ちの方が多いのではないでしょうか?
わたくし、先日試奏の機会を得まして吹かせていただきました♪
毎度お馴染みのハーモニカ友サユリさんとのハーモニカ女子会、今回はハモンド梅田センターにお邪魔して試奏させていたいたのです。
当日はサユリさんの生徒さんも何名か試奏に来られて色々な機種を吹き比べておられました。
私もファビュラスの丸穴モデルと四角穴モデルを吹き比べさせていただきました。
あくまで個人的感想ですが少しレポートさせていただきたいと思います。
音は丸穴モデルに比べて高音の部分がしっかりある感じです。音のキラッと感が強いと言いましょうか。マイクを通さない生音での演奏を意識して高音の要素を多く残してあると思われます。
IMG_2707.jpg

また穴が大きい分、音量も大きいと感じました。
比較写真はないのですが、丸穴モデルに比べてマウスピースの高さはかなり低くなっています。
丸穴モデルのマウスピースは上面がカマボコのような形ですが、四角穴モデルはカマボコのカーブ部分を平らにしたようになっています。(あ、あくまでイメージね。ちゃんと色んなことを考えて作られた形です。)そのぶんマウスピース高さは低く、息がよりダイレクトにチャンバー(笛室)に入るようになっているのです。私の場合、マウスピースが低いので重音奏法(特にオクターブ奏法の時)の舌で穴をブロックする際、スライドの可動部に舌が触れることがありました。これは吹き手のポジションにもよると思いますので全員が感じることではないと思います。
もともと、ファビュラスは気密性、スライドの操作性など素晴らしい楽器ですが、さらに四角穴モデルができて音質、音量共に生の音で演奏するシーンについて進化したと思います。
…欲しいなあ。

ハモンド梅田センターではFー48SQ(ファビュラス四角穴モデル)以外の機種はいつでも試奏することができます。(念のため、事前に連絡されてからのご訪問をお勧めいたします)
今回はわざわざ四角穴モデルをご準備くださいまして、ハモンド梅田センターのスタッフの皆様、そしてY様、本当にありがとうございました。色々、興味深いお話を聞かせていただいて、たいへん勉強になりました!

スポンサーサイト

ハーモニカの修理。

  • 2017/03/02(木) 21:06:10

先日、マウスピースを取りつけている途中にネジが途中で折れた(!)という楽器が持ち込まれました。
機種はHOHNERの270DXで、私的には初心者の方が最初に持つにはお勧めするモデルの一つです。
木製ボディなので長く使っているうちにマウスピースを留めるネジ穴がバカになってしまい、マウスピースが浮いてしまう、とのことで穴を樹脂で埋めようかとも思ったのですが、スペアのボディパーツをお持ちだったのでパーツ交換を勧めました。
新しいボディにマウスピースを留めようとドライバーで回しているときにネジが折れ、ボディに残ったままになってしまった、とのことでした。
パーツ交換はコストパフォーマンスがいいし、せっかく育てたプレートも生かせるのでお勧めの方法なのですが、本体とパーツの作られた時期が違うと穴の位置などが微妙に違うことがあります。
今回もプレートの位置を決めたり、バネを留めるための鉄の棒を通す穴が開いていなかったようでした。
さらに、マウスピースのネジ穴も、小さな下穴は開いている状態ですが、いきなりネジで留め付けるより、ピンバイスなどでネジの径より少し小さい程度の下穴を開ける処理をした方がよかったようでした。
ちょうどお正月を挟む時期でレッスンもお休み、電話やメールでレクチャーしてご自身で作業してもらったのですが、やはり少々難しかったようで・・・。
さて。とりあえず、「触らないで次回レッスンの時、持ってきてください。」とお伝えし、持ってきていただきました。
見たところ、あらあ、見事に穴にネジが3分の2くらい入った状態で折れている・・・

ネジザウルスなど、ネジ山をつぶしたり折れたりしても回せるようなプライヤーもあるのですが、いかんせんハーモニカのネジ穴なのでそんなものも使えず・・・
穴を潰して埋め直すつもりで、地道に極細のピンバイスを使ってネジの周りに小さな穴を開け、ネジの周りを小さく彫っていきました。
それからミニチュアを作るときに使う先端の細いプライヤーで彫り出したネジの芯を摘み、空周りしながらもだましだまし回すことができました。


