プレートの新旧。

  • 2017/10/18(水) 12:14:51

いよいよ出発まで2週間を切りました。
なんだかんだと言いながら楽しんで準備をしています。

一番気になっているのがやはり持って行く楽器のこと。
もちろん愛用のシルバーコンチェルトを持って行きます。

いつもコンクールの時はメインのプレートと万が一リードにトラブルがあった時に打ち替えられるように金槌や金床を持って行っていたのですが、今回は体の都合で重い荷物が持てないので重い工具は置いて行くことになりました。
なので夏頃からメインのプレートは大事に保管して、2番手の新品のプレートを使っています。

楽器のコンディションには色々な意見があると思いますが、私はやはり新品の楽器はリードが硬く、吹きにくく感じます。
今のメインプレートはかれこれ8年、リードを打ち変えながらずっと使っているものです。新品のリードが短い期間でどれくらいこなれるかわからなかったのですが、とりあえずやってみました。ちゃんと2番手も育てなくちゃ、と思い続けてはいたのですが、なかなか吹きにくいものでf(^^;
幸か不幸か?課題曲が相当激しい曲だったのでこなれるのは幾分早いか、と思いました。それに固めのリードで練習した方が負荷になって良いかも、なんて思ったりして。
3ヶ月でなんとかそれなりに鳴らせるようになりました。新しい方が良いかも、と思うくらい。

さて、いざコンクール間近になってプレートのメンテナンスをしています。昨日、メインのプレートに戻しました。
そこで新旧プレートを吹き比べて改めて感じたことがありました。

うん。
やっぱり古い方、吹きやすい〜!
新しい方は高音(10番以降)が全般にとてもクリアに安定して出ます。その一方で低音はリードが硬く、音が若干出しにくいです。
古い方は低音がスッと出ますが、高音はリードがへたり気味でちょっと不安定。。。そして12番が折れるというハプニング。今でよかった。
古い分、少し安定性に不安はありますが、音の出しやすさ(粘りやレガートさの加減)は格段に違います。
やはり本番で使うなら8年間付き合ってきたプレートになりそうです。
壊れたら嫌なので、もうしばらく2番手のプレートを使ってメインは温存します。

さ、とりあえず12番Cのリードを交換しよう。

画像がないのでうちの鳥。
床暖房が入った途端、床に突っ伏して寝ています。(左が頭、右側が尻尾)
怠惰だ・・・。
IMG_4538.jpg

スポンサーサイト

練習と秋満喫の日々。

  • 2017/10/10(火) 19:20:50

昨日、今日と夏が帰ってきたみたいな気候ですね。アツイ・・・。
もう夏物はしまったのに〜!

今日で前回の更新から1ヶ月空いてしまい、広告記事が出てしまいました!
2回目です。ありゃりゃ。

目下、ドイツでのコンクールの準備に勤しんでおります。
演奏もその他の準備も。
旅立つのは10月末日です。本番までもう1ヶ月を切ってしまいました。
なんとか形にしたいと気持ちは焦りますが、一歩一歩着実に進むしかないなあ、と自分に言い聞かせています。
コンクールでエントリーしているのは大アンサンブル部門、小アンサンブル部門、それからクラシックソロの課題曲有りの部門です。全部で4曲。
やはり難行しているのは課題曲です。ムズカシぃ〜!!とにかく練習あるのみです。
激しい曲なので新しいリードプレートがこなれるのは早かった気がします。

家人が在宅の土日は練習がしにくいのでその時はもう一思いに一切楽器を吹かないでメンテナンスなど音を出さない作業に没頭しています。
そしてちゃんと息抜きに秋を満喫していますよ〜。

近頃の我が家のブームは朝市です。
早起きして大原の朝市に3週連続で通っています。
うんと若い頃は(今は??)朝市の農作物なんかには全く興味なかったのに、今となっては「採れたて!安い!しかもめちゃ美味しい!」とすっかり虜です。大人の楽しみを知ってしまった(笑)
この秋は栗の魅力に取り憑かれ、3回買いました。剥くのめちゃ大変なんですけどね。栗ご飯を2回と甘露煮を作りました。
今週は朝5時に家を出て大原(京都)、朽木(滋賀)、マキノ(滋賀)の3箇所の朝市を回るという暴挙に。。。
でも午前中には帰宅できてしまうので早起きすると一日が長くていいな、と思いました♪
今週の戦利品は、里芋、柿、イチジク、鱒寿司、パン、生の落花生でした。
IMG_4471.jpg
IMG_4369.jpg

初めて生の落花生を塩茹でして食べたのですが、知らなかった、こんなに美味しいものだったなんて。。。

本日の我が家の前の花壇。
IMG_4478.jpg
今度こそ、お花たちが育ち始めました!
実は先月、頑張って土をごっそり全部入れ替えました。やはり育ち方が全然違います。
コンクールから帰ったら少し遅めになるけど、春の花の苗や球根を植えようと思っています。

