FC2ブログ

札幌演奏旅レポート♪

  • 2019/06/27(木) 02:22:04

2泊3日の札幌の旅、楽しんで参りました!
歩いた、歩いた3日で24キロ!(演奏に行ったはずじゃ?笑)
でもせっかく行くのですから、色々と満喫しました。
演奏会レポ&旅レポです(^^)
IMG_2437.jpg
======================
まずは初日。
朝4時起きで出発の準備。始発の地下鉄で京都駅に行くのですが、植木鉢の水やりをしていて時間ギリギリに。
やばい「はるか」に乗り遅れる!と地下鉄の駅までスーツケースを引きずり1.2キロダッシュ!(去年の手術前は5歩のかけ足ができなかったのに。)おかげで始発になんとか間に合い無事に関空特急はるかに乗れました。
毎年北海道には遊びに行っていますがいつも船なので今回の飛行機旅は新鮮です。
IMG_2320.jpg
飛行機旅で一番気になるのはハーモニカが必ず手荷物の保安検査で引っかかること。
カバンの中を見せてください、ハーモニカです、ではもう一度機械を通しますので持っていきます、と係員さんに持っていかれるのが一番不安です。これ、小さいけどめちゃ高いから!絶対落とさないでね!と念を押すのですが心配でたまらないので、カバンから出して時計と一緒にカゴに並べて機械を通すようにして見ました。無事通過♪
飛行機はLCCの格安航空券を利用。関空特急を入れても、新幹線で東京に行くより安くいけちゃうんですね。諸々の条件はありますが。
荷物はサイズ的には機内持ち込みだけでいけるだろうとタカをくくって一番安い料金プランにしていたのですが落とし穴が。サイズはOKでも重さがダメだった!追加料金がかかり、元から預け荷物ありのプランよりも1500円も余分にかかっちゃった。次回から気をつけよ・・・f(^^;
IMG_2322.jpg
飛行機に乗って二時間弱で関空から新千歳空港に着。エアポートライナーに乗って札幌まで約40分。12時すぎに札幌に到着しました。この日は集合~音合わせが夕方からだったので、それまではフリー。時計台、テレビ塔を横目に見ながら、札幌でたまたま開催されていたドールイベントを覗いて、ホテルのチェックイン待ちにアートなギャラリーカフェで一息入れました。北海道はおしゃれカフェとは無縁の家族と行くのでこういうシーンもちょっと嬉しかったり。
ホテルのチェックインに向かっていると、向こうからよく知ったお顔が。同じアンサンブルに出演するお仲間が偶然同じホテルでお部屋も隣同士でした!やった~♪
IMG_2324.jpg
IMG_2323.jpg
IMG_2338.jpg
IMG_2436.jpg
夕方からは会場のリハ室で音合わせ。
今回のアンサンブルメンバーは、それぞれ京都、滋賀、三重、東京、神奈川、茨城からやって来たので本番までに合わせるのはこれが初めてになります。とはいえ、参加メンバーは全員F.I.H.のコンクールの本選出場者ばかり、その半数以上は上位入賞経験のある方ばかりです。しかも今回は先生も一緒に入ってくださるという(^^)先生方にみっちり3時間しごいてもらい、時間を追うごとにアンサンブルの勘が戻って来て、なんとか形になった、か、な?というところで、練習終了。
それからみんなで晩御飯に行きました。これが旅の大きな楽しみの一つです!
ハーモニカの話だけじゃなく、わいわいガヤガヤ楽しいひと時を過ごしました。海鮮も美味しかった!本番に備えてお酒は控えめに、のはずが気付くと結構杯を重ねてました・・・
IMG_2464.jpg
さて、翌日。
お酒も残らず美味しく朝ごはんをいただき、隣室のメンバーさんと少し早めに出発。
IMG_2357.jpg
札幌コンサートホールは大きな公園の中にあり、公園内の豊平館という古い建物やバラ園などを見つつ、散歩してから会場に行きました。
会場に入ると、もう本番の始まりです!
IMG_2366.jpg
IMG_2362.jpg
IMG_2432.jpg
まず舞台の様子を見て素晴らしさに驚きました。
2000人収容の大ホール、パイプオルガンはあるし、舞台の裏にまで360度座席があります。立派なホール!ここで吹けるなんで本当に嬉しい、と思いました。
そして、着替えて写真撮影。
集合写真の他に、せっかくドレスアップしたんだから、と一人ずつの写真もスマホで撮影。プロフィール写真に使える
それから、ステージでリハーサル。一人1本、マイクを使うと聞いていたのですが、音響のスタッフさんや主催者さんと色々検討の結果、和谷アンサンブルの音はマイク無しの方がいいのでは、という結論に。私は「このホールだったらぜひ生の音で!」と願っていたのでそれは嬉しい結果でした!
控え室もとっても立派だったので窮屈さを感じることもなく、快適に過ごせました。
早めに軽くお昼ご飯を取り、各々調整。
誰かが曲を吹き始めると、一人二人とだんだんそこに音が重なって行って、個人練習のはずが軽くアンサンブル練習に。これがまた好きな時間だったりします。
会場には同門の方が数名、京都や関東方面からも、わざわざ演奏会に来てくださっていました。
K様、ご当地お菓子の差し入れありがとうございました♪
IMG_2429.jpg
開演してからは本当にあっという間でした。
まずは札幌ハーモニカ倶楽部さんの第一部。
打楽器やギター、コントラバスもおられて、ハーモニカも色々な種類を使われている、メンバー30人以上の大アンサンブルです。とても難しい曲を複雑なパートに分かれて演奏されていました。異なる音色が重なる面白さを感じました。
和谷アンサンブルは例によってクロマティックハーモニカ 1本です。4オクターブ、あるいはテナーを使いますがそれもやはりクロマティックハーモニカ。