取れた!・・・その瞬間の嬉しかったこと。オウジョウシマッセ、ホンマニ(笑)
これが取れたらもうこっちのもんです。
以前もやったことがあるのですが、UVレジン(UV光線で固まるエポキシ樹脂)をつまようじでネジ穴に流し、UVライトを照射して固めます。

それから先ほど書いたように、ネジの直径より少し小さめのピンバイスで下穴を開けたら、無事にマウスピースが装着できました。

下穴も直径の小さなものから少しずつ慎重に開けます。
バネを留めるパーツを通す穴もインパクトドリルで開けました。
無事修理完了です♪
それにしても、落としてもいないのにネジが折れるっていう故障?は品質的にどうだろう・・・ネジの当たりが悪かったんやろか。
近頃、木製ボディのハーモニカが結構エライ壊れようで持ち込まれます。木が柔らかくなったのは温暖化のせいかしら?

マイクの改造?デコ?

  • 2017/02/19(日) 01:03:48

先日、久しぶりにスタジオでピアニストさんと音合わせをしました。
来週の水曜日2/22(水)に嵐山音やさんで開催される『奏~KANADE~』ライブの準備です♪

素敵なフライヤーも作っていただきました!

今回はポップスや映画音楽の曲もあり、また当日はキーボードを使われるとのこと、音色やアレンジなどの打ち合わせをしました。
そこで私も今回はマイクを使うことに。近頃はめっきり生音で演奏する機会が多かったので久々のマイク登場です。
私がマイクを使う時は、SUZUKIのコンデンサのピンマイクを襟元に留めるか、SUREの58をスタンドに立てるか、ややオフマイク気味で使っています。ですが、音合わせをしてみて、ラインを通してスピーカーから音が出るキーボードと一緒に演奏する場合は同じスピーカーから音が出る方が良いし、オンマイクの方がいいかも?と思いました。
当日のリハで決めるつもりですが、とりあえずオンオフどちらでも行けるようにマイクに少し細工をしました。

SUZUKIのマイク、ホルダーの類いがいくつか付属品としてついています。
タイピンタイプで襟元に留めていましたが、それに加えて指にホルダーをはめるタイプも持って行くことにしました。

ホルダーにピンを挟むようになっているのですが、私の手には少し大きく、楽器にマイクが当たることがあるので、一回り小さく作ることにしました。
ついでにウィンドジャマ―(風防)も手作りすることに。黒じゃない方がいいかな、というのと、楽器に当たった時の音を軽減したい、そしてシルバーコンチェルトはマイクの近くで音を出すと高音がどうしてもきつく響くので、風防を厚めにすることで少しは自然にハイがカットできないか、とf(^^;

材料はボア(毛のついた布)とメラミンスポンジです。
メラミンスポンジを小さくカットし、マイクが入る切り込み(穴?)を開けます。ボアを丸くカットし、縁をぐし縫いし絞ると丸い形になるので、接着剤を塗ったメラミンスポンジを入れて接着。マイクの受信部を避けたところに両面テープを細く切って貼り、作った風防をかぶせて完成♪




ホルダーの方は既存のものを参考に少し小さめの丸型に革を2枚カット。そしてマイクを留めるためのパーツにピンバイスで穴を開け、それぞれ革に縫いつけます。



このパーツ、タイピンタイプの純正品をカットして加工(切断、研磨、穴あけ)しました。前にセーターに無理に留めてピンを折ってしまったのですが、その折れたパーツを大事に取っておいたのです。マイクのラインを留めるための小さな爪のようなパーツで、必要です。


黒のベルトが案外目立つので、今回は白で作ってみました。電源コードなどを束ねる為の両面マジックテープです。
私専用なので、自分の指周りのサイズピッタリの長さにして、不要な部分のマジックテープのトゲトゲはハサミでカットしました。純正品はトゲトゲが短いので気になりませんが、自作のはチクチクして痛かった(笑)

そして、案外目立つ・・・ということでベルト部分をビーズ刺しゅうでキラキラにしてみました♪



ケースはダイソーで見つけたマカロン型のイヤホンケースがピッタリです♪ポケットがあるので、そこに乾燥剤も入るし、巻いたコードの納まりもイイ💕
う~ん、こうやって作ると本番で使いたくなるな。まだ使うかどうか、わからないけど(笑)
どんな風になるか、見届けに、お越しください♡