気分転換とヘアドネーション♪

  • 2017/09/10(日) 19:55:44

練習と、他にもちょっと懸案事項が重なり、実用プラス気分転換に髪型でも変えてみようと思いつきました。ドイツへの海外旅行も短い方が楽だしね♪
去年くらいから切りたかったんだけど、したい髪型もなく、長年伸ばしていたのでなんとなく切れずにいたのでした。
切る前は5、6年伸ばしていたので腰近くまでの長さがありました。
IMG_4054.jpg
バッサリ♪
いつもだいたい長~く伸ばして突然バッサリ切ることが多い私です。
50センチくらい切りました♪頭軽いっ!乾くの早っ!
IMG_4057.jpg
これは切った髪、とウチのまりも氏。興味津々でつついていますf(^^;
なんでこんなのを持って帰ってきたか、というと。
これもネットで新しい髪型を検討していて偶然知ったのですが、ヘアドネーションという髪を寄付する活動があるそうです。髪は医療用のウィッグの材料として使われます。人工素材がどんどん進歩しているものの、人毛の方がやはり良いとか。特に子供さんのウィッグは市販品が少なく、こうした髪を使って作られるのだそうです。
わあ♪もし少しでもどなたかの役に立つなら捨てるより断然嬉しい。
こうした活動に対応している美容院ばかりではないそうですが、私の通っているところは快く協力してくださいました。(ゴムでいくつかに束ねてからカットするとか、ちょっとしたルールがあるのです。)
今日は花壇の土のを一部入れ替えしました。
撒かれた除草剤が案外しぶとく、もう1年も経つのですが植物の育ちが悪いのです。せっかくのムクゲが枯れてしまいました。枯れずに残っているものも葉が茶色くなったり花が咲かなかったり。最終手段は土の入れ替えです。

が、しかし土を入れるのは簡単なのですが、出した土を処分するのが大変!
IMG_4061.jpg
私の住んでいるところでは土は片手で持てるくらいの重さならば燃えるゴミとして捨てることができます。
量が多いので何回かに分けて出さなきゃ。。。しかもまだ花壇の1/3しか終わってない。この量の3倍~?!
IMG_4063.jpg
今日新しく植え直したお花。枯れるかもしれないからシーズン終わりかけのセール品の苗です。10月いっぱいくらいは楽しめるのでは、と思っています。秋のお花も球根も植えたいのですが枯れたら悲しいので様子見・・・恐るべし除草剤!

顎、痛〜い!

  • 2017/09/04(月) 12:39:22

9月になって、朝晩はめっきり涼しくなりました。
植木鉢の植物も急に伸びてきたものがあったり、人間も植物もちょっと一息入れられそうです。
そうそう、鳥も。
病に倒れたまりも氏(コザクラインコ♂13歳)も毎日お薬を飲んではいますが元気にしています。
9月になって体重が1g増えました♪
水浴びをしたり、私のあとを走って追いかけてきたり、楽しそうです(^^)
IMG_3911.jpg
↑水浴び後の毛づくろいを手伝わされている様子。本人はうっとりしていますが、ずぶ濡れのインコって恐竜っぽいです。
ちなみに濡れインコは臭い(笑)乾いているインコは香ばしいお日様みたいないい匂いなんだけどなあ。

さて、今日のタイトル、「痛い話」です、ゴメンナサイ。
このところ大きく「あ〜ん」と口を開けると顎がめちゃ痛い。
原因はわかっています・・・今練習している曲が重音奏法の吹き分けがたくさん出てくるのと、超速吹きなので顎〜頰にかけて筋肉痛なのです
大口で笑う、ごはんを食べる、は自分で気をつけられるとして、怖いのはアクビ。油断してあ〜んと開けると、イタタタた(笑)
いやあ、こんな場所が筋肉痛になるなんて思いもしなかった!初めてなりました。
え、今まで練習量が足りなかったのかも?!
いやいや、5度奏法が悪いねん!5度奏法って曲の中で出てくること少なくて、出てきてもピンポイントで1、2回って感じだったのでその部分だけ乗り切ってなんとかしてきたのですが、今吹いてる曲は誤魔化せないほどにガッツリ出てきます。
それから3度5度6度、時には8度の組み合わせのアルペジオ奏法。舌も顎も頰もツりそうになるねん!
でも、案外楽しんで練習しています。ちょっとずつですが、進歩を感じられる瞬間があって嬉しい。
それに、吹奏楽器(ハーモニカは吸いもあるけど)としては一度に複数の音を出すことができる希少な楽器なのでここは頑張りたいところです。
あと2ヶ月弱、どこまで仕上げられるか、挑戦です。
IMG_4006.jpg

久しぶりに音楽注入!

  • 2017/08/20(日) 19:23:09

今日は以前ライブでご一緒させていただいたピアニストの直美さんが出演されるライブに行ってきました。
近ごろなかなか夜に出かけられず、お昼のライブは絶好のチャンス!
フルート、パーカッションとのインストライブということで、それもとても楽しみにしていました。
いやあ~、楽しかったわ♡
とても心地よい演奏でした。
ボサノバやラテンの『夏!』というナンバーもたくさんでした。軽やかなピアノはそれだけでなく時にはベースも奏で、そこへ自在に唄うフルート、そしてパーカッションの刻む多彩な音とリズム。この3人だったらなんでもできちゃうだろうなあ~、と思いました。
ハーモニカ吹きとしてはやはりフルートの演奏はとても興味があります。今回特に関心があったのは滑らかなフレーズと音を短く細かく刻むフレーズの吹き分けでした。とても表情豊かでした。
今私が取り組んでいる、やっと音が追えるようになった程度の曲、あんな風に彩れたらいいな…
とても素敵な午後のひとときでした。