バッハの「二つのヴァイオリンのための協奏曲」、カーペンターズの「TOP OF THE WORLD」、先生のソロでラプソディ・イン・ブルー」それから全員の合奏でムーディの「TOLEDO」。13人で奏でるTOLEDOはなかなかの迫力です。吹き終えると拍手ととも客席から「ブラボー」をたくさんいただきました。ブラボーの声がかかると本当に嬉しいものですね。
アンコールでは札幌オリンピックのテーマ曲「虹と雪のバラード」を演奏しました。
私は知らない曲だったので「へ~」と思っていたのですが、客席を見ると曲が始まると小さく手を叩いて喜んでおられるご婦人方が。そういえば今、札幌の地下鉄の駅メロも期間限定でこの曲なのです。札幌にゆかりのある方にとっては特別な曲のようで、流石の選曲だったんだな、とわかりました。
さらに後半の札幌ハーモニカ倶楽部さんの熱演のあと、最後のアンコールでは我々も再び舞台に呼んで頂き、約50人全員でカルメンの「前奏曲」を演奏し、終演。

遠いところでの演奏会で参加するのは少し大変でしたが、本当に行って良かった、と思いました。
アンサンブルの演奏はソロの活動とは違った刺激があり、勉強になります。またいつかこんな機会があればいいな、と思います。
====================================
IMG_2464.jpg
終演後は私は皆さんと別れて、札幌在住のドール友さん達に会いに行きました。もう長いおつきあいです。
ひとしきり盛り上がり、念願の「札幌締めパフェ」を食べて、あわや終電を逃しそうになりながら楽しみました。
IMG_2477.jpg
翌日も午前中からあちこち連れて行ってもらって、千歳空港にお見送りまできてもらって、充実した時間を過ごしました♪
IMG_2487.jpg
↑道庁前にて。
さよならした後、楽しかったなあと余韻に浸っていたら、保安検査の時にうっかりカバンからハーモニカを出し忘れてしまい再検査になり、ざっくり楽器を持とうとする係員のお兄さんに慌てて「それ、めちゃくちゃ高いから!」と叫ぶことになりました

スポンサーサイト

JEUGIA三条本店ミニコンサート♪

  • 2019/06/19(水) 09:04:18

日曜日の午後、JEUGIAさんがハーモニカフェアを開催されるとのことで、JEUGIA三条本店の売り場横で演奏をさせていただきました。
皆さ〜ん、6月23日まで複音もクロマチックも、ハーモニカ定価商品が15%OFFですよ〜!
IMG_2272.png

IMG_2276.jpg
本日の衣装。ライトグレーにバロックパール。真っ白はよう着ませんけど、これくらいのグレーならなんとか(笑)

30分弱の短い時間でしたが、JEUGIAさんがご案内されていたお客様の他に、お買物中のお客様も足を留めてくださいました。オープンスペースでの演奏って、「お客様方はもしかしたら初めて聞くクロマティックハーモニカ の音が私の演奏かもしれない」と思うと責任も感じるし、張り切りたくもなります

バラード系の定番ポップス、テレビ番組の主題歌、クラシックの小曲を4曲ほど、無伴奏やマイナスワンの音源で演奏しました。
この日の反省点。私としたことが楽譜の挟みを忘れていったのです。ちゃんと用意してたのに〜!
挟みとは譜面台に載せて楽譜の裏打ちにするもので、楽譜が透けて見にくくならないように、あるいは風で飛ばないようにクリップで留めたり、またお客様側譜面の裏側などが見えないようにするため、本番には必需品なのです。
幸いにも1曲だけちゃんと楽譜自体に色画用紙で裏打ちしたものがあったのでその楽譜が挟みがわりになりました。
演奏場所が部屋の角だったので空調の風がめちゃくちゃ回っていて、楽譜ヒラヒラ・・・
慌ててクリップを一個だけ借りられましたが、2個借りるべきでした・・・絶対なんでもある場所(楽器屋さん)やのに中途半端に遠慮した(笑)

ブログでの告知をしていなかったにも関わらず、思いがけずお知り合いの方が来てくださいました。
私はコンサート会場で知ったお顔を見られるだけでとても心強いです。
差し入れまで、ありがとうございました。
お花のクッキー、綺麗なので食べられずに眺めています(^^)

IMG_2280.jpg

===================
今年の朝顔たちの状況。
IMG_2282.jpg

もう蕾が付いています。まだ短日処理していないのに、え、なんで?
*短日処理=朝顔はある程度夜の時間が長くならないと蕾がつきません。人工的に夜を長くして蕾をつける処理のことを言います。

なので自然の元で育てていたらまだ蕾はつかないはずなんです。おかしいなあ、なんでやろ?
と思ったところで心当たりが。
今は日当たりのいいベランダで育てているのですが、去年、夜中に何者かに葉っぱを食べられていたので今年は夜の間は室内に入れていたのです。窓際に置いていたから日照条件は変わらないと思っていたのですが、朝の光って案外威力があるらしく、早朝室内に置いていたのが原因みたい。
花色を確かめるためにどうせ短日処理をするつもりだったので手間が省けました。
銘柄ありの種は何色かわかって買っていますが、垣根朝顔は混色の種なので何色が出るかはお楽しみ♪
咲いた色によって植え場所を変えたり、本植えの鉢の色を考えようと思います。
あと1週間くらいで初花が見られそうです♪



色々と同時に始動♪

  • 2019/06/16(日) 00:12:00

梅雨入ったゾ宣言はもう出たのかな?
それはさておき、我が紫陽花は綺麗に咲いています。
犬避けのダミーの薬として石灰を撒いていたらだいぶ土がアルカリに傾いたようで、めちゃピンクです。確か前は紫かあおだったような??
IMG_2239.jpg

今週は怒涛の一週間でした。
何人の方と連絡を取ったかしら・・・連絡事項が捌き切れず、TO DOリストに書いていました。
おかげさまで嬉しい用事ばかり!
お話のあった企画がいくつか急に動き出したり、、新たに演奏の機会を頂いたり。
それから、ちょっと楽しみな制作も。

えっとね、一番最初に動き出したのは来月7月28日に開催される発表会関連のお話。
今年はサユリさんの主宰されている教室の発表会にうちも参加させていただくことになったのです。
発表会自体も準備が要りますが、それとは別に「行事をきっかけに作ろう!」と思い立ったものが二つ。
せっせと準備を進めています♪
ヒント↓
IMG_2245.jpg

それから、お世話になっているアメリカヤ楽器店さん主宰のサマーコンサートに出演させていただく事になりました。
3組出演で、ヴァイオリンとピアノデュオ、それからピアノソロ、そして私はマンドリンの武岡さんとデュオで出演させて頂きます。
トークなしの正統派コンサートです。いつもワイワイとお喋りを交えてのステージですが、この時はキリリとした?雰囲気でお届けしようと思います(^o^)ソンナンデキル⁈ヽ(´o`;

同じ日にもう一つ、春先にご縁があったお店で秋(11月)にワンマンでティータイムコンサートをさせていただけることになりました♪
街中のとっても便利な場所で、日曜日の昼下がりに美味しいお料理やスィーツやワインと一緒に演奏を聴いて頂ける機会です。日曜日の昼間、おやつ付き、というのがお客様女子全般のご要望だったので叶ってとても嬉しいです。

あと、気が早いですが、ギタリストの松下さんにお声がけいただき、もう12月のライブ予定が。隠れ家けやきcaféライブがだんだん知られるようになり空いてる日がうんと先なんですって。そりゃそうだ、だって、お客様にとってもプレイヤーにとっても、すごくいいお店ですもん!

もう一つ、これはハーモニカは関係ないのですが、主宰しているドールイベントの第4回の準備が始まりました。
こちらは大人のお人形遊びがコンセプトの展示即売のイベントで、回を重ねるごとにお客様が増えて来ています。
11月に開催ですが、作家さんの募集開始の時期なのです。今回も素晴らしい作家さんが参加してくださる事になり、とても楽しみです♪

・・・というお話が、今週1週間で次々と舞い込んで来たのでした。
またきちんと決まったら改めてお知らせさせていただきますね!

そして、一番近い明日のお知らせをうっかり忘れていたと言う・・・
明日、JEUGIA三条本店4階の楽譜売り場横のスペースで30分間、デモ演奏をします。
今回は一人のステージです。一人だとまたいつもと違う選曲になったり、冒険したりしなかったり、で演奏します。
お天気は悪そうですが、お客様聞いてくださるといいな。
IMG_2251.jpg




『札幌ハーモニカ倶楽部定期演奏会』アンサンブルでゲスト出演♪

  • 2019/06/10(月) 00:26:56

昨日(あ、日付変わってるから一昨日)は朝早くから東京日帰り旅でした。
恒例?のF.I.H.JAPANハーモニカコンテストに出場してきました。
私が出場したのはクラシック・ソロ部門で、曲はM.ファリャの「スペイン舞曲第5番」でした。
今年は記念すべき予選通過10回目、今までデュオで3位、クラシックソロで2位を4回いただいたことがあります。
目指すは1位でしたが・・・
結果は、若手の台頭が目覚ましく、今年は手ぶらで帰りました。2年ぶりに出て緊張したのか、オクターブ奏法が綺麗に決まりませんでした。コンクール終了後、「今年、緊張してた?珍しい。」と審査員の先生方や聞いていたお知り合いに言われましたf(^^;
近頃、たくさんの舞台に立たせていただいているのですが、やっぱりコンクールは緊張の度合いが違いますね。でも緊張というよりも欲深く狙いすぎるせいかも(笑)
京都教室の同門の13才中学生BOYが2位、そして同じく同門の東京教室の19才大学生GIRLが1位かつグランプリでした!3位は以前同じ門下で随分年下の先輩だった方です。20代かな?まだ公式HPページでの発表はないようですが間も無く出ると思います。当ブログでの実名記載は控えますね。
おめでとうございます!
そして、ちょっと一息、と休みたいところですが、山のように用事がある上に、今週末はJEUGIA三条本店さんで30分間のデモ演奏、そして月末には札幌コンサートホールでアンサンブルメンバーとしてコンサートに出演します。
JEUGIAデモ演奏のプログラム。な~んも考えとらん!明日の最優先事項ですスペイン舞曲第5番もヴァイオリンの楽譜を少し取り入れたバージョンにして吹こうかな、今なら暗譜でできるし。
そして札幌コンサートホール。めっちゃ立派な良いホールです。新曲も2曲あるしこっちも練習しなくちゃ
20190404182104-1.jpg
ご興味のある方はぜひお越しください♪

クレッシェンドと後押しの差。

  • 2019/06/06(木) 08:38:35

今、一つの曲の仕上げに入っているのですが、曲の主題で何度も繰り返されるフレーズがあります。
一番最初から「この繰り返し、私が吹くとなんか同じことの繰り返し感が強くてクドくて野暮ったい・・・」と吹き方に悩んでいたのですが、ある時二人の先生から「後押しになっている」「2音目への繋ぎがイマイチ」「変な揺れがあってコブシみたいになってる。」とのご指摘を受けました。なるほど、これが原因か。
クレッシェンドして行ってフレーズの音の頂点で少し抜く、という表現をしたかったのですが、クレッシェンドの仕方が後押しになっていたようです。
それから練習を重ねて、またチェックをしていただく機会があったのですが、今度は「問題のフレーズが2回続く時の1回目がまだ後押しになっている。」とのご指摘。う〜ん、同じように吹いているつもりなのになあ・・・レッスンの録音を繰り返し聞いて違うことはわかるようになったものの、どう直せば良いのかわからない。ちょっと行き詰ってしまいました。

ヨシ。
聞いてわからなければ見てみるしかない。音形で見てみよう。

実は最近Cubaseのソフトをバンドル版からProに一気にアップグレードしました。(30周年半額セールに乗っかりました!)で、まだ買ったところのバージョンを試していなかったので、おそらく初回は使うのに多少時間がかかると思って、二の足を踏んでいたのですが思い切って立ち上げて見ました。データを読み込んで音形で表示するだけなので別に前のグレードでもできることなのですが、如何せん使い慣れていないので何をするにもおっかなびっくりなのです。

IMG_2125 2
↑クリックすると大きく表示されます。

多少、いつもよりは手こずりましたが、とりあえず音形は表示できました。
上が今まで吹いていた後押しの吹き方。わかりやすくするために若干強調して吹きました。
下が一応OKが出たクレッシェンドの吹き方。
上のピンクの方はグイっとカーブを描いて大きくなって次の音に行くときに音が急に小さくなっています。
なるほど、これがコブシや変な揺れの正体か。
一方、下の方は一直線に大きくなって行って、次の音に行くときは少し大きくなっています。
一直線でこの直線の角度がもっと大きくなればよりクレッシェンドが強く表現できている、ということなのでしょうね。

・・・これ、目で見ると直すの簡単そうに見えるけど、私の吹いてる感覚としては体の使い方は、ほんのちょっとした違いなんです。理屈はわかったけど、ちゃんと直るかなあ

そもそも私の感性が若干大雑把なのだと思われる節がいくつか。
先生に1度指摘されたことを直して行くと、今度は逆の指摘をされることがめちゃくちゃ多い。つまり、直そうとして今度は逆に振る(^^;  
例えば「もう少しスタッカートで。」と言われた次に「音が短すぎて余韻がない。」とか「ここはもう少し咳き込むように音楽を前に進めて。」と指導していただいた次は「急に早くなりすぎ。」・・・加減ができないというかちょうど良いところでやめられないというか。
もっと繊細に違いがわかるようになりたい!

********************************************
同門のハーモニカ友(大先輩ばっかりですが)の集いに出かけてきました。
お身体の都合で卒業された大先輩にお会いするのがメインの目的でした。お元気そうなお顔を見られて嬉しかったです。
まだまだたくさんのことを教えていただかなくちゃ、と思いました。
皆さんとお昼を食べて、ハーモニカに関する古い外国の番組を見せていただいたり、ハーモニカ談義をしたり、そしてアンサンブルを数曲吹いて楽しいひと時を過ごすことができました。
ありがとうございました。