新たな修理道具♪

  • 2017/02/13(月) 00:37:53

新年会の席で、同門の先輩から新たな修理道具をおしえてもらいました。
1月の上旬に聞いていたのに、なかなかお試し実験する時間がなくて今頃になりました。
さてその道具の名はバイスプライヤー。
何それ、何それ。

プライヤーですが、一度力をかけたら固くしまって、ロックを解除しないと開かないのです。グッと握るとテコが効いて握った以上の力でハサミが締まります。
これを何に使うのか、というとリード交換の時にリベットをかしめるのに使うのです。
先輩は10ホールズの修理をしている人のサイトで見つけられたのだとか。
なるほど、これは良いことを聞いた!
相変わらず金づちを使ってリベットを打つとどうしてもリードがプレートに強く密着しすぎたり、先端がスロットルより下がってしまい、音が詰まってしまう私。
解決になるかも?!
ええ~、ホームセンター大好きな私は聞いた2、3日後にさっそくバイスプライヤーを買ってきました。
700円ちょっとで売っていました。
すぐにリベット留めの作業を試せなかったのにわけがあります。
バイスプライヤー、用途はプライヤーですので挟むところはギザギザに溝が彫ってある訳です。
この溝、リベットよりも大きいのでどうしてもリベットがはまりこんでしまい、ギザギザの深さ分、プレートの裏側に出っ張ることになります。あとで削っても良いのでしょうが、なるべくなら平らにしたい・・・それにプレートにも傷をつけたくない…
バイスプライヤーの片方に金属の平らな板を取りつけたら良いと教えていただきました。
しかし、自分で加工できる範囲かつ、リベットをかしめても凹まない程度の硬さを持っているもの・・・探すのが難しく。
なかなか思いつきません。
とりあえず、手近にあった薄い鉄板でやってみましたが、案の定凹みました。かしめたリベットも少しだけですが、裏側に出っ張りました。

でも🤗、表側の留まり加減はいい感じです。いつも打ちつけただけでは音が出ないのですが、一発で音が出ました♪
さあ、これは本気で硬い金属片を探さなくては!

それで思いついたのが3本セットの100キンの工具。小型のダイヤモンドヤスリです。
適当な厚みと切りやすさに着目しました。

一番根元のダイヤモンドヤスリになっていない部分がいい感じにつかえました(^-^)/はじめはヤスリ部分が滑り止めになっていいかとも思ったのですが多少滑る方が位置決めなどがしやすいように思いました。
さすがに100キンとはいえ『工具』、リベットをカシメても凹むことはありません♪
よいことを教えていただきました♡
ありがとうございました♪

鉛筆コロコロ。。。

  • 2016/10/15(土) 19:24:47

先日、大片づけをしていたら、以前鉛筆ホルダーを作ろうと思って買っておいた材料を発見しました。
鉛筆ホルダー、それはアンサンブルの練習時に活躍するのです!

IMG_9967.jpg
これは初期バージョン。システム手帳につなげて使う小さなシャープペンシルで、既製品。以前仕事で使っていました。
譜面台に付けたら落ちても引っ張ったら拾えるしいいんじゃない?!と思いつき。
ガサツなせいか、アンサンブルの練習中によく鉛筆落とすんです、私。
そしてアンサンブルの練習って結構お隣の席と近かったりして身をかがめて落し物拾うと迷惑になっちゃう。
IMG_9968.jpg
自作改良バージョン。
小さいシャーペンは書きにくい。走り書きにはやっぱ鉛筆!と思い鉛筆キャップにチェーンを付けたもの。
家にあったチェーンを付けたのでちょっと細すぎてよく絡まります・・・

IMG_9890.jpg
最新改良バージョン♪
ハーモニカ先輩が私のチェーン付き鉛筆を見て思いつかれたアイデアを拝借。
キーホルダーをベルトに付けたりする時のビニールのバネみたいなのを利用しました。これなら引っ張ったら伸びるし、落ちても途中で止まるし、ナイスアイデア!
IMG_9948.jpg
ブラスバンドに所属するお友達の分。そりゃユーフォニアムを抱えて鉛筆を拾うのは大変だろうな。
他にもオーケストラでクラリネットを吹いておられるお知り合いがすごく興味を示しておられました。簡易な譜面台って骨組みだけだから鉛筆落ちるもんね。みんな一緒?!

絵はアクリル絵の具を使って、つまようじとネイル用の筆と待ち針で描いています。
IMG_9905.jpg
びよよ~ん